wood chair -1- 木のぬくもりが心地よいクラシックモダンチェア

wood chair -1- 木のぬくもりが心地よい
クラシックモダンチェア

木目の美しさ、優しい手触り、座り心地が良くて、身体に馴染む優しいぬくもりのウッドチェアは、自分に合うお気に入りを見つけて長く愛用したい。今回は、 ハンス・J・ウェグナーの代表作「Yチェア」、ミッドセンチュリーの時代に生まれた「グランプリチェア」など名作や、気鋭のデザイナー、 コンスタンチン・グルチッチがデザインした「ヴィーナス チェア」、ウッドチェアでは珍しいカンチレバー構造の「ルーチェア」、コートハンガーがセットされた斬新な発想の「エクステンションチェア」、 床に美しい影をつくる「シルエットチェア」、北欧モダンデザインの「J110チェア」など、コンテンポラリーで遊び心のある椅子を紹介する。

《CH24 Y Chair》

CH24 Y Chair W550 D510 740 SH430mm ¥138,600 Carl Hansen & Son/hhstyle.com 青山本店

CH24 Y Chair W550 D510 740 SH430mm ¥138,600 Carl Hansen & Son/hhstyle.com 青山本店


デンマークを代表するデザイナー、Hans J. Wegner(ハンス・J・ウェグナー)によって、1950年にデザインされた「Y Chair」は、上質な座り心地と見た目の美しさで、世界中から愛され続けているロングセラーの逸品。背もたれのY字が名前の由来で、美しい曲線フレームとペーパーコードの座面が特徴。深みのある色合いが魅力のウォルナットのオイルフィニッシュ仕上げで、経年変化も楽しめる。 Carl Hansen & Son(カール・ハンセン&サン)は、1907年に創業したデンマークの老舗家具ブランド。


《GRAND PRIX™》

GRAND PRIX™ W500 D500 H805 SH465mm(カラードアッシュ ブラック) ¥46,200 フリッツ・ハンセン日本支社

GRAND PRIX™ W500 D500 H805 SH465mm(カラードアッシュ ブラック) ¥46,200 フリッツ・ハンセン日本支社

GRAND PRIX™ W500 D500 H805 SH465mm (ウォルナット) ¥53,550 (カラードアッシュ ダークグレー) ¥46,200 ともにフリッツ・ハンセン日本支社

GRAND PRIX™ W500 D500 H805 SH465mm (ウォルナット) ¥53,550 (カラードアッシュ ダークグレー) ¥46,200 ともにフリッツ・ハンセン日本支社


1957年にアルネ・ヤコブセンがデザインした「GRAND PRIX(グランプリチェア)」は、アントンチェアやセンブンチェアと同様、成型合板を3次元成型した椅子で、ミッドセンチュリー期の名作のひとつ。緩やかな曲線の広い背もたれが身体のラインにしっくりと馴染んで、座り心地が良い。モデル名は、ミラノ・トリエンナーレにてグランプリを獲得したことに由来。


《VENUS》

photo:Thomas Popinger

photo:Thomas Popinger

VENUS W528 D527 H808 SH480mm ¥ 112,350 ClassiCon/hhstyle.com 青山本店 photo:Florian Holzherr

VENUS W528 D527 H808 SH480mm ¥ 112,350 ClassiCon/hhstyle.com 青山本店
photo:Florian Holzherr


「VENUS(ヴィーナス)」は、2枚の薄いプライウッドで形成された脚が特徴のミニマルな構造の椅子。見る角度によってさまざまな表情を見せてくれる彫刻のようなフォルムで、オーク材のモダンな木目が映える。数々の受賞歴を誇り、国際的に活躍するドイツ人デザイナー、Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)によるデザイン。ClassiCon(クラシコン)は、社名の通り“Classic”と“Contemporary”を兼ね備えた作品を発表しているドイツのブランド。


