IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動するこれからの心地よい住まい

IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動する
これからの心地よい住まい

ファサードに緑のスクリーン

南側に広い抜けのある敷地。自宅兼事務所を建てる場所を探していた建築家・早川友和さんは、初めてここを訪れて即決した。
「17.5坪の狭小敷地です。まわりも全く普通の住宅街。ここで自然と共存しながら未来を意識した住宅を、今までにない方法でつくりたいと思いました」。
常緑のグリーンが2階3階のバルコニーを覆い尽くすファサードは、まるで緑のスクリーン。
「南向きなので植物もよく育ちます。2、3階の住居部分は吹き抜けなのですが、窓際にはあえてフロア毎に庇を深くつけて、その天井を鏡面仕上げにしています」。
バルコニーにボックス型に配置されたプランターが庇のミラーに反射して、住居の中まで緑に包まれる雰囲気に。
「小さい住まいに慎ましやかにではなく、小さくても大らかに住まうことを大切にしたいと思います」。


大開口と庇にミラーから光を取り込む吹き抜けのLDKは、狭小敷地を感じさせない。1階の床はモルタルで。

大開口と庇にミラーから光を取り込む吹き抜けのLDKは、狭小敷地を感じさせない。1階の床はモルタルで。

あえて吹き抜けをフロアで分ける庇を深くつけた。ミラーにグリーンが映り込んで空間が広がる。

あえて吹き抜けをフロアで分ける庇を深くつけた。ミラーにグリーンが映り込んで空間が広がる。

タテ型ブラインドを通して光と植物の緑が室内に到達。植物は目隠しにもなる。

タテ型ブラインドを通して光と植物の緑が室内に到達。植物は目隠しにもなる。


グリーンに包まれたファサードが迎えてくれる。1階は早川友和建築設計事務所。

グリーンに包まれたファサードが迎えてくれる。1階は早川友和建築設計事務所。

事務所にはロフトを設けた。天井はキーストンプレートというデッキ材をむき出しに。

事務所にはロフトを設けた。天井はキーストンプレートというデッキ材をむき出しに。


未来的デザインに日本らしさを

モルタルの床に、アイアンを亜鉛めっきした階段、構造材をむき出しにした天井…。LDKは近未来的な雰囲気を漂わせる。
「建物をそのまま仕上げに見せられるような仕上がりを目指しました。狭小スペースをどう使うかも考えて、窓際には造り付けのソファーをベンチのように並べました。家具をきっちりと決めれば、無駄がないと思うんです」。
1階の事務所、バスルームへと下る階段の手前にはキッチンを配置。
「キッチン台とアイランドの間が階段につながる廊下にもなっています。その辺のアイデアは日本っぽいと言われるんですけどね」。
海外の友人が訪れることも多いという早川邸。キッチンはじめほとんどの家具は早川さんがデザインして発注したものだが、すべて日本製にこだわった。
「メイドインジャパンの技術、日本のものづくりを大事にしたいという思いがあるんです。例えばソファーの座り心地とか、細やかな心配りがモダンだけど日本っぽいねと、海外の友人に言ってもらえるのがうれしいですね」。


