家族の思い出を奏でる家の中にトンネルが出現!遊び心を散りばめた独自の空間

家族の思い出を奏でる家の中にトンネルが出現!
遊び心を散りばめた独自の空間

個性を放つテイストに一目惚れ

都心からのアクセスも良く、駅前の都市開発が進む神奈川県・海老名。結婚6年目を迎える佐藤大輔さんと絵理香さん夫妻は、結婚当初からこの地でアパート暮らしをしていたという。愛娘・結南(ゆな)ちゃんの幼稚園を変えたくないこともあり、慣れ親しんだ地で一軒家をもつことを決めた。
「マンションは全く頭になかった」とは大輔さん。「建物丸ごと全てが自分のモノというのに憧れていたんです」。

「はじめは建売住宅でもよいと思っていました」とは絵理香さん。近辺で土地や住宅を探し始めて1カ月足らず。結南ちゃんが通う幼稚園に程近い、建築条件付きの土地に出会った。指定された施工会社のショールームに足を運んでみると、一般的な住宅とはひと味違うテイストに惹き付けられたという。「それまでにもモデルルームなどをまわっていたんですが、いままで見たこともないヴィンテージ調の独特の雰囲気に、“めっちゃカッコイイ!”と一目惚れ。この会社、『ライフ・ステージ』さんに家を建ててもらいたいと思いました」(大輔さん)

完成した家は、真っ白い壁に施されたデザインコンクリートや木材で囲んだベランダ、アイアン素材を効かせたエントランスなど、外観からすでに異彩を放っている。


ユーモアとあたたかさに包まれた外観。フランス漆喰の外壁が美しい。

ユーモアとあたたかさに包まれた外観。フランス漆喰の外壁が美しい。

窓枠やドアハンドル、傘かけ(右側)などアイアン素材ががアクセントに。

窓枠やドアハンドル、傘かけ(右側)などアイアン素材がアクセントに。


玄関脇のデザインコンクリート。遊び心をくすぐる。

玄関脇のデザインコンクリート。遊び心をくすぐる。

インターホンにもアイアンカバーを付けるというこだわりよう。

アンティーク調のメールボックスは、重厚感がオシャレ。

アルミに木材を貼ることで、全て木材にするよりもコストダウンに。


憧れのカフェ風キッチン

「設備や仕様など細かいところまで決めていく作業が最も楽しかった」と振り返るご夫妻。毎週のようにショールームに通い、4カ月にわたって打ち合わせを重ねた。「ショールームでは、素材の質感や雰囲気を実際に見たり、触れたりできるため、仕上がりのイメージがしやすかったですね」。木材やアイアンを主流としたナチュラルで素朴な雰囲気やヴィンテージ家具とのバランスなど、ヒントをたくさんもらったという。

絵理香さんがショールームで最も惹かれたのは、カフェ風のキッチン。「アパート時代から、自宅のキッチンをカフェ風にアレンジしては、家を購入したら……とイメージを膨らませていました」。ガラスモザイクタイルを貼った美しいキッチンカウンターや、木をふんだんに使ったあたたかな雰囲気は絵理香さんのイメージにピッタリはまり、そのまま採用した点も多い。
キッチン内は、「子どもと一緒にお料理ができるように」と広めのスペースをリクエスト。現在、率先してお手伝いをしてくれる結南ちゃんとの料理づくりを楽しんでいる。


ソファとテレビボートは『クラッシュボード』のもの。「しっとりとした革が心地いいんです」と、ソファに横たわるのが大輔さんのお気に入りの時間。

ソファとテレビボートは『クラッシュボード』のもの。「しっとりとした革が心地いいんです」と、ソファに横たわるのが大輔さんのお気に入りの時間。

レンジフードの周りを杉板で囲い、オシャレ度アップ。カウンターとの間にガラスを付けて安全面も配慮。

レンジフードの周りを杉板で囲い、オシャレ度アップ。カウンターとの間にガラスを付けて安全面も配慮。

キッチンの裏には大容量のパントリーを設置。「片づけが苦手なので収納はたっぷり造ってもらいました」(絵理香さん)

キッチンの裏には大容量のパントリーを設置。「片づけが苦手なので収納はたっぷり造ってもらいました」(絵理香さん)

このダイニングテーブルとリビングのテーブルは、『ライフ・ステージ』のモデルルームで使用していたものを安く譲り受けた。


広々としたキッチンはテラコッタ調の床がポイント。奥のキッチンボードは『ウニコ』で購入。まもなく同じシリーズのディスプレイ棚が加わる予定。

広々としたキッチンはテラコッタ調の床がポイント。奥のキッチンボードは『ウニコ』で購入。まもなく同じシリーズのディスプレイ棚が加わる予定。


ワクワクする仕掛け

ショールームでは、楽しい仕掛けも提案していた。なかでも“トンネル”は、結南ちゃんの大のお気に入りに。「トンネルの家に行くよ、と言うととても喜んでいました。新しい家には、子どもが希望することも盛り込みたいと思っていたので、娘のリクエストである“トンネル”を造ることにしたんです」(絵理香さん)。
取材の日に出迎えてくれた結南ちゃんが真っ先に連れて行ってくれたのが、廊下に登場した、赤レンガをモチーフにした“トンネル”だった。トンネルがある家は珍しく、結南ちゃんにとっても自慢の場所のようだ。

