理想のアメリカンハウスを葉山に子どもと親の領域を分ければ家族全員がハッピー!

理想のアメリカンハウスを葉山に子どもと親の領域を分ければ
家族全員がハッピー!

子どもは2階、親は1階

一家4人+ホワイトスイスシェパード2頭が暮らす宇野さん宅。ここが葉山というインフォメーションがなければ、アメリカのお宅を拝見しているように感じてしまうかも。
それもそのはず、夫の雄大さんはバンクーバーで、妻の洋子さんはアリゾナで長く暮らした経験があるので、日本で家を建てるならアメリカのスタイルでと考えていたそうなのだ。

「アメリカでは、子どもは子ども、親は親と、子どもと親の暮らしを分けるスタイルが自然です。我が家では2階が子どもたち、親は1階と分けています。そのほうが子どもはのびのびと自由に遊べますし、親も自分の時間が持てるので、どちらもハッピーです」と洋子さん。

「“2階で夢中になって遊んでいたら下から料理のいい匂いがする、お腹が空いたから降りてみよう……”、そんな家族の姿が理想でした」 都内で飲食店を経営する雄大さんは、料理のいい匂いがキッチンから2階に上がっていく吹き抜けを作った理由をそう話してくれた。


吹き抜けに面した広い踊り場は子どもたちのスペース。黒板の上には絵を貼れるボード、左側にはおままごとセット。

吹き抜けに面した広い踊り場は子どもたちのスペース。黒板の上には絵を貼れるボード、左側にはおままごとセット。

海来(かいら)ちゃんのお部屋の壁。キュートな写真と味のあるフレーム、お花模様のアルファベットのバランスが最高。

海来(かいら)ちゃんのお部屋の壁。キュートな写真と味のあるフレーム、お花模様のアルファベットのバランスが最高。

太陽くんの部屋のドア。左の額装されたベビー服は、子どもたちが生まれた時に病院を退院した時に着ていた服だそう。

太陽くんの部屋のドア。左の額装されたベビー服は、子どもたちが生まれた時に病院を退院した時に着ていた服だそう。

3歳の海来ちゃんのお部屋には、お姫様気分になれるレースの天蓋付きのベッドが。

3歳の海来ちゃんのお部屋には、お姫様気分になれるレースの天蓋付きのベッドが。

5歳の太陽くんがお部屋を案内してくれました。壁一面の地図の前のチェストの上にはお気に入りのフィギュアがいっぱい。

5歳の太陽くんがお部屋を案内してくれました。壁一面の地図の前のチェストの上には、お気に入りのフィギュアがいっぱい。

太陽くんは恐竜が大好き。太陽くんの恐竜の絵をママが正方形にして飾ってくれました。

太陽くんは恐竜が大好き。太陽くんの恐竜の絵をママが正方形にして飾ってくれました。


「子どもが我が家に遊びに来ると真っ先に2階にあがります。そして親は子どもからすぐに開放されて、ゆっくりおしゃべりを楽しめるのがいいんです」と、ママ友との時間を大事にしている洋子さん。

たとえば本棚の本は、読みたい時に好きな本を出して読む。オモチャを散らかしたら自分で片付ける。
「子どもと同じ空間にいるとオモチャが散乱していればイライラしてしまうかもしれませんが、目に入らなければそれほど気になりません(笑)」

吹き抜けの横に子どもたちの共用スペースであるプレイルームを広く確保。

宇野宅にはさらに子ども部屋を2階に2部屋作れる余裕がある。今はそのスペースは太陽くんの空手のトレーニングルームになっている。


2階のバスルームは子どもたち用。明るい天窓と、ブルーのコーディネイトが爽やか。

2階のバスルームは子どもたち用。明るい天窓と、ブルーのコーディネイトが爽やか。

「めりはりを出したくて、プレイルームはステージのように段差をつけました」

「めりはりを出したくて、プレイルームはステージのように段差をつけました」

廊下の壁が画廊に早変わり。カラフルなテープで無造作に貼る。

廊下の壁が画廊に早変わり。カラフルなテープで無造作に貼る。

バスルームの壁には、貝殻やガラスを飾ったフォトフレームに、海で撮った写真を入れて。

バスルームの壁には、貝殻やガラスを飾ったフォトフレームに、海で撮った写真を入れて。

ふたりの名前を書いた工作は柱にペタリ。廊下の世界地図は子どもの目の高さに貼る。

ふたりの名前を書いた工作は柱にペタリ。廊下の世界地図は子どもの目の高さに貼る。

読書コーナー。ベンチに座ると、吹き抜けの向こうの窓の景色が見えるので気持ちがいい。

読書コーナー。ベンチに座ると、吹き抜けの向こうの窓の景色が見えるので気持ちがいい。


ディティールにこだわった家づくり

雄大さんが育った海と山がすぐそばにあるバンクーバーの環境と、葉山がとても似ていたこともあって、家を建てる土地をこの辺りで探していたのだそう。
実際に住んで東京と葉山を行き来してみると、思っていたよりアクセスがよくて驚いたそうだ。
「クルマだと昼間で1時間、夜なら40分で着きます。電車でも1時間、逗子駅は始発なので座って行けますし」

