英国アンティークに囲まれて“ケイティー流”を伝える暮らしの楽しみあふれる場所

英国アンティークに囲まれて“ケイティー流”を伝える
暮らしの楽しみあふれる場所

一目惚れして、即決

自然豊かで、別荘地としても人気の街・葉山。
海を見下ろす高台に、緑の木々に包まれたレンガ色の家がある。この家に暮らすのは、英国アンティークの家具や雑貨を取り扱う「英国生活骨董KATY’S HAYAMA」を主宰し、欧米家庭料理やフラワーアレンジメント、テーブルコーディネートなどの講師もつとめるケイティー恩田さん。

ケイティーさんとご主人がこの家に暮らし始めたのは、15年ほど前。出会いは突然だったという。
「物件案内を見るのが好きで、買う気もないのに送ってもらっていたことがあって。ある日、この家の案内をもらったんです。」
その時住んでいた家にも十分満足していたのだが、近くなので見学してみることに。

建物は築7年ほど。訪れたのが夜だったため、室内の照明がこぼれて外観はあたたかい雰囲気。庭にある和洋折衷の木々は大きく育ち、年月を感じさせる趣があった。

「中に入って階段を3段上がったところで、これは買おうと(笑)。その夜のうちにハンコを押しました。出会いみたいなもの、直感ですね」と当時を振り返るケイティーさん。
「いつも直感だけど、それが間違えていないのよ。家選びも家具選びも直感。アンティークの世界では、1度逃したら次はないですからね」


ギャラリーや料理教室の場を兼ねたリビング・ダイニング。ダイニングと奥のキッチンは回遊できる間取り。

ギャラリーや料理教室の場を兼ねたリビング・ダイニング。ダイニングと奥のキッチンは回遊できる間取り。

左手の棚の上には、さまざまなフォトフレームに入った家族の思い出写真が並ぶ。

左手の棚の上には、さまざまなフォトフレームに入った家族の思い出写真が並ぶ。

庭の鮮やかな緑が窓からのぞく。「カーテンはいらないから全部とっちゃったの」とケイティーさん。

庭の鮮やかな緑が窓からのぞく。「カーテンはいらないから全部とっちゃったの」とケイティーさん。

伊万里焼の招き猫と、フィリピンのミュージアムから出てきたという人型の置物。家の中から外を眺めるように置くのがこだわり。

伊万里焼の招き猫と、フィリピンのミュージアムから出てきたという人型の置物。家の中から外を眺めるように置くのがこだわり。

王子様のような衣装がかわいいカエルは、『ピーターラビット』に登場するキャラクター。

王子様のような衣装がかわいいカエルは、『ピーターラビット』に登場するキャラクター。


英国チャンネル諸島でつくられたKATY’S HAYAMAオリジナルベアー。ネーム入りのセーターと、1匹ずつ違う表情がかわいい。

英国チャンネル諸島でつくられたKATY’S HAYAMAオリジナルベアー。ネーム入りのセーターと、1匹ずつ違う表情がかわいい。

ケイティーさんが大好きな英国の児童文学『The Wind In The Willows(日本語訳:たのしい川べ)』に登場する動物をモチーフにした陶器の置物。

ケイティーさんが大好きな英国の児童文学『The Wind In The Willows(日本語訳:たのしい川べ)』に登場する動物をモチーフにした陶器の置物。


メインの庭の反対側には、竹が植えられ灯籠が置かれた和の趣の小さな庭がある。以前の住人が育てていたものだが、室内の雰囲気とも不思議と調和している。

メインの庭の反対側には、竹が植えら灯籠が置かれた和の趣の小さな庭がある。以前の住人が育てていたものだが、室内の雰囲気とも不思議と調和している。

薪ストーブはノルウェーのヨツール社製。煙突の左右にご主人のお宮参りの時の着物と、ケイティーさんの七五三の時の着物の生地を額装して飾っている。

薪ストーブはノルウェーのヨツール社製。煙突の左右にご主人のお宮参りの時の着物と、ケイティーさんの七五三の時の着物の生地を額装して飾っている。


時代や国を超えて、好きなものを

リビングに足を踏み入れると、まるで外国映画の世界に飛び込んだかのような素敵な空間が広がっている。1920〜1930年代の英国アンティーク家具をはじめ、古伊万里などの日本の焼き物、ユーモアあふれる動物のオブジェ、数十年前から大切に使っているというアメリカ製のソファなど。そこにあるのは、時代や国を超えて、ケイティーさんの“直感”で集められたものたちだ。

「私がこの家で生まれ育ったと思っている人がいるくらい、ここは私にぴったりの家」と話すケイティーさん。しかし購入した時、室内は現在とまったく異なる雰囲気だったという。
「リビングの壁が紫色で、大きなシャンデリアと暖炉があって、とてもゴージャスだったんです。それはそれで素敵だったんですよ。でも私の好みには合わないから、改装することにしたんです」

壁の色は白く、シャンデリアやカーテンは外してすっきりと。重厚な暖炉は撤去して、代わりにクラシックなデザインの北欧製薪ストーブを設置した。また、煙突まわりの天井をくりぬいて吹き抜けをつくり2階にも暖気が上るようにしたり、キッチンに収集している紅茶缶の飾り棚を付けるなど、暮らしやすさにも考慮しながら、自分が好きな空間へ改装したという。


