リクエストは大テーブルと土間大きな屋根の下につくられた開放的空間

リクエストは大テーブルと土間大きな屋根の下に
つくられた開放的空間

家らしい家

千葉県流山市の敷地に建つ加藤邸。近隣の住宅で多く見られる寄棟屋根を採用しながら、建物の高さを抑える一方で大きな屋根をいただいたつくりで周囲から際立っている。

出発点は「家らしい家」。「子どもが絵に描くような」と加藤さんは説明を加える。それが設計途中から「三角屋根で大きな屋根」と、より具体的になった。


左右の家よりも高さが抑えられているが、屋根面は大きい。将来の増築を見込んで敷地の手前右側のスペースが開けられている。

左右の家よりも高さが抑えられているが、屋根面は大きい。将来の増築を見込んで敷地の手前右側のスペースが開けられている。

手前のキッチンがそのままダイニングスペースとつながる。

手前のキッチンがそのままダイニングスペースとつながる。

キッチンの位置は、動線とキッチンからの気持ちの良い視線の抜けを奥さんが重視されていることから決められた。

キッチンの位置は、動線とキッチンからの気持ちの良い視線の抜けを奥さんが重視されていることから決められた。


大きな土間と大きなテーブル

加藤さんからは、このほか、「大きな犬が走り回れる広い土間」「いろいろ出しっぱなしにしていても大丈夫な大きなテーブル」などがリクエストされた。
  
この要望に応じて、1階の大きな部分を占める土間の中心に大きなテーブルがすえられた。その端の部分から2階へと架けられた階段の存在が目を引く。
 
形は正方形だが、加藤さんは横長のテーブルをイメージしていたという。「長いテーブルだったら妻が料理を載せられる。将来、息子が勉強もできるし、私もその隣で読書ができる」というように。


部屋の中心部分に置かれた約3m四方の大きなテーブル。その端部から2階へと階段が架けられている。キッチン部分は土間よりも少し低めにつくられコルクが敷かれている。

部屋の中心部分に置かれた約3m四方の大きなテーブル。その端部から2階へと階段が架けられている。キッチン部分は土間よりも少し低めにつくられコルクが敷かれている。

建築家の比護さんは「大きくするなら存在感のあるもののほうがいいだろうと考えて、はじめから、ずっとこの大きさでした」と話す。テーブルの周りにいろいろなアクティヴィティが発生することを想定し、加藤さんの要望通りに、場所によって、キッチン、ダイニング、書斎、勉強スペースと使い方が変わっていく。
このテーブルは1辺が3m近くある。比護さんは「テーブルの水平面は崩したくなかった」というが、これくらい大きいと真ん中にどうしても使えないスペースができてしまう。

そこで、その一部分を階段として使うことに。そうすることで、テーブルが部分的に床ともなって、単なる「大きな家具」ではない、珍しいタイプのテーブルが出来上がった。


テーブルや壁などの仕上げにはラワン材が使われている。

テーブルや壁などの仕上げにはラワン材が使われている。
 

正面に浴室。浴室と外をダイレクトにつなげるのは奥さんからの要望だった。

正面に浴室。浴室と外をダイレクトにつなげるのは奥さんからの要望だった。

奥のコーナー部分を使った開口も1階スペースの開放感をつくり出すのに寄与している。

奥のコーナー部分を使った開口も1階スペースの開放感をつくり出すのに寄与している。

開放感を出し、かつ境界を曖昧にするために、外の柱を屋根のコーナーではなく引っ込んだ位置に立てた。

開放感を出し、かつ境界を曖昧にするために、外の柱を屋根のコーナーではなく引っ込んだ位置に立てた。


キャンプのような開放感

加藤邸は戸外にも近い、気持ちのいい開放感も大きな特徴だ。比護さんは「キャンプが好きだという話をうかがって、キャンプのような開放感のようなものがつくれないか」と思ったという。1階の横長の大開口に面した部分は外部に近い開放感が漂うが、戸を開け放つと文字通り外部ともなる。

建物から突き出た屋根の部分、つまり軒の部分が深いつくりになっているのもこの家の特徴だが、比護さんはこの住宅の境界部分を曖昧にする意図があったという。「軒を深くすることによって街との距離感が変わって外と近い感覚が持てる。オープンにしても外からの視線が気にならない。あと、街の人とのつながりが出てくることも期待しています」


