平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和するゆるやかな生活

平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和する
ゆるやかな生活

共に成長し合える場に

自然の恵み豊かな葉山の住宅街。樹木のアーチをくぐり抜けると、その向こうにスケルトンのモダンな一軒家が現れる。

「妻が家の前の緑のアーチをひと目で気に入って、ここを選んだんです」

家主は“食とデザインとアート”をテーマに、夫婦でケータリングやレシピ開発の仕事に携わる堀出隼さん。築約50年の平屋の物件をリフォームし、住居兼アトリエを誕生させた。

「もともとはこの辺りの典型的な日本家屋だったのですが、骨組みだけ残してフルリフォームしてもらいました。コンセプトは“Class”です。ふたりの子供がいるのですが、親として躾はするけど自分たちも子供から学ぶこともある。だから家は家族がクラスメートのように共存し合える場所であってほしいと思ったんです。“Class”には“暮らす”という意味も掛け合わせているのですが」

キッチンは理科室、アトリエは工作室、リビングは子供たちが過ごす教室。そんなイメージで、家族みんなが楽しく共に学べる空間を考えていった。


堀出邸の日常生活、仕事風景を映画のワンシーンのように切り取るフレーム。シンプルで開放的な造りの中に、個性を感じさせる。

堀出邸の日常生活、仕事風景を映画のワンシーンのように切り取るフレーム。シンプルで開放的な造りの中に、個性を感じさせる。

竹などの木々が生い茂る、緑のアーチをくぐったところに立地。周囲は静かな住宅街。

竹などの木々が生い茂る、緑のアーチをくぐったところに立地。周囲は静かな住宅街。

段差を設けることで変化をつけたリビング。子供のためにコルクの床にすることを設計士が提案した。

段差を設けることで変化をつけたリビング。子供のためにコルクの床にすることを設計士が提案した。


生活が絵になるフレームの構造

「境界線はあまり持たせずに、部屋と部屋がゆるくつながっている空間にしたいと思いました。だから壁などで仕切らず大空間をワンルームのようにして、何となく分けてもらうようにリクエストしました」

その思いを実際に形作っていったのが、妻・美沙さんの知り合いでもあった設計士の渡辺泰敏さん。奥のベッドルーム以外、リビング、ダイニング、キッチン、アトリエがひとつになった天井まで吹き抜けの空間には、オープンな雰囲気が漂う。

「料理をするので床が汚れてもいいように、玄関は土間風にしました。ここで適当に靴を脱いであがれるようなゆるい感じです。間仕切りはなくても床に段差がつけられているので、これだけで気持ちの切り替えもつけらます」

渡辺さんの提案は、生活をワンシーンのように切り取る設計。

「アトリエとキッチンをフレームで囲って、日常のシーンを切り取るというアイデアです。このフレームは耐震にも活かされています」

リビング側から見て、大きな長方形の木枠で囲まれた空間は、左側に隼さんのアトリエ、右側に美沙さんのキッチン。それぞれがそれぞれの仕事にあたる姿が、1枚の絵のように印象づけられる。

「自分のアイデアを妻に伝えたり、妻が作る料理の味見をしたり、仕事上のやり取りが必要なときは中央のスペースに集まって話し合っています。同時に、仕事をしながらリビングで遊んでいる子供たちを見ることもできるし、以前と比べてコミュニケーションが取りやすく、色々なことがスムーズにできるようになりましたね」