《ru chair》

スタッキングした姿もかわいい。

スタッキングした姿もかわいい。

ru chair W538 D444 H703 SH455mm(アッシュ・ホワイト・コーラル) 各¥31,500 HAY/CIBONE Aoyama

ru chair W538 D444 H703 SH455mm(アッシュ・ホワイト・コーラル) 各¥31,500 HAY/CIBONE Aoyama


ストックホルムのデザイナー、Shane Schneck(シェーン・シュネック)による「ru chair(ルーチェア)」は、ユニークな構造の脚と片持ち梁のような座面が特徴で、ナチュラルカラーと木目の美しさを活かした染色仕上げ。8脚までスタッキングが可能で、座面がテーブルの端に掛けられるため床掃除が簡単で、機能面にも優れる。 HAY(ヘイ)は、2003年にデンマークでスタートしたインテリアブランドで、1950-1960年代のモダンデザインを意識しながら、コンテンポラリーで長く愛されるようなプロダクトを展開している。


《extension chair》

左からextension chair Handbag-hanger W550 D450 H900 SH460mm ¥39,900 extension chair Coat stand W550 D450 H1900 SH460mm ¥67,200 ともにmoooi/CIBONE Aoyama

左からextension chair Handbag-hanger W550 D450 H900 SH460mm ¥39,900 extension chair Coat stand W550 D450 H1900 SH460mm ¥67,200 ともにmoooi/CIBONE Aoyama


「extension chair(エクステンションチェア)」は、“座る”以外の用途を考えてデザインされた椅子。クラシカルな椅子のデザインをベースに、斬新なアイデア加えたユニークなデザインで、バッグやコートを掛けることができる。 moooi(モーイ)は、世界的なクリエイターやデザイナーを起用して個性的なデザインを発表し、注目を集めているオランダのインテリアブランド。ブランド名のmoooiは、オランダ語の「美しい」の意に “o“ をたして、「もっと美しく!」という思いを込めて名付けられた。


《Silhouette Chair》

左からSilhouette Chair Albert(ブラウン) W537 D528 H900 SH455mm ¥42,000 Silhouette Chair Victoria(ヴィンテージレッド) W460 D549 H873 SH426mm ¥46,200 ともにWilliam Warren/インテリアショップ マイウェイ

左からSilhouette Chair Albert(ブラウン) W537 D528 H900 SH455mm ¥42,000 Silhouette Chair Victoria(ヴィンテージレッド) W460 D549 H873 SH426mm ¥46,200 ともにWilliam Warren/インテリアショップ マイウェイ


床に美しい影をつくる「Silhouette Chair(シルエットチェア)」。「Albert(アルバート)」は、イギリスの農家でよく見かける伝統的な椅子をモチーフに、「Victoria(ヴィクトリア)」は、ヴィクトリア調の装飾の施された華麗でゴージャスな椅子がモチーフに、イギリス人デザイナー、William Warren(ウィリアム・ウォレン)がデザインした椅子。明るい場所に置くと木目が若干透ける微妙な拘りの塗装仕上げ。


《J110 Chair》

J110 Chair W530 D600 H1060 SH445mm (ナチュラル) ¥35,700 (ホワイト・ブラック) 各¥37,800 HAY/haluta kanda

J110 Chair W530 D600 H1060 SH445mm (ナチュラル) ¥35,700 (ホワイト・ブラック) 各¥37,800 HAY/haluta kanda


デンマークを代表するデザイナー、Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)によってデザインされた「J110 Chair」の復刻版。背もたれとアームに連続するスピンドルが印象的な北欧らしいデザイン。ブナの無垢材を活かしたソープ仕上げのナチュラルカラーと、モダンなホワイトとブラックをピックアップ。haluta kanda(ハルタ神田 )は、マーチエキュート神田万世橋に、この秋オープンした長野生まれのライフスタイルショップ。


shop list

インテリアショップ マイウェイ 03-3532-1901
hhstyle.com 青山本店 03-5772-1112
CIBONE Aoyama 03-3475-8017 
haluta kanda 03-5295-0061 
フリッツ・ハンセン日本支社 03-5778-3100