楽しみをちりばめた家遊び心と心地よさを両立したこだわりのリノベーション

楽しみをちりばめた家遊び心と心地よさを両立した
こだわりのリノベーション

築20年の実家をリノベ

東京都中野区の閑静な住宅街に建つ、真木さん一家の住まい。2年前に築20年ほどの実家をフルリノベーションし、自分好みの空間をつくりあげた。

リノベーションは、東京・中目黒のリノベーションデザイン会社FIELDGARAGEに依頼。ご主人の幸一郎さんは「雑誌などで気になる家を見つけると、いつもフィールドガレージさんの施工例だったんです」と話す。「以前にも別の業者さんでリノベーションをしたことがあったものの納得できない部分もあったので、今回は自分のイメージがはっきり伝わる会社に依頼しようと思って。フィールドガレージさんは、色も雰囲気も“こんな感じ”と伝えるだけで叶えてくれました」。

アパレル関係のお仕事に携わるご主人は、もともと家具やインテリアが趣味。リノベーションにあたっては、これまで蒐集したミッドセンチュリーの家具を生かした空間にしたいと依頼。「以前は壁を自分で塗ったりしていて、ポップな家だったのですが、もう少し落ち着いた雰囲気にしたいと思いました」。さらに、フィギュアのコレクションや自転車、サーフボードなどをディスプレイできるようにと依頼した。


アクセントクロス、ソファ、ラグなどの色使いが楽しいリビング。壁付のテレビの下のテレビボードはUSMハラーのもの。

アクセントクロス、ソファ、ラグなどの色使いが楽しいリビング。壁付のテレビの下のテレビボードはUSMハラーのもの。

写真右手にあるダイニングとはガラスの引き戸でゆるやかに区切る。

写真右手にあるダイニングとはガラスの引き戸でゆるやかに区切る。

ルイスポールセンの照明が壁や天井にやわらかな陰影をつくる。

ルイスポールセンの照明が壁や天井にやわらかな陰影をつくる。

「一番座り心地がいい」という革張りのソファは、使い込んだ風合いが格好良い。

「一番座り心地がいい」という革張りのソファは、使い込んだ風合いが格好良い。

イデーの一人がけソファ。パステルカラーのHAYのサイドテーブルがアクセントに。

イデーの一人がけソファ。パステルカラーのHAYのサイドテーブルがアクセントに。


開放感あふれるLDK

リノベーションにあたっては、主に1階をご主人のお母様の居住スペースに、2階とロフトを真木さん夫妻と息子さんの居住スペースとした。「1階には息子の部屋、2階をLDK、ロフトを寝室にしています」。

2階は、もともとあった壁を取り払い、リビングとダイニング・キッチンがゆるやかにつながる間取りに変更。愛着ある家具に合わせてプランニングした空間は、カラフルで遊び心にあふれる。

お気に入りのソファが3つ置かれたリビングは、食後にくつろぐスペース。ガラスの建具でダイニング・キッチンと仕切ることもでき、ゆったりとした時間を過ごすことができる。

大きな対面式のアイランドキッチンが中心の空間は、天井にウッドパネルを貼った。キッチンは夫妻ともにお気に入りの空間で、奥さまも「オープンキッチンですが、手元が隠れて使いやすいんです」と笑う。


ダイニング・キッチン。ダイニング側は既存の吹き抜けを生かして、開放的な空間に。リビングの奥にはUSMハラーのグリーンのキャビネットを置いている。

ダイニング・キッチン。ダイニング側は既存の吹き抜けを生かして、開放的な空間に。リビングの奥にはUSMハラーのグリーンのキャビネットを置いている。

キッチンの床はタイル貼りに。デザイン性と利便性を兼ね備えている。

キッチンの床はタイル貼りに。デザイン性と利便性を兼ね備えている。

開口部からの光に満ちるキッチン。至る所に飾られたグリーンが心を和ませる。

開口部からの光に満ちるキッチン。至る所に飾られたグリーンが心を和ませる。


吹き抜けの窓は、寝室につながる。オーダーメイドのアイランドキッチンは、側面に真木さんが使っていたシェルフをビルトインするなど、細かな工夫が盛り込まれている。

吹き抜けの窓は、寝室につながる。オーダーメイドのアイランドキッチンは、側面に真木さんが使っていたシェルフをビルトインするなど、細かな工夫が盛り込まれている。

ダイニングには、以前から使っているコンランショップのダイニングテーブル、新しく購入したイームズのシェルサイドチェアなどを配置。

ダイニングには、以前から使っているコンランショップのダイニングテーブル、新しく購入したイームズのシェルサイドチェアなどを配置。

ご主人のメガネコレクション。

ご主人のメガネコレクション。

ミニカーを窓際にずらりと並べて。

ミニカーを窓際にずらりと並べて。


軽やかな白いスチール階段も、ご主人の手にかかれば素敵なディスプレイスペースに。

軽やかな白いスチール階段も、ご主人の手にかかれば素敵なディスプレイスペースに。

階段下にはジョージ・ネルソンのベンチを置き、雑誌をディスプレイしている。

階段下にはジョージ・ネルソンのベンチを置き、雑誌をディスプレイしている。


細部までイメージを実現

ダイニングの中心は、長年使っているというコンランショップの大テーブル。このテーブルやUSMハラーのキャビネットなど、手持ちの家具のサイズを測って間取りに落とし込んだという空間はスケール感も申し分なく、長年のコレクションが映える。

おしゃれなインテリアに目を奪われがちだが、リノベーションによって暮らしやすくなったと夫妻は声を揃える。「洋服が多いので収納をしっかりとってもらったこと、水まわりを一新したことなど、実際に暮らしてみると便利さを実感します」(奥さま)。

イメージを共有できるパートナーとのリノベーションにより、思い通りの空間を実現した真木邸。妥協のない空間の美しさと楽しさが体現されていた。


ロフトの主寝室。屋根の形状を生かした勾配天井が落ち着く。

ロフトの主寝室。屋根の形状を生かした勾配天井が落ち着く。

2階のダイニングとつながる窓は、空気の循環や採光に役立つ。ダイナミックな梁が見えるのもおもしろい。

2階のダイニングとつながる窓は、空気の循環や採光に役立つ。ダイナミックな梁が見えるのもおもしろい。

リノベ前はインドアテラスだった場所。正面のガラス戸を開けると、左手にバルコニーがある。

リノベ前はインドアテラスだった場所。正面のガラス戸を開けると、左手にバルコニーがある。

洋服やバッグなどがたっぷり収納できる可動式のウォークインクローゼット。

洋服やバッグなどがたっぷり収納できる可動式のウォークインクローゼット。

階段から1階玄関を見下ろす。バルコニーに面したスペースの手すりに自転車をディスプレイ。

階段から1階玄関を見下ろす。バルコニーに面したスペースの手すりに自転車をディスプレイ。


1階にある息子さんの部屋。

1階にある息子さんの部屋。

ベッドサイドに本棚を造作。

ベッドサイドに本棚を造作。


2階のトイレ。ユニークなペーパーホルダーはインスタで見て入手したもの。

2階のトイレ。ユニークなペーパーホルダーはインスタで見て入手したもの。

ホテルライクな1階の洗面室。鏡が大きくゆとりをもって身支度ができる。

ホテルライクな1階の洗面室。鏡が大きくゆとりをもって身支度ができる。


かわいらしい花が並ぶバルコニー。

かわいらしい花が並ぶバルコニー。

外壁はベージュだったが、白く塗り変えた。

外壁はベージュだったが、白く塗り変えた。


FIELD GARAGE