5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO

5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した
建築家夫婦のSOHO

運河沿いの物件を求めて

東京の下町、門前仲町の運河沿いにひっそりと建つ5階建ての小さなビル。このビルを自宅兼事務所として住んでいるのが、アトリエハコ建築設計事務所を営む七島幸之さんと佐野友美さんご夫婦。二人で事務所を構えておよそ15年目。世田谷から門前仲町に自宅と事務所を移して2軒目の住処だ。
「このあたりを散歩していて貸しに出ているのを見つけたんです。良かったのは、賃貸だけど改装してもいいという物件だったことです。ここはそもそも舟屋さんだったみたいです。その後いくつかの会社が入ったりしていたみたいですが。それまで住んでいたマンションが事務所を兼用するには使いにくかったこともあり、これはおもしろそうだね、と借りることにしました」。

 

1階の入り口と、七島さんの仕事場。右側の天井高は2mほどと低い。左側は吹き抜け。
1階の入り口と、七島さんの仕事場。右側の天井高は2mほどと低い。左側は吹き抜け。
吹き抜けからの見下ろし。
吹き抜けからの見下ろし。

 

2人分の仕事スペース

建物は、1フロア20㎡に満たない広さの空間が5層になっている。入り口を入ると吹き抜けのある七島さんの仕事机と吹き抜けに目いっぱいの高さで備え付けられた本棚に圧倒される。「狭いけれど、この吹き抜けの高さがあるのが気に入って借りました。本棚は大工さんにつくってもらって。天井が全体的に少し低いのですが、吹き抜けもあるし窓も多くて光が入ってくるので圧迫感は少ないです」と佐野さん。
2階は佐野さんの仕事場。ちょうど目線の高さに桜の木の葉と運河がみえる。「ここにいると気持ちよくて仕事がはかどらないんです」と笑う佐野さん。吹き抜けの開口で階下の七島さんの仕事場とゆるやかにつながる。「このぐらいの距離感がお互いにちょうどいいんです」。

 

入り口から奥を見る。左側の天井高が低いため、高低差をさほど感じない。
入り口から奥を見る。左側の天井高が低いため、高低差をさほど感じない。
階段周りは白く塗装して明るく。
階段周りは白く塗装して明るく。


フロアごとに使い方を決めて

3階から上はプライベートのフロアになる。こちらも桜の木と運河が目の前に臨めるリビングダイニングスペース。舟底天井の和室だったこのスペースは天井をはがした。というのも、キッチンを窓側から奥に移動するのに配水管を通し一部床上げしたため。一段床が下がっているキッチンカウンター奥の作業スペースに立つと、自然とカウンター向かいに居る人や景色とちょうどよい高さ関係になる。「水が近くにあるので少し涼しいんですよね。桜もここだけ咲くのが遅いんです」。ベランダには景色を楽しめるようテーブルを置いている。「ここでごはんを食べたり、友人を呼んでお花見をするときに使ったりしています。お花見の時期、窓も開けて楽しんでいると、通りかかった人が飲食店と間違えて来ることもあるんです」。
4階は寝室と浴室。大工に合板で洗面台をつくってもらい、自分たちでタイルを張った。障子は元々あったものを残して、やわらかく光を取り入れている。5階は納戸として使っているが、見晴らしのいいテラスで思い切り洗濯物を干せる。

 

元は和室だった3階のリビング。ベランダにはテーブルを。
元は和室だった3階のリビング。ベランダにはテーブルを。
キッチンカウンターのガスレンジは作業スペースをとるために設置方向を工夫した。
キッチンカウンターのガスレンジは作業スペースをとるために設置方向を工夫した。
もともと台所があった場所の壁のタイルはそのままに。
もともと台所があった場所の壁のタイルはそのままに。
4階寝室のトイレは古い建具をそのまま利用。
4階寝室のトイレは古い建具をそのまま利用。


布団の下を収納に。左はOSB合板で仕切ったウォークインクロゼット。障子を開ければ見晴らしのいい景色が広がる。
布団の下を収納に。左はOSB合板で仕切ったウォークインクロゼット。障子を開ければ見晴らしのいい景色が広がる。
自分たちでタイルを張った洗面台。4階で洗濯し、5階のテラスで干す。
自分たちでタイルを張った洗面台。4階で洗濯し、5階のテラスで干す。
この建物に新たに設置した風呂場。コンパクトだが、浴槽は普通サイズを縦方向に入れているので、湯船にはゆったり浸かれる。
この建物に新たに設置した風呂場。コンパクトだが、浴槽は普通サイズを縦方向に入れているので、湯船にはゆったり浸かれる。


数字にこだわらず、工夫する

仕事でも狭小住宅を手がけることが多いという二人。「東京で家づくりを考えると、その後の暮らしが不安になるぐらい高い土地を買わなければいけないですよね。でも、何LDKだとか、何平米だとかっていう数字にこだわらなければ、いくらでもやりようはあると考えています。この家はその実験台。自分たちで日々の生活を工夫しながら実践しているんです。打ち合わせで施主の方がここに来られると、みなさん安心した表情で帰っていかれますね」。階段の上り下りの不便さや、断熱ができずに少し寒かったりするこの家と、バランスを取り合う二人。家の中を探検するような、発見する楽しみのある暮らしぶりが伺えた。

 

運河と桜の木を見下ろせる、気持ちのいいテラス。
運河と桜の木を見下ろせる、気持ちのいいテラス。
外観。木々の緑がカーテン代わり。
外観。木々の緑がカーテン代わり。