家の設計は『カリフォルニア工務店』にお願いした。
「偶然クルマで『カリフォルニア工務店』の事務所の前を通りかかったことがあったのですが、きっとここなら自分たちが希望する家を作ってもらえるはず、と、ピンと来ました」

その勘はしっかり的中。
「最初のミーティングで希望を話したら、すぐに家の絵ができあがって、それが私たちのイメージにピッタリでした。少し話しただけで理解をしてもらえて驚きました」

全体の雰囲気や間取りがイメージ通りだったのはもちろん、天井のモールディングや幅木の高さなどのディティールからもアメリカらしさを感じるのだそうだ。

ちなみに、ワインボトルを使った照明器具や壁のオブジェなど、宇野宅の雰囲気を作っているモノたちは、NYの「ポッタリーバーン」から通販したものが多いそう。


1階はレザーのソファやどっしりとしたテーブルの重厚感のある雰囲気。

1階はレザーのソファやどっしりとしたテーブルの重厚感のある雰囲気。

家族4人が囲む大きなダイニングテーブルは『カリフォルニア工務店』で作ってもらったもの。

家族4人が囲む大きなダイニングテーブルは『カリフォルニア工務店』で作ってもらったもの。

「僕が作る料理のいい匂いが2階に伝わって、自然と食卓に家族が集う家を作りたかった」と雄大さん。キッチンは業務用のマルゼンをチョイス。

「僕が作る料理のいい匂いが2階に伝わって、自然と食卓に家族が集う家を作りたかった」と雄大さん。キッチンは業務用のマルゼンをチョイス。

カウンターのハイスツールは、IKEAの椅子にアメリカから取り寄せた生地を張った。

カウンターのハイスツールは、IKEAの椅子にアメリカから取り寄せた生地を張った。

PCを開くデスクは、ストックヤードのドアと扉とデザインを合わせて壁面に収め、スッキリと見せている。

PCを開くデスクは、ストックヤードのドアと扉とデザインを合わせて壁面に収め、スッキリと見せている。


2階へ上がる階段の壁には、家族の思い出の写真が飾られている。ここは白のフレームで統一してスッキリと見せている。

2階へ上がる階段の壁には、家族の思い出の写真が飾られている。ここは白のフレームで統一してスッキリと見せている。


宇野家のさらなるメンバーがホワイトスイスシェパードの2頭。太陽くんや海来ちゃんよりも年長者だ。
「犬が走り回ってフローリングが傷つくのを心配しなくてもいいように、床は古材とテラコッタを貼ってもらいました。普段は留守中もリビングに居るのですが、犬が苦手なお客様もいらっしゃるので、その間に居てもらえるように、犬の部屋も作りました」

宇野宅の竣工は2013年。お気に入りのコーヒーテーブルがまだ見つからないけれど、2年経ってかなり暮らしは落ち着いたのだそう。けれど、庭だけがまだ手付かず。
「斜面があるので、そこをどんなふうにしたらよいのかずっと考え中なんです(笑)」


ホワイトスイスシェパードのレオ(8歳)とステラ(7歳)も、宇野家の一員だ。

ホワイトスイスシェパードのレオ(8歳)とステラ(7歳)も、宇野家の一員だ。

玄関ドアの向こうに犬たちの部屋がある。「犬が苦手なお客様もいらっしゃるので。普段はリビングで自由にしています」

玄関ドアの向こうに犬たちの部屋がある。「犬が苦手なお客様もいらっしゃるので。普段はリビングで自由にしています」


大きな玄関ドアは特注品。その横には真鍮の封筒型のポスト。

大きな玄関ドアは特注品。その横には真鍮の封筒型のポスト。

庭に面した2階の部屋は、長いデッキでつながれている。

庭に面した2階の部屋は、長いデッキでつながれている。

緑が豊かな環境。「分割して売り出そうとしていた土地を、タイミングよくまとめて買うことができました」

緑が豊かな環境。「分割して売り出そうとしていた土地を、タイミングよくまとめて買うことができました」

宇野邸
設計 岩切剣一郎(カリフォルニア工務店)
所在地 神奈川県三浦郡葉山町
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 198.18 m2