1 階部分を開けるとほとんど外の空気感に。軒下部分にはハンモックを吊るすことができる。左上は布団を干すスペースがほしいとの話からつくられたバルコニー。

1 階部分を開けるとほとんど外の空気感に。軒下部分にはハンモックを吊るすことができる。左上は布団を干すスペースがほしいとの話からつくられたバルコニー。

小上がりの奥が和室になっている。ふだんはリビングの一部として使われているが、ご両親が泊まりに来られたときなどには客間として使用される。

小上がりの奥が和室になっている。ふだんはリビングの一部として使われているが、ご両親が泊まりに来られたときなどには客間として使用される。


加藤邸では幅105㎜×せい(高さ)270㎜という住宅としてはオーバースケール気味の登り梁も目を引くが、これが変に目立つことなく大きなテーブルと釣り合い、また開放的な空気感ともうまく馴染んでいる。

「屋根を架ける方法として、細い垂木をたくさん架けていく方法と、この登り梁にする方法とどちらにするかで悩みました。この家の大らかでラフな雰囲気には、こちらのほうが合うかなというので、梁を少しダイナミックに架ける方向で構造家とも話をして決定しました」(比護さん)


テーブルが階段の一部として使われている。

テーブルが階段の一部として使われている。

階段部分を見下ろす。屋根に開けられた開口からテーブル部分に光が落ちる。

階段部分を見下ろす。屋根に開けられた開口からテーブル部分に光が落ちる。


夫妻のお気に入り

加藤夫妻にうかがうと、お2人ともこの家では、テーブル廻りの空間がお気に入りとの返事が返ってきた。「僕は小上がりのところにいることが多いですが、キッチンのところにいると落ち着きますね。あそこから外を眺めると気持ちがいい」。奥さんも「私もキッチンのところに立つのが高さもぴったりですごく落ち着きます」と話す。

さらに「主人がパソコンの前にいることが多いんですが、その横に並んで座るとすごく居心地が良くて、右隣りで息子に絵本を読んだり、あるいは左隣りの場所に座ってテレビを見たりします」と奥さん。


子ども部屋の窓から屋根に開けられた開口を通して外まで視線が抜ける。

子ども部屋の窓から屋根に開けられた開口を通して外まで視線が抜ける。

2階からダイニング部分を見下ろす。

2階からダイニング部分を見下ろす。
 

奥に屋根を支える大きなトラス(三角形の構造体)の存在が確認できる。右奥にバルコニーがある。

奥に屋根を支える大きなトラス(三角形の構造体)の存在が確認できる。右奥にバルコニーがある。

手前が寝室で右に階段。左が納戸で正面奥には子ども部屋がある。

手前が寝室で右に階段。左が納戸で正面奥には子ども部屋がある。

加藤さんはバルコニーから軒下で遊ぶ息子さんを見るのが好きという。

加藤さんはバルコニーから軒下で遊ぶ息子さんを見るのが好きという。


キッチンに立つと右手の庭側へと視線が気持ちよく抜けるだけでなく左手の小上がりの部分の壁につくられた小さな窓からも遠くへと視線が抜けていく。こうした窓からの視線の抜けも開放感に大きく寄与している。さらにまたそのキッチン両側の開口を開けると風も良く通る。「そういう心地良さみたいなのもありますね」と奥さん。

加藤さんは「とにかく開放的で居心地が良いですね。最初は丸見えになるから外からの視線が少し不安なところもあったけど、気になりません」と話す。加藤邸の居心地の良さはこの開放感とほとんど重なり合っている。


軒下を介して1階の室内を見る。戸を開けるときはこのように全面開放に。軒下部分が緩衝地帯となって外部からの視線は気にならないという。

軒下を介して1階の室内を見る。戸を開けるときはこのように全面開放に。軒下部分が緩衝地帯となって外部からの視線は気にならないという。

将来は庭を緑で覆う予定という。

将来は庭を緑で覆う予定という。


加藤邸
設計 ikmo
所在地 千葉県流山市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 88.5 m2