Renovation

使われてない家をリノベで再生祖母の家をリノベーション
1階はブックカフェに

1階は居心地のいいカフェに改装

町田の住宅地に建つ築約50年の古民家は、見附春佳さんの祖母の持家だったのだそう。
「もともと美容院として建てられた家だったそうです。その家を祖母が購入したのですが、祖母が亡くなった後は父が管理を任されていました。彫刻家の親戚が作品の保管場所として使っていたのですが、やはり人が住まないともったいないということになり、私が住むことになりました」

見附さんがこの家に住むに当たり、『無相創』 にリノベーションを依頼した。

「世界観が大好きで、『無相創』にはずっと通っていました。今回、自分の家をまるごとお願いすることができてとても幸せです」
1階を念願のブックカフェ『403.notfound』に、2階を住居にリノベーションした。


リノベーションにあたり、1階は見附さんが作りたかったブックカフェにした。
リノベーションにあたり、1階は見附さんが作りたかったブックカフェにした。
カフェスペースと調理場は、古い電車の窓のような、持ち上げて開くスタイルに。金色の金物も美しい。
カフェスペースと調理場は、古い電車の窓のような、持ち上げて開くスタイルに。金色の金物も美しい。


2階をプライベートな空間に

2階がプライベートな空間。階段を上がり、手前にリビングとベッドの空間、奥がダイニングキッチン、窓の外には広いテラスが続く。

「親戚が使っていた家具は手放すことも考えたのですが、いい感じに収まったので有り難く使わせていただいています。『無相創』さんがラックを作ってくださり、また照明器具もつけてくださいました」

リノベーションにあたり、外断熱にしてペアガラスも導入。
「驚くほど暖かく、快適な住まいになりました!」


2階がプライベートスペース。左官の下地材で仕上げにした壁がいい雰囲気を作っている。
2階がプライベートスペース。左官の下地材で仕上げにした壁がいい雰囲気を作っている。
「ガラスの見本を見せていただいて、その中からこのストライプのものを選びました」
「ガラスの見本を見せていただいて、その中からこのストライプのものを選びました」
チェストの後ろをベッドスペースとしている。「光が天井に当たるハーフミラー電球は、明るすぎないのでベッドの上の照明としては最適でした」 窓には遮光のロールスクリーンを採用。
チェストの後ろをベッドスペースとしている。「光が天井に当たるハーフミラー電球は、明るすぎないのでベッドの上の照明としては最適でした」 窓には遮光のロールスクリーンを採用。


奥の部屋がダイニング。「その先のベランダは父母がDIYで板を張りベンチを作って、居心地よくしてくれました」
奥の部屋がダイニング。「その先のベランダは父母がDIYで板を張りベンチを作って、居心地よくしてくれました」
トレイにまとめたお茶のセット。
トレイにまとめたお茶のセット。
「このランプシェードは母のハンドメイドです」
「このランプシェードは母のハンドメイドです」


隅々まで丁寧に作り込んだ家

1階のお店部分は、古材やアンティークを使用。照明器具はすべて『無相創』のオリジナル。壁は珪藻土、電気の配線には銅管を使っている。隅々まで心を配り丁寧に仕上げることで、居心地のいいセンス溢れる空間に仕上がっている。

ブックカフェをオープンさせる前は、ソムリエの仕事をしていたという見附さん。『403.notfound』では、美味しい焼菓子とコーヒー、そして自然派のワインをいただける。
「ワインバーは敷居の高いお店が多いので、ひとりでふらりとワインを飲める場所を作りました。ぜひ気軽に遊びにいらしてください」


ひとつひとつ違う椅子。ひとりになれるスペースがお店のそこここに用意されている。いろんな場所に座ってみたくなる。
ひとつひとつ違う椅子。ひとりになれるスペースがお店のそこここに用意されている。いろんな場所に座ってみたくなる。
「アンティークスイッチを使いたいとお願いしたら、まさかの1箇所に10個! ひとつひとつ違う表情のスイッチがとても気に入っています」
「アンティークスイッチを使いたいとお願いしたら、まさかの1箇所に10個! ひとつひとつ違う表情のスイッチがとても気に入っています」
デザインの違う照明はすべて『無相創』のオリジナル。地球儀のモビールが素敵。
デザインの違う照明はすべて『無相創』のオリジナル。地球儀のモビールが素敵。
リノベ前の家の窓の形をそのまま残している。「私もこの家の前を通って通学していました」
リノベ前の家の窓の形をそのまま残している。「私もこの家の前を通って通学していました」
「親戚が使っていた畳敷きの小上がりにカーペットを敷きました。靴を脱いでリラックスしていただけます」 
「親戚が使っていた畳敷きの小上がりにカーペットを敷きました。靴を脱いでリラックスしていただけます」 
お店の入口のドアは、フランスのアンティーク。
お店の入口のドアは、フランスのアンティーク。
見附邸
米原政一( 無相創
所在地 東京都町田市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 85.8m2
読みたくなる本がお店のそこここにある。
読みたくなる本がお店のそこここにある。
外断熱+ペアガラスに変えてとても暖かく快適な家になったそう。
外断熱+ペアガラスに変えてとても暖かく快適な家になったそう。