アートを家族の象徴に敷地と立地を活かした独創的な生活空間

アートを家族の象徴に敷地と立地を活かした
独創的な生活空間

家庭内コンペで建築家を決定

多摩丘陵が遠くに見通せる東京郊外ののどかな街。この地に育った矢部三千子さんが土地の一部を相続することになったのが、“トンガリの家”誕生のきっかけだった。

「息子の友達ママから、“あの家気になってたの、あそこに住んでるの?”などと言われます」と三千子さん。三角形の敷地に建つブルーの外壁の建物は、まわりの景観の中でひと際目を引く。

「家を建てることになった時、夫婦でそれぞれ3人の建築家をピックアップしてコンペをしたんです。たまたまふたりの本命が一致したのですが、それが関本さんでした」と語るのは、夫の信弘さん。「抜けているところと閉じているところのメリハリがあって、空間の使い方が面白いと思いました」。

妻の三千子さんは、「かっこよすぎる家は敷居が高くて住みにくいかなと。関本さんの建築は奇をてらっていないのだけど、行き届いていておしゃれ。人を緊張させない住みやすさがあると思います」。

外観のモダンで先鋭的なイメージと裏腹に、玄関の奥は明るくすっきりしていながら生活の匂いも感じさせる。ご夫婦と小学2年生の晴大(はると)君、幼稚園年中の右大(うた)君が、和やかに出迎えてくれた。


三角形のショートケーキのような敷地に建つ。濃紺の外壁にイエローがかったレッドシダーのベランダ、玄関のコントラストが美しい。

三角形のショートケーキのような敷地に建つ。濃紺の外壁にイエローがかったレッドシダーのベランダ、玄関のコントラストが美しい。

トップライトやベランダの開口部から光が差し込む、明るいリビングダイニングで過ごす矢部さんご家族。

トップライトやベランダの開口部から光が差し込む、明るいリビングダイニングで過ごす矢部さんご家族。


変形敷地を効果的に活かす

「土地の個性を活かして設計したかったのですが、三角形の先のすぼまっている部分をどう使うかで、非常に悩みました」と語るのはリオタデザインの関本さん。

「悩んだ結果、先端の向こうに望める多摩丘陵の眺望を取り込み、この敷地を活かしたいと考えました」。先端の先には緩やかに下ってまた上がる斜面が続き、その向こうに丘陵が望める。そこで2階のリビングの先端に開口部を設け、外に向かって流れていくラインを想定した。

天井は平面ではなく、床に対して平行な線と上に上がっていく線、下に下がっていく線が複雑に取り入れられ、それらがすべて先っぽに集約されていく。「そこに家族がいちばんよく集まるリビングを設けることでこの家の象徴としたいと思いました」。


キッチンカウンターと向いあうのは、皆で共有しているワーク&スタディスペース。家事をしながら子供と触れ合うことができる、家族のコミュニケーションを考えた造り。

キッチンカウンターと向いあうのは、皆で共有しているワーク&スタディスペース。家事をしながら子供と触れ合うことができる、家族のコミュニケーションを考えた造り。

はるか向こうの丘に向けてすぼまっていくイメージの、先端のリビング。ユニークな天井には、ウレタン塗装のナラ材を使用。

はるか向こうの丘に向けてすぼまっていくイメージの、先端のリビング。ユニークな天井には、ウレタン塗装のナラ材を使用。

キッチン前の机にはコルクボードが取り付けられている。子供部屋の前の廊下にはマグネットボードも。使い勝手を考えた細やかな配慮が感じられる。

キッチン前の机にはコルクボードが取り付けられている。子供部屋の前の廊下にはマグネットボードも。使い勝手を考えた細やかな配慮が感じられる。

三千子さんが集めた陶器のお皿。北欧のものもあれば九州の小石原焼などもあるが、どれも共通するテイストなのが面白い。

三千子さんが集めた陶器のお皿。北欧のものもあれば九州の小石原焼などもあるが、どれも共通するテイストなのが面白い。

インテリアもシンプルに。ダイニングテーブルはジャスパー・モリソン。椅子はアルヴァ・アアルト、ボーエ・モーエンセンなど。

インテリアもシンプルに。ダイニングテーブルはジャスパー・モリソン。椅子はアルヴァ・アアルト、ボーエ・モーエンセンなど。

キッチンはミーレの食洗機など、使いたいものをスペースに合わせて選んだ。

キッチンはミーレの食洗機など、使いたいものをスペースに合わせて選んだ。
 

すっきりとしていてクリーンなシンク。カッティングボードや鍋敷きなども、ひとつひとつがシンプルで美しいデザイン。

すっきりとしていてクリーンなシンク。カッティングボードや鍋敷きなども、ひとつひとつがシンプルで美しいデザイン。


北欧を感じさせるインテリア

「デッドスペースなので駐車場がくると思っていた」という1階の先端部分には、庭が設けられた。まわりを板塀で囲んだのは矢部夫妻のアイデア。「ベッドルームの布団どこに干す? から始まって。プライベートも保たれるし安心できるし、思いがけないボーナストラックになりましたね」。

ここに植えられたカリンは、三千子さんが子供の頃から実家の庭に植えられていた木だという。「この木を通して近所の人に声をかけてもらったり、懐かしい思い出があるので大事にしたかったんです」。2階と同じく1階の先端部分も、矢部邸の大切な象徴といえる。