土間とダイニングにも仕切りはなく、狭さを感じさせないオープンな造り。ここで仕事の作業を行うことも。

土間とダイニングにも仕切りはなく、狭さを感じさせないオープンな造り。ここで仕事の作業を行うことも。

美沙さんの手料理を味わうダイニング。テーブルは可動式でフレキシブルに対応。

美沙さんの手料理を味わうダイニング。テーブルは可動式でフレキシブルに対応。

仕事中の堀出夫妻の定位置。家族みんなの様子を見守ることができる。

仕事中の堀出夫妻の定位置。家族みんなの様子を見守ることができる。

奥のベッドルームやバスルームにつながる廊下は、小上がりになり変化がつけられている。

奥のベッドルームやバスルームにつながる廊下は、小上がりになり変化がつけられている。

リビングの収納はデザイン、サイズを決めて製作所に依頼。テレビもすっきりと収めた。

リビングの収納はデザイン、サイズを決めて製作所に依頼。テレビもすっきりと収めた。

靴を脱ぎ履きする玄関。“ゆる〜い感じ”が伝わってくる。

靴を脱ぎ履きする玄関。“ゆる〜い感じ”が伝わってくる。
 

仕事道具を収めたロフトに上がる、アトリエ脇の階段。フレームを邪魔しないよう奥に設けた。

仕事道具を収めたロフトに上がる、アトリエ脇の階段。フレームを邪魔しないよう奥に設けた。

アトリエの壁には子供の作品やアート作品などを貼る。後から造りつけた本棚の脇には神棚も設置。

アトリエの壁には子供の作品やアート作品などを貼る。後から造りつけた本棚の脇には神棚も設置。

ベッドルームは何もないシンプルな空間。テラス前の窓以外は小さなピクチャーウインドにして、外の風景を切り取っている。

ベッドルームは何もないシンプルな空間。テラス前の窓以外は小さなピクチャーウインドにして、外の風景を切り取っている。


仕事も家事もはかどるキッチン

仕事場でもあり、家族の食を支える場でもあるキッチンには、美沙さんの希望が反映された。

「洗い物をしながら子供が見られるよう、シンクはリビングダイニング向きにしてもらいました。冷蔵庫は家庭用と仕事用のふたつを入れてもらいましたが、家庭用冷蔵庫が見えると生活感が出てしまうので、隠すように仕切りを設けてもらいました」

柱のように見える黒い仕切りは黒板になっていて、料理をしながら気づいたアイデアをメモしたりするのに役立っている。業務用のコンロや作業台、調理器具が充実したキッチンはクリーンで男前な雰囲気。仕事上たくさん揃える食器類も、すっきり収まるよう作り付けの棚を設置した。1回に200人分くらいの料理を作る美沙さんにとって、効率的で居心地のいいキッチンとなった。


美沙さんは1日のほとんどをキッチンで過ごす。黒板はメモ書きに活躍。

美沙さんは1日のほとんどをキッチンで過ごす。黒板はメモ書きに活躍。

仕事をしながら子供と触れ合えるのも、家を建てた利点。

仕事をしながら子供と触れ合えるのも、家を建てた利点。

業務用冷蔵庫に4口コンロが置かれたプロ仕様のキッチン。「人が楽しんでくれること」を大切に、料理を演出。

業務用冷蔵庫に4口コンロが置かれたプロ仕様のキッチン。「人が楽しんでくれること」を大切に、料理を演出。

キッチンとアトリエを分けるのは、食器類を収める棚。

キッチンとアトリエを分けるのは、食器類を収める棚。

キッチンの窓には多肉植物が潤いを与える。家の周りではハーブ類も育てている。

キッチンの窓には多肉植物が潤いを与える。家の周りではハーブ類も育てている。


戸外も生活の一部と考える

境界線のないゆるやかな造りは、家と外とのつながりにも現れている。リビングからモルタルでフラットにつながるテラスは、駐車スペースでもあり、庭でもあり、アウトドアリビングでもある。

「外を外として考えるのではなく、自然との調和を楽しみたいと思っています。戸は開け放っていることが多いですし、天気のいい日はテーブルを出して、外で食事をすることもしょっちゅうです。夏は屋根から竹をかけて流しそうめんをしたりするのが、子供たちも大好きですね」

家の裏手には緑が美しい山々を望むこともできる。自然豊かな環境の中、子供たちはのびのびと、堀出夫妻は仕事も子育ても楽しく、充実した毎日を送っている。

「ここに来て、1日の太陽の動きや空気の流れを感じるようになりました。夜7時くらいになると辺りはもう静かになって、自然の中で生活していることを実感しますね。引っ越してきてから、地元の友人もたくさんできて交友関係が深まり、それがまた仕事につながったり。色んなことが広がってきて、とても良かったと思っています」


長男の謡君(5歳)、鈴ちゃん(2歳)。週末はハイキングなどを楽しんでいる。

長男の謡君(5歳)、鈴ちゃん(2歳)。週末はハイキングなどを楽しんでいる。

モルタルでつながったテラス。フェンスは前の住人からのもの。

モルタルでつながったテラス。フェンスは前の住人からのもの。
 

ダルメシアンのガーゼも家族の一員。

ダルメシアンのガーゼも家族の一員。

葉山で知り合った木工職人に依頼したレターボックス。外壁は波打たせることで、陰影を出している。

葉山で知り合った木工職人に依頼したレターボックス。外壁は波打たせることで、陰影を出している。

パーティーなどの、ケータリングサービスの演出に使う木箱。こちらも友人の木工職人に依頼。

パーティーなどの、ケータリングサービスの演出に使う木箱。こちらも友人の木工職人に依頼。

堀出さんの会社は「holiday(ホリデー)」。アートとフードのディレクションを行う。 http://we-are-holiday.com/about.html

堀出さんの会社は「holiday(ホリデー)」。アートとフードのディレクションを行う。
http://we-are-holiday.com/about.html


堀出 邸
設計 渡辺泰敏建築設計事務所
所在地 神奈川県三浦郡
構造 木造
規模 地上1階
延床面積 81.02 m2