キッチンは、1クラス7人で行われる料理教室にも余裕の広さ。

キッチンは、1クラス7人で行われる料理教室にも余裕の広さ。

出窓は季節ごとにディスプレイを変更。リバティ生地でつくる自作のカーテンも付け替える。庭の植物もラフに飾って楽しむ。

出窓は季節ごとにディスプレイを変更。リバティ生地でつくる自作のカーテンも付け替える。庭の植物もラフに飾って楽しむ。

庭の緑を切り取る勝手口のドア。ドア枠の上には、家の形をした紅茶缶だけを集めてディスプレイ。

庭の緑を切り取る勝手口のドア。ドア枠の上には、家の形をした紅茶缶だけを集めてディスプレイ。


キッチン背面に紅茶缶の飾り棚を設置。大工さんが3段、ご主人が2段取り付けた。「もう1段つけたいけれど、危ないから無理ね」。

キッチン背面に紅茶缶の飾り棚を設置。大工さんが3段、ご主人が2段取り付けた。「もう1段つけたいけれど、危ないから無理ね」。

キュウリと卵のサンドイッチ、バナナのケーキ、チョコレートブラウニー、紅茶をテーブルに。


用途にこだわらないで自分流に

1階はギャラリーや料理教室の場を兼ねていて、訪れた人に、“ケイティー流”のディスプレイ術や本来の用途にこだわらない自由な雑貨の使い方などを見てもらい、感じてもらうための場にもなっている。

「たとえばビスケット用のガラス瓶を、うちではキャンディー入れにしてテーブルに置いているの。古いものを、自分流に今の生活に合わせて楽しむ。どう使おうが、その人が楽しく使えばいいんですよ。」とケイティーさん。

壁を使ったディスプレイも、ぜひ参考にしたいところ。絵画やお皿、気に入った刺繍布を額装したものなどを自由に飾って楽しんでいる。
「日本の人は壁に穴をあけるのを嫌がるでしょう(笑)。でも1回やってみると楽しいですよ。壁は一番自由な場所だから。我が家を見て、何かマネしようかなと思ってもらえたら嬉しいですね」


玄関ホールは、吹き抜けの高い天井が開放感たっぷり。2階はプライベートスペース。

玄関ホールは、吹き抜けの高い天井が開放感たっぷり。2階はプライベートスペース。

鹿の壁飾りやアンティークの刺繍絵画が壁面を彩る。レイアウトの仕方にもセンスが光る。

鹿の壁飾りやアンティークの刺繍絵画が壁面を彩る。レイアウトの仕方にもセンスが光る。

写真中央は、鏡とコートハンガーを兼ねた実用的でデザイン性の高い英国家具。それを囲むように絵画を飾るアイディアはさすが。

写真中央は、鏡とコートハンガーを兼ねた実用的でデザイン性の高い英国家具。それを囲むように絵画を飾るアイディアはさすが。


玄関からリビングへ続く廊下。ギャラリーを兼ねて、食器やファブリックをディスプレイ。

玄関からリビングへ続く廊下。ギャラリーを兼ねて、食器やファブリックをディスプレイ。

無機質になりがちな洗面台のまわりも、照明や絵を飾れば温かみのある素敵な空間に。

無機質になりがちな洗面台のまわりも、照明や絵を飾れば温かみのある素敵な空間に。


賢く暮らしを楽しんでほしい

20年余りに渡って、ライフスタイルを伝える幅広い活動を続けているケイティーさん。その根底にあるのは、「賢く時間とお金を使って、自分にあった暮らしを楽しんでほしい」という想いだという。
「華美なのは全然格好良くない。質実剛健に。毎日の暮らしの中にちょっと楽しく嬉しいことがあって、家族が喜んでくれれば自分もハッピーでしょう?」

家族のために料理をつくり、庭先で摘んだ花を飾り、テーブルをコーディネートしたり、お気に入りの絵や雑貨を季節に合わせて飾る。そんなちょっとしたことで、自分も家族もハッピーになる。

ケイティーさんの暮らしぶりは、慌ただしく日常を過ごしてしまいがちな私たちに、たくさんのヒントを与えてくれる。


ケイティー恩田さん。多忙な毎日だが、「スパイスをたくさん使う料理が元気のもと」と話し、とてもパワフル。

ケイティー恩田さん。多忙な毎日だが、「スパイスをたくさん使う料理が元気のもと」と話し、とてもパワフル。

ケイティーさんの著書『英国びいき、葉山暮らし』と『コッツウォルズでひとやすみ』(ともに神奈川新聞社刊)。

ケイティーさんの著書『英国びいき、葉山暮らし』と『コッツウォルズでひとやすみ』(ともに神奈川新聞社刊)。


庭には、ご主人が図面を引いてつくった立派な薪小屋が。手先が器用で、何でも自分でつくってしまうそう。

庭には、ご主人が図面を引いてつくった立派な薪小屋が。手先が器用で、何でも自分でつくってしまうそう。

庭先で日向ぼっこをしているような、猫のガーデンオーナメント。毛並みの表現がリアルでおもしろい。

庭先で日向ぼっこをしているような、猫のガーデンオーナメント。毛並みの表現がリアルでおもしろい。


KATY’S HAYAMA