家族が集う風通しのよい家築浅物件のよさを活かしながら自分好みにリノベーション

家族が集う風通しのよい家築浅物件のよさを活かしながら
自分好みにリノベーション

使える部分は生かして賢く作り変える

横浜の本牧の住宅街に建つ石原宅は、築10年の築浅の住宅をリノベーション。自分たちのライフスタイルに合わせてリノベーションを施しつつも、築浅物件の良さを活かして、前のオーナーのものをそのまま使っている部分もある。

「1階はほとんど新しくしました。そのままなのは玄関の扉や、木製ブラインド。ブラインドは前のオーナーさんがつけたものが素敵だったので、そのまま使いました。新調すると金額の負担も大きかったので、かなり助かりました」と、さくらさん。しっかり作ってあった下駄箱も、色を塗り替えて再利用した。

リノベーションは『フィールドガレージ』にオーダー。「住み替えを考えている時にインテリア雑誌をよく見ていたのですが、素敵だなと思う部屋は『フィールドガレージ』が施工をしているところばかりだったんです。なので、リノベーションをお願いするならここしかない、と」


「アメリカの古い家の廃材で作ったテーブルは、目黒通りのインテリアショップで見つけました」

「アメリカの古い家の廃材で作ったテーブルは、目黒通りのインテリアショップで見つけました」

1階リビングの俊司さんのDJブース。棚は『フィールドガレージ』が製作したオリジナル。

1階リビングの俊司さんのDJブース。棚は『フィールドガレージ』が製作したオリジナル。


手前は以前、土間だったスペース。リビングの床材とは趣の違う、ラフな質感の素材で床を張った。

手前は以前、土間だったスペース。リビングの床材とは趣の違う、ラフな質感の素材で床を張った。

「家電店で偶然見かけて一目惚れしたamadanaとクリティアがコラボしたウォーターサーバーです」

「家電店で偶然見かけて一目惚れしたamadanaとクリティアがコラボしたウォーターサーバーです」

「『フィールドガレージ』のオフィスにはたくさんタイルのサンプルがあったのですが、どれもよかったので随分迷いました」

「『フィールドガレージ』のオフィスにはたくさんタイルのサンプルがあったのですが、どれもよかったので随分迷いました」


「前に住んでいたマンションはカウンターキッチンだったのですが、中で料理を作って食卓に運ぶ動線が使いづらく感じたので、そのまま食卓に運べる今の形にしました」

食器棚は『フィールドガレージ』のオリジナル。「食卓テーブルの椅子は、『フィールドガレージ』のオフィスで使われていた『アクメファニチャー』のものです。とても座り心地が良くて、家にいるときはここに座っていることが多いです」

1階リビングの俊司さんのDJブースの上には廊下に面した窓をつけた。「室内に窓をつけるのが夢だったんです(笑)。気持よく風が抜けるので、作ってよかったですね」


「マンション時代はカウンターキッチンだったのですが、動線が使いづらく感じたので、出入りのしやすい形にしました」

「マンション時代はカウンターキッチンだったのですが、動線が使いづらく感じたので、出入りのしやすい形にしました」
 

「柱に貼った溶岩タイルも、ぜひ使いたかったアイテムのひとつです」

「柱に貼った溶岩タイルも、ぜひ使いたかったアイテムのひとつです」

DIYの得意なさくらさん。重いお米が入った容器を楽に引き出せるキャスターなど、シンク下のスペースもDIYで使いやすく工夫。

DIYの得意なさくらさん。重いお米が入った容器を楽に引き出せるキャスターなど、シンク下のスペースもDIYで使いやすく工夫。

家の構造上、抜くことのできなかった木の柱はH鋼に変え、錆止めの色をそのまま残してインダストリアルな雰囲気に。

家の構造上、抜くことのできなかった木の柱はH鋼に変え、錆止めの色をそのまま残してインダストリアルな雰囲気に。


以前に住んでいた家も同じ本牧のマンション。「都内でも家を探したんですが、やはり横浜が住みやすくて。家から見える丘の向こうがすぐ海なのですが、緑が多いので山に住んでいるような気分にもなれます(笑)」広い公園も近くにあって、子供も育てやすく、抜群の住環境なのだとか。

仲の良い石原一家は、子どもの本が子供部屋にもリビング奥の部屋にもあるし、俊司さんのDJブースがリビングにありパソコンがリビング奥の部屋にもある。そのリビング奥のスペースでは、さくらさんがアーユルヴェーダの施術をするそう。どこが誰のスペースと決めず、家族が家の中のお気に入りの場所で一緒に時間を過ごしている。


石原家は、俊司さん、さくらさん、青くん、花ちゃん、そして生まれたばかりの音くんの5人家族。

石原家は、俊司さん、さくらさん、青くん、花ちゃん、そして生まれたばかりの音くんの5人家族。

1階の廊下は白と落ち着いたブルーグリーンの組み合わせ。「家の中に窓を作るのが夢だったんです」と、さくらさん。

1階の廊下は白と落ち着いたブルーグリーンの組み合わせ。「家の中に窓を作るのが夢だったんです」と、さくらさん。

前のオーナーが植えた広葉樹が大きく育ち、夏には気持ちのいい木陰を作ってくれる。

前のオーナーが植えた広葉樹が大きく育ち、夏には気持ちのいい木陰を作ってくれる。

パソコンスペースの横には、壁にフックをつけてヘッドフォンを見せる収納。

パソコンスペースの横には、壁にフックをつけてヘッドフォンを見せる収納。

シューズボックス脇に、鍵と外出用のサングラスをかけておくプレートをDIY。

シューズボックス脇に、鍵と外出用のサングラスをかけておくプレートをDIY。


石原邸
設計 フィールドガレージ
所在地 神奈川県横浜市中区
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 124.2 m2