生産者とつながる青果店−1−宅配サービス初の旗艦店VEGEO VEGECO根津

生産者とつながる青果店−1−宅配サービス初の旗艦店
VEGEO VEGECO根津

宮崎をはじめ、九州産の野菜を中心とした宅配サービス「VEGEO VEGECO」が今年1月に初の実店舗をオープン。下町の情緒残る根津に8坪あまりの小さな八百屋に並ぶ生鮮食品のこと、この場所で伝えたいことを聞いた。

VEGEO VEGECOは宮崎県を拠点とした生鮮食品の宅配会社だ。取り扱っているのは、40年以上も前から街全体で有機農業を行ってきた宮崎県綾町の野菜が中心。化学肥料や農薬になるべく頼らず、安心でおいしい野菜を作り続け、「農家の人たちをハッピーにしたい」という思いから全国にそのおいしい野菜を届けるため宅配サービスを開始した。ただし、野菜をただ送るだけではなくオリジナリティを出すため、旬の野菜やフルーツをスムージーのレシピと合わせて1週間分まとめて定期的に届けるサービスもスタート。これが、美容や健康に意識の高い人を中心に受け入れられ、瞬く間に知名度を上げた。毎週届く箱の中には商品だけでなく、スタッフが生産者の方から直接話を聞いた内容をまとめた冊子をつけるなど、作り手の思いを丁寧に届けている。宅配サービスが軌道にのった今、次の目標であった実店舗を文京区根津に開いた。この場所を選んだのは縁の巡り合わせだったという。理想の店として参考にしたいと思っていた魚屋の名店「根津・松本」を訪れた時、店の人から2軒隣が空いているからそこでやったらいい、と教えてもらった。下町の情緒残るこの場所はオープン当初から町の人が温かく迎え入れてくれ、お客さんがお客さんを連れてきてくれることもあるという。「こんな八百屋が欲しかった」と言ってもらえることも多いというVEGEO VEGEVOはオープンから半年経ち、すでにしっかりと町に根付いている。


メトロ根津駅から根津神社へ向かう不忍通り沿いに建つ「VEGEO VEGECO」。「ベジ」と書かれた大きなのれんが目印だ。

メトロ根津駅から根津神社へ向かう不忍通り沿いに建つ「VEGEO VEGECO」。「ベジ」と書かれた大きなのれんが目印だ。

昭和の雰囲気を残す町並みにすんなりと溶け込むよう当時の街灯を模した照明が印象的。

昭和の雰囲気を残す町並みにすんなりと溶け込むよう当時の街灯を模した照明が印象的。

店内用のカゴ。店の雰囲気になじむラタン素材。

店内用のカゴ。店の雰囲気になじむラタン素材。

ロゴが大きく入ったレジ袋。インパクト大だ。

ロゴが大きく入ったレジ袋。インパクト大だ。


8坪の小さな店内には、ロゴを版押しした木箱の商品棚がシンメトリーにずらりと並んでいる。気をてらわず、シンプルな内装にしたのは野菜本来の新鮮さ、おいしさを伝えたいとの思いから。木箱の中にぎっしりと詰められた野菜は袋詰めにしていないものが多い。それはお客さんに野菜本来の色を見て、香りを感じてとってもらうためという。店頭に置かれているのは宅配サービスと同様、宮崎県産をはじめ九州で作られた野菜が中心。ただし、暑い季節はどうしても九州の青果は生産量が少なくなるため、現在は九州の他県や京都など西日本の野菜も積極的に開拓し、取り扱っている。
店内は谷根千の町歩きを楽しむ観光客から常連客まで幅広く訪れる。スタッフは積極的にお客さんへ声をかけ、コミュニケーションをとっている。ここに並ぶのはどういう野菜か、作り手がどういう思いで作っているかを伝えるためだ。そういう生産者の話をすることで野菜そのものの情報はもちろん、農家のファンも増やしたいという。時に、九州の生産者の人が店舗で直接販売することもある。すでに農家のことを知っているお客さんの中にはこの日をめがけて訪れる人もいるという人気のイベントだ。また、野菜を買ったお客さんから意見をもらうこともある。この貴重な意見は農家の人へフィードバックし、次の野菜作りの糧となっているという。商品を売るだけでなく、生産者と消費者の対話ができる場として、理想的な店のあり方を呈している。


シンメトリーに作られた店内。什器として使用している木の箱は宮崎県の木材を使用して作られたもの。

シンメトリーに作られた店内。什器として使用している木の箱は宮崎県の木材を使用して作られたもの。

不揃いの野菜もご愛嬌。野菜は1個から購入できるものが多く、必要な分だけ購入ができる。

不揃いの野菜もご愛嬌。野菜は1個から購入できるものが多く、必要な分だけ購入ができる。

冷蔵ケースには旬の葉野菜がぎっしり。

冷蔵ケースには旬の葉野菜がぎっしり。


根津を中心とした、谷根千エリアは昭和の風情を残す町として、若い人や外国人観光客も多く訪れる。そういう人たちが町歩きの途中で店に立ち寄れるよう、旬の青果を使ったスムージーを提供している。また、店内には無料の水を提供していて誰でも飲むことができる。このようなサービスを行うことについて杉本店長は「八百屋だからと言って、野菜を買いにくることだけが目的ではなく、スムージーを飲みに来るだけでもいいし、喉が乾いたら気軽に水を飲みに立ち寄ってほしい。必ずしも商品を買わなくてもいい。この時期にはこういう野菜があるということを知るきっかけになればと思う。子どもたちも下校途中に立ち寄ってくれたらいいし、僕たちがお年寄りの方たちのおしゃべり相手にもなれたら」と話す。

また、VEGEO VEGECOは実店舗のオープンと同時に「VEGERY」という都内の一部地域を対象とした即時宅配サービスも開始した。アプリ上で選択した野菜を希望の時間帯(最短で約1時間)に自宅まで届けてくれるというもので、ローンチ時から広告は一切出さなかったというが、都心に暮らす仕事や育児に忙しい人たちの間で瞬く間に支持を得ている。新鮮な野菜を届けてくれる利便性の高さから圧倒的なリピート率を誇り、今後は宅配サービスの対象エリアの拡大を目指している。


無料で提供している水には季節の果物を入れている。

無料で提供している水には季節の果物を入れている。

宮崎県日向市特産の、へべす。すだちより一回り大きく、料理にも使える。

宮崎県日向市特産の、へべす。すだちより一回り大きく、料理にも使える。


苦味やえぐみが少ない白玄堂のお茶。数ある商品の中からオーガニックの煎茶や紅茶などを取り扱っている。

苦味やえぐみが少ない白玄堂のお茶。数ある商品の中からオーガニックの煎茶や紅茶などを取り扱っている。

宮崎市のsweet MOCOMOCOのマクロビオテックグラノーラ。卵、乳製品、白砂糖不使用で、ピュアメープルシロップや甜菜糖などで自然な甘みがある。

宮崎市のsweet MOCOMOCOのマクロビオテックグラノーラ。卵、乳製品、白砂糖不使用で、ピュアメープルシロップや甜菜糖などで自然な甘みがある。


VEGEO VEGECO 根津
東京都文京区根津1-26-5
03-3827-4831
9:30〜19:30
不定休
VEGERY