傾斜壁のある家傾いた壁と一体化した本棚と眺望が大のお気に入り

傾斜壁のある家傾いた壁と一体化した本棚と
眺望が大のお気に入り

傾いた壁

「これはもう最高だね」と奥さんと話したという佐藤さん。建築家から何回めかに提案された案を見た時のことだ。それは、西側の壁が外へと傾いた案だった。

「最初は壁が真っ直ぐで、ちょっとリビングが狭いというか圧迫感がある感じがしたんです。でも屋根の端の部分からそのまま壁を下ろして敷地ギリギリのところまで部屋を広げると建築費がずいぶん上がってしまう。そこまでしてスペースを確保するのもどうかとういうことで、3~4回模型をつくってもらった後にこの案が出てきたんです」


2階から中2階を見下ろす。ダイニングの床から天井まで続く本棚の棚板は、大人が乗ってもまったく問題のない強度でつくられている。

2階から中2階を見下ろす。ダイニングの床から天井まで続く本棚の棚板は、大人が乗ってもまったく問題のない強度でつくられている。


建築家の藤井さんは、建物に出っ張りや引っ込んだりしたところがなく、なるべくひとつの塊、ワンボリュームでつくりたいという佐藤夫妻からの要望に応えるアイデアを練った時に出てきた案だと言う。

「要望をうかがっていると2階部分のスペースがどうしても大きくなって少し出っ張った感じになってしまう。それをワンボリュームでつくろうとした時に、壁を斜めにすればうまくいくということで提案させてもらったんですね」


プライバシーを考慮して東西の両サイドには開口を設けず、その分、2階に中庭スペースをつくり光を採り入れている。右のテーブルはこの家のためのオリジナルデザイン。傾いた壁に合わせて、脚の部分を斜めにカットしている。

プライバシーを考慮して東西の両サイドには開口を設けず、その分、2階に中庭スペースをつくり光を採り入れている。右のテーブルはこの家のためのオリジナルデザイン。傾いた壁に合わせて、脚の部分を斜めにカットしている。


登れる本棚

この案によって同時にデザインが大きく進展したものがあった。中2階に上がるとキッチンとダイニングがあるが、そのダイニング部分の床から立ち上がっている本棚がそれだ。本棚は夫妻からの要望の中でも大きな位置を占めていたが、壁を斜めにすることで地震の際にも棚から本が落ちず、かつ、2階の天井まで続く本棚でも棚板を登れるためハシゴいらず、ということで、壁を斜めにするというワンアイディアで複数の課題を解決してしまったのだ。

ともに本好きで、新しい家では大きな本棚をつくりたいと話をしていたという佐藤夫妻。しかし、具体的なイメージはなく、本をたくさん収納できるスペースがあればいい、という程度であったのが、斜めにした壁を部分的に本棚にする案を見て、一発で「これしかない」と2人で思ったという。


キッチンは奥さんの要望でセパレートに。オープンだと来客に洗い物などが見えてしまうが、これだと適度に隠しつつ、料理しながらでも会話を楽しむことができる。

キッチンは奥さんの要望でセパレートに。オープンだと来客に洗い物などが見えてしまうが、これだと適度に隠しつつ、料理しながらでも会話を楽しむことができる。


眺めのいい家

佐藤邸には斜めの壁と本棚のほかに、もうひとつ建築的に大きな特徴がある。2階北側に大きく開けられた開口だ。元々、この土地を購入したのが、駅からの距離が近い割には景色が良かったからと佐藤さんは言う。

「坂の上の敷地ということで敬遠される方もいますが、僕らはぜんぜん気にならなかった。むしろ家の前の敷地が一段下がっているので2階からの景色がすごくいいんですね。土地もほぼ正方形に近くて2階建てでも十分広さが確保できるということもあり気に入って購入することにしたんです」


2階からパントリー越しに本棚と大きな開口を見る。大人数が訪れた時には、ダイニング、階段、リビングとそれぞれに居場所をみつけてくつろぐという佐藤邸。パントリーの上に乗ってお酒を飲む人もいるという。

2階からパントリー越しに本棚と大きな開口を見る。大人数が訪れた時には、ダイニング、階段、リビングとそれぞれに居場所をみつけてくつろぐという佐藤邸。パントリーの上に乗ってお酒を飲む人もいるという。


藤井さんは、家の前からそのまま坂を下っていくという地形のメリットを活かして、眺望を満喫できるよう家の最高部に大きな開口を設け、2階のリビングから視線がずっと遠くまで抜けていくように設計した。

この開口を通して見える夜景がまたいいという。「以前住んでいた賃貸マンションから夜見える街の灯りがすごく気持ち良かったんですが、ここもちょっとへこんだ盆地みたいになっている辺りの灯りが気持ち良くて、見ているととても落ち着くんです」(佐藤さん)


「靴が好き」とのことで、少し大きめのシューズクローゼットをつくってもらった。

「靴が好き」とのことで、階段下に少し大きめのシューズクローゼットをつくってもらった。

1階の右が寝室で左に水回り。中央には、帰宅時に明るいところがあった方がいいだろうと藤井さんの考えで水槽を置いた。

1階の右が寝室で左に水回り。中央には、帰宅時に明るいところがあった方がいいだろうと藤井さんの考えで水槽を置いた。

プライバシーを考慮して、上の大開口とは対照的にダイニングには横長の狭めの開口を設けた。

プライバシーを考慮して、上の大開口とは対照的にダイニングには横長の狭めの開口を設けた。

キッチンの壁のサイドにまとめられたスイッチ類。これらが壁に取り付けられると変に目立つため凹部にきれいに納めた。

キッチンの壁のサイドにまとめられたスイッチ類。これらが壁に取り付けられると変に目立つため凹部にきれいに納めた。


佐藤さんのこの家でのお気に入りは、空の色からも季節が感じられるという、この開口を通しての眺望とのこと。

「2階のソファに座ってお酒を飲んだりしている時がいちばんですね。雨が降っていても夕焼けの時でもきれいだし、そういうのをちらちら感じながら家でゆっくりできるのはぜいたくだなと思いますね」


「この子が自分で本を取って、階段のところで読んだりというふうになったらいいなあと思っているんですけど。本好きの子になったらなあと」(佐藤さん)。

「この子が自分で本を取って、階段のところで読んだりというふうになったらいいなあと思っているんですけど。本好きの子になったらなあと」(佐藤さん)。


奥さんのお気に入りは本棚。「子どものころからずっとやりたかったように本棚に本が並んでいて、それがいつでも目に入るのがうれしいですね」

本が増えるとシリーズものがひとつの棚から微妙にはみ出したりすることがあるが、そうした時には見た感じがきれいで違和感のないように本を移動して入れ替えたりするのだという。「それをするのが好きみたいで、楽しそうにやっているのを見ていると、この本棚をつくって良かったなあと思いますね」(佐藤さん)


佐藤邸
佐藤邸
設計 藤井伸介建築設計室
所在地 神奈川県横浜市
構造 木造(一部RC造)
規模 地下1階地上2階建て
延床面積 105.67 m2