庭に接続するベッドルームは、一面だけ塗られたブルーグレーの塗装が北欧の雰囲気を出している。関本さんはフィンランドに留学した経験もあり、北欧建築に影響を受けている。「特に意識しているわけではなく、機能に忠実に作ることを考えていますが、結果としてそういうテイストが出ているところはありますね」。

美大でテキスタイルを学んだ三千子さん、大手メーカーでプロダクトデザインを担当する信弘さんがセレクトしたインテリアも、どこか北欧テイスト。「もともと好きだったわけではないのですが、そういう雰囲気はありますね。全部北欧にしてしまうのも嫌なのですが」。

収納に活用しているたくさんの籠や布ものなどが示すように、三千子さんは民芸調の温もりのあるテクスチャーが好きだという。味わいのあるインテリアが、モダンな空間の中にあたたかさを添えている。


ベッドルームは北欧風の落ち着ける空間。鎮静作用のあるブルーグレーの塗装を、関本氏はムーミン色と呼んでいる。

ベッドルームは北欧風の落ち着ける空間。鎮静作用のあるブルーグレーの塗装を、関本氏はムーミン色と呼んでいる。

結婚時にオーダーした大切なチェストがぴったり収まるように設計を依頼。椅子はイギリスのアーコール。

結婚時にオーダーした大切なチェストがぴったり収まるように設計を依頼。椅子はイギリスのアーコール。

ベッドヘッドボード上のコンセントは左右対象に。細かな配慮が伺える。左のピカソの人形はご主人そっくり!

ベッドヘッドボード上のコンセントは左右対象に。細かな配慮が伺える。左のピカソの人形はご主人そっくり!

板塀で囲んだ庭に、大切なカリンの木を移植。

板塀で囲んだ庭に、大切なカリンの木を移植。

ヤコブソンの照明。矢部さん夫妻が選んだものだが、関本氏の北欧テイストと見事に一致した。

ヤコブソンの照明。矢部さん夫妻が選んだものだが、関本氏の北欧テイストと見事に一致した。

昔ネットで購入した古い棚に、籠や箱を合わせて収納に。籠はバリなどで買い集めた。

昔ネットで購入した古い棚に、籠や箱を合わせて収納に。籠はバリなどで買い集めた。

廊下の壁に、ジェリーのいる小さな穴が。遊び心が楽しい。

廊下の壁に、ジェリーのいる小さな穴が。遊び心が楽しい。
 

カリンの実は蜂蜜づけにしたりして楽しんでいる。

カリンの実は蜂蜜づけにしたりして楽しんでいる。


アートが象徴する家族の暮らし

この家の象徴ともいえるものがもうひとつ、リビングの先端にある。壁に埋め込まれたアート作品、“ビーンズ・コスモス”がそれで、ミラノ在住のアーティスト・廣瀬智央氏の作品だ。

「ちょうど建築中に個展に行き、これを取り入れられないかと思ったんです。関本さんに相談したら、面白いねと言って頂けて」。廣瀬氏も含めて打ち合わせをして、いちばん大切な場所であるリビングの、ソファーに座ったときに目に入る位置に埋め込んだ。

「家族の指紋をつけた紙粘土をブロンズで鋳造したもの、カリンの種、大事な地図をボールのように小さく丸めたものをアクリルの中に閉じ込めたものなんです」。その小さなコスモスは、ライトもついて中から光が放たれる。「昼間は水族館、夜は明るく浮き上がってまるで宇宙のようなんです」。

ファミリーにとって大切なものを詰め込んだコスモス。この家全体もまた、そんな雰囲気にあふれている。「天井を見上げて過ごすことが多くなりました。どこにいても光を感じることができるし、トップライトから空が見えて、開放感を感じます。天気予報が必要ないくらい、空の様子がわかるんですよ」。変形の土地に建つ個性的な建築の中、家族が温かく集う、穏やかな暮らしが営まれていた。


美術家・廣瀬智央氏の「ビーンズ コスモス」(小山登美夫ギャラリー)。家族の大切なものを宇宙のように散りばめ、詰め込んだ。夜は光が放たれ、幻想的で美しい。 http://www.milleprato.com

美術家・廣瀬智央氏の「ビーンズ コスモス」(小山登美夫ギャラリー)。家族の大切なものを宇宙のように散りばめ、詰め込んだ。夜は光が放たれ、幻想的で美しい。 http://www.milleprato.com

複雑なカットの高さのある天井が、空間を広く感じさせる。廊下に奥行きの浅い棚を設けるなど、収納も無駄なく設計。

複雑なカットの高さのある天井が、空間を広く感じさせる。廊下に奥行きの浅い棚を設けるなど、収納も無駄なく設計。

次男・右大君の部屋。今はふたりの遊び場に。

次男・右大君の部屋。今はふたりの遊び場に。

作り付けの棚には、三千子さんの好きな村上春樹の小説が。最上段は廣瀬智央氏の写真集。

作り付けの棚には、三千子さんの好きな村上春樹の小説が。最上段は廣瀬智央氏の写真集。

長男・晴大君の部屋。ロフトに小窓が設けられていて楽しい。

長男・晴大君の部屋。ロフトに小窓が設けられていて楽しい。


矢部邸
設計 リオタデザイン
所在地 東京都日野市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 94.81 m2