アメリカンスタイルの家づくり明るく開放的なスペースで家族とゆったり暮らす

アメリカンスタイルの家づくり明るく開放的なスペースで
家族とゆったり暮らす

アメリカから帰っての家づくり

「インスピレーションはアメリカの生活からかなりきているかもしれませんね」。家づくりについてこう語る齋藤さんの一家は、齋藤さんの仕事の関係でニューヨークとセントルイスで計6年半暮らしたという。

奥さんも「アメリカから帰ってきた直後だったので、アメリカの家がすごくいいなと思った」という。そして「オープンキッチンで、リビングとダイニングがつながった大きな空間に憧れて」建築家にそうした空間をリクエストしたと話す。


ダイニングの奥のリビングスペースでくつろぐ齋藤さん一家。

ダイニングの奥のリビングスペースでくつろぐ齋藤さん一家。


1階の開口の多さもアメリカで送った生活の影響があったようだ。「アメリカで住んでいたのは古い家なんですが、庭側に面したリビングの窓が横にずっと続いていたんです」。これがキッチンから途中に壁を少し挟みながらぐるりと窓が続く1階のつくりへと反映している。

リビングのコーナー部分に設けられた窓は出窓になっているが、これもリクエストしたものだった。


リビングのコーナー部分には奥行きのある出窓スペースがつくられている。左の窓からウッドデッキのテラスが見える。


ごろっとできる出窓スペース

「雑誌などを見ていて出窓もいいなと思ったんですね。ごろっと横にもなれるし、本を読んだり子どもが遊んだりもできるような空間があってもいいよねという話を夫婦でしていて。けっこう大きめの出窓にしてもらいました」

「そういう家族の憩いの場と同時に、人を呼んだ時にご案内できるということも想定しました」と奥さん。


単なる移動のためのスペースではなく、デザイン的な見せ場ともなっている階段部分。色の変化も目を楽しませてくれる。踊り場の下部には本などを収納することができる。

単なる移動のためのスペースではなく、デザイン的な見せ場ともなっている階段部分。色の変化も目を楽しませてくれる。踊り場の下部には本などを収納することができる。


吹き抜けとトップライトもリクエスト

1階の明るさはぐるりと巡る窓とともに吹き抜け部分に設けたトップライトの存在も大きい。これは齋藤さんからのリクエストだった。「“明るい家=トップライト”のようなイメージがあって、吹き抜けた部分にトップライトがあって上から光が落ちてくるという空間に憧れていました」

この吹き抜けはまた、「家族が近いのがいい」という齋藤夫妻のリクエストもかなえている。1階と2階とに居場所が離れていても吹き抜けを介してお互いにその存在を感じあえるのだ。


2階より見下ろす。視線が奥のキッチンまで抜ける。

2階より見下ろす。視線が奥のキッチンまで抜ける。

階段の上部にはトップライトが設けられている。

階段の上部にはトップライトが設けられている。

階段の踊り場はテーブルとしても活用できるよう考えられている。

階段の踊り場はテーブルとしても活用できるよう考えられている。


階段に面した2階の壁には開口が設けられているが、これは奥さんがリクエストしたものだ。
「キッチンから子どもが見えるようにしてほしいとお願いしました。あそこからアイコンタクトが取れるし、料理しているときに子どもに呼ばれても“なーに?”ってすぐ応えられるように」


子ども部屋の真ん中に姉弟共有の遊び場がつくられている。

子ども部屋の真ん中に姉弟共有の遊び場がつくられている。

壁の開口から顔を出すとキッチンにまで視線が届く。

壁の開口から顔を出すとキッチンにまで視線が届く。


奥さんこだわりのキッチン

そのキッチンは最初は建築家に製作をお任せしようと思ったが、やはりアメリカンスタイルのキッチンにしたかったので輸入物を入れることにしたという。「かまちや取っ手などもぜんぶ自分で選んで、タイルはタイル屋さんへ行って、姉といっしょにレイアウトを考えました」(奥さん)。奥さんが姉というのは、齋藤さんのお姉さんで建築関係の仕事をされている方。今回の家づくりでは設計事務所のEurekaと共同で齋藤邸の設計にあたった。

「アメリカの家でも比較的木を使っている部分が多くて。外壁に木やレンガが使われていることも多いですが、もともと温かみのある素材が好きだったので、木やレンガを使いたいということをお伝えしました。内装では、タイル以外の木の使い方などに関しては建築家にお任せした部分が多いですね」


奥さんがこだわったキッチンスペース。壁のタイルもお気に入りのものを選んだ。アイランドキッチンの向きははじめダイニングと平行だったが使い勝手を考えてキッチンと平行になるよう変えてもらったという。

奥さんがこだわったキッチンスペース。壁のタイルもお気に入りのものを選んだ。アイランドキッチンの向きははじめダイニングと平行だったが使い勝手を考えてキッチンと平行になるよう変えてもらったという。

左に見える屋外スペースにはテラスが設けられている。このテラスでバーベキューをよくやるという。

左に見える屋外スペースにはテラスが設けられている。このテラスでバーベキューをよくやるという。

手前のリビングからダイニングを挟んで右奥のキッチンまでつながったつくりになっている。

手前のリビングからダイニングを挟んで右奥のキッチンまでつながったつくりになっている。

ダイニングからキッチンを見る。

ダイニングからキッチンを見る。


齋藤さんはリクエストしてつくった吹き抜けが気持ちがよくお気に入りという。「都会の住宅地でこれだけ光が入って明るいのはとてもありがたいですね」

同様に気持ちが良くて気に入っているのは出窓のスペース。「気持ち良くて、ついごろっとしてしまい、そのまま寝てしまうこともあります」


 

階段の右にライブラリースペース。奥さんはここでミシンの作業もするという。左奥には玄関がある。

階段の右にライブラリースペース。奥さんはここでミシンの作業もするという。左奥には玄関がある。


緑が楽しみ

奥さんはこれから家に緑を増やしていきたいという。「年月をかけてツタをはわせるとかいろいろしてみて、思い描いていた家にだんだん近づけていくのが楽しみです」

ツタは、リクエストして出窓から玄関にかけての部分に取り付けたパーゴラにはわせる予定だ。家を彩る緑の様子は成長と季節ごとに変化していく。奥さんは「この家の表情が外から変わっていくのというのもすごく楽しみ」という。竣工で家づくりには一区切りついたが、楽しみはこれからも続く。


玄関から奥の出窓の部分までパーゴラが取り付けられている。

玄関から奥の出窓の部分までパーゴラが取り付けられている。

齋藤邸
設計 Eureka + uni design
所在地 東京都世田谷区
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 140.38 m2