また、トンネルの脇の壁に埋め込まれた本棚にも仕掛けがある。実は扉になっていて、扉の奥には隠し部屋が。現在は、大輔さん念願の書斎となっている。2畳ほどのコンパクトなスペースが集中力を高めてくれるそうだ。

その扉の横には、黒板マグネット塗料をペイント。お絵かきをするだけでなく、マグネットでメモを貼り付けることもできて重宝している。また、2階には、秘密基地感覚のロフトを設置するなど、大人も子どももワクワクするような仕掛けが随所に散りばめられている。


廊下に施されたトンネル。横浜の赤レンガの質感や色味を再現したデザインコンクリート。

廊下に施されたトンネル。横浜の赤レンガの質感や色味を再現したデザインコンクリート。

本棚風の扉を開けると隠し部屋が登場。階段下を有効活用している。近々、扉には本を並べる予定。

本棚風の扉を開けると隠し部屋が登場。階段下を有効活用している。近々、扉には本を並べる予定。

2階の寝室に施したロフト。屋根の傾斜が秘密基地の雰囲気を盛り上げ、結南ちゃんの恰好の遊び場に。

2階の寝室に施したロフト。屋根の傾斜が秘密基地の雰囲気を盛り上げ、結南ちゃんの恰好の遊び場に。


好きなものに囲まれた、結南ちゃん(5歳)の部屋。アリエルのラグマットが特にお気に入りだそう。

好きなものに囲まれた、結南ちゃん(5歳)の部屋。アリエルのラグマットが特にお気に入りだそう。


自然素材にひと手間加えて

「素足で過ごしても気持ちがいい」と無垢材の床をはじめ、外壁・内壁ともにフランス漆喰を使用するなど、佐藤邸では質の高い自然素材を使っている。さらに、特殊な液体を塗った杉板の壁やワイヤーブラシをかけて古材風にした建具など、ひと手間加えた仕上げが他にはない独自の空間を造り出している。

リビングの天井に取り付けた梁は、家族みんなでエイジング加工を施した。その際、大輔さんが“ゆな”ちゃんの名前をこっそり刻んだ。
また、玄関で出迎えてくれるのが、漆喰壁に付けた“家族の手形”。「こんなに小さい手は今だけですから。良い記念になります」と微笑むご夫妻。訪れた人の表情をもやわらげてくれる。
建築中の作業に参加することで、一緒に建てたという思い出を残し、一層愛着が深まる家になった。

住み始めて1カ月。古材風の素材やヴィンテージ家具により、「真新しい家より落ち着く」と話す大輔さん。時を経てさらに味わいが増す自然素材と遊び心を刺激する空間で、自分たちらしい暮らしの味付けを楽しんでいかれることだろう。


右側の杉板の壁は、特殊な液体を塗ることで年月が加わったように見え、ヴィンテージ家具ともマッチする。

右側の杉板の壁は、特殊な液体を塗ることで年月が加わったように見え、ヴィンテージ家具ともマッチする。

玄関の框はコーラスストーン(珊瑚の化石)を使用。奥は収納たっぷりのシューズクローゼット。

玄関の框はコーラスストーン(珊瑚の化石)を使用。奥は収納たっぷりのシューズクローゼット。

来訪者が思わず笑顔になる家族の手形。「ママ友仲間では、新築するときに手形を入れる人が多い」と絵理香さん。

来訪者が思わず笑顔になる家族の手形。「ママ友仲間では、新築するときに手形を入れる人が多い」と絵理香さん。


リビング上部の梁に入れた“ゆな”という文字。来訪者が探してみるのも楽しい。

リビング上部の梁に入れた“ゆな”という文字。来訪者が探してみるのも楽しい。

主寝室の一面のみ落ち着くカラーに。塗料は、体に優しい『ケリーモア』で、米国ホワイトハウスでも使用しているもの。

主寝室の一面のみ落ち着くカラーに。塗料は、体に優しい『ケリーモア』で、米国ホワイトハウスでも使用しているもの。


木材や輸入タイルを施した造作の洗面台。「コストも抑えられました」(大輔さん)

木材や輸入タイルを施した造作の洗面台。「コストも抑えられました」(大輔さん)

玄関へと続くドアは、白木にブルーグレーの塗料をペイント。右側は、アイアン製のオリジナルキーボックス。

玄関へと続くドアは、白木にブルーグレーの塗料をペイント。右側は、アイアン製のオリジナルキーボックス。

照明は全て、家のテイストに合わせてヴィンテージ風にこだわり、ネットで探したそう。

照明は全て、家のテイストに合わせてヴィンテージ風にこだわり、ネットで探したそう。


2階に設置したバスルームは、リクエスト通り、広々とした造りに。木目調の壁にもこだわりがみえる。

2階に設置したバスルームは、リクエスト通り、広々とした造りに。木目調の壁にもこだわりがみえる。

リビングからつながるウッドデッキは、絵理香さんのリクエスト。この夏、子ども用プールで大活躍の予感。

リビングからつながるウッドデッキは、絵理香さんのリクエスト。この夏、子ども用プールで大活躍の予感。


佐藤邸
設計・施行 株式会社ライフ・ステージ
所在地 神奈川家海老名市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 114.27 m2