LDKはベンチのようなソファーを窓際、壁いっぱいに造作。ソファー下には収納も設けた。ダイニングテーブルは脚の見せ方にこだわりデザインしたもの。

LDKはベンチのようなソファーを窓際、壁いっぱいに造作。ソファー下には収納も設けた。ダイニングテーブルは脚の見せ方にこだわりデザインしたもの。

LDK脇の造作キッチンは1階へ下る階段への通り道にもなっている。シンクとアイランドの間の幅にこだわった。

LDK脇の造作キッチンは1階へ下る階段への通り道にもなっている。シンクとアイランドの間の幅にこだわった。

引出しをひとつ開けると中が3段に。すっきりと見せながら収納力も高めたいと早川さんがデザイン。

引出しをひとつ開けると中が3段に。すっきりと見せながら収納力も高めたいと早川さんがデザイン。

段ボールで作ったゴミ箱がぴったり内蔵できるよう設計。箱のようにすっきり収まる留め加工を採用。

段ボールで作ったゴミ箱がぴったり内蔵できるよう設計。箱のようにすっきり収まる留め加工を採用。


ステンレスのキッチンパネルはあえて三角形に。油ハネにもこれも充分。

ステンレスのキッチンパネルはあえて三角形に。油ハネにもこれで充分。

キッチンでの作業中、手元にスマホを置いておける場所を確保。

キッチンでの作業中、手元にスマホを置いておける場所を確保。


1階にあるバスルームはハーフユニット。まっ白な空間が清潔感たっぷり。

1階にあるバスルームはハーフユニット。まっ白な空間が清潔感たっぷり。

ジャックラッセルテリアのザックは、自由自在に室内を走り回る。

ジャックラッセルテリアのザックは、自由自在に室内を走り回る。


IoT化で生活を快適に

3階には、2面の大きな開口部のある明るいベッドルーム、倉庫兼趣味の部屋などのプライベート空間を設けた。倉庫兼趣味の部屋へは、1フロア3m程ある吹き抜けの窓際に設けられた渡り廊下を通って行く。ここで音楽にふける時間を過ごすそうだ。
「昔はデスメタルバンドを組んでいて(笑)、CDも2000枚くらい持っていたんです。本もたくさんありましたがサブスクリクションを利用したり、データ化できるものはデータ化したりして、ミニマルにしました。物質にこだわらず、その使い方だけを学んで生活に落としていきたいと思います」。
この家を語る上でもうひとつ外せないのが、住宅設備のIoT化。音声デバイス、ハブ、端末を組み合わせたシステムが日常生活をサポートする。例えば、「OK、グーグル、レベル1!」と言えば、蛍光色の照明が、「レベル2!」で電球色の電球が自動で点灯。ブラインドも音声や太陽に合わせて自動で開閉し、冬の寒い日の朝はガスヒーターがオートマチックに起動する。
「IoTはこれからの住宅の鍵になると思います。いずれ建材の一部のように浸透するのではないでしょうか。新しい技術をここで検証してお客様に提案したいと思っています」。


倉庫兼趣味の部屋は小窓が開いて、LDKを見下ろせる。建物内は赤外線からWiFi、Bluetoothまですべてのコントロールをクラウドで一括管理。

倉庫兼趣味の部屋は小窓が開いて、LDKを見下ろせる。建物内は赤外線からWiFi、Bluetoothまですべてのコントロールをクラウドで一括管理。

収納には段ボール箱を活用。細い廊下の向こうに小さな趣味の部屋が。

収納には段ボール箱を活用。細い廊下の向こうに小さな趣味の部屋が。

1階のモルタルの床に対して、2階は無垢のオーク材の床に。階段まわりにはサイザル麻が使われている。

1階のモルタルの床に対して、2階は無垢のオーク材の床に。階段まわりにはサイザル麻が使われている。


屋上ガーデニングを楽しむ

屋上で育てているグリーンも、タイマーを使って自動的に水やりができるシステムを構築。旅行など長期の外出も安心できる。まわりの住宅街が見渡せる屋上は、都会のオアシスのようなスペースだ。
「朝は夏でも涼しくて、ここでコーヒーを淹れて飲んだり、ヨガをやったりして過ごします。気持ちがいいですよ」。
育てているのは観賞用植物のほかレモン、シークァーサーなど柑橘類に、ケール、ビーツなどの健康野菜。これらをミキサーにかけてスムージーにするのだそうだ。
「ごみごみした住宅街の中でも、自給自足のような暮らしができたらなと思っています。新しい技術を使って便利にしつつ、アナログのよいところも取り入れていきたい。リビングの庇もそうですが、日本の古来の生活を新しく解釈して暮らしていきたいですね」。


都心にあって癒しスポットのような屋上ガーデン。

都心にあって癒しスポットのような屋上ガーデン。

コーヒースタンドのようなカウンターを設置。ここで朝の1杯を淹れる。

コーヒースタンドのようなカウンターを設置。ここで朝の1杯を淹れる。

3階には妻のワークスペースを。将来のリモートワークも見据えている。

3階には妻のワークスペースを。将来のリモートワークも見据えている。


「メンテナンスをしながら愛でるように暮らしています」と、一級建築士・早川友和さん。屋上で過ごす時間が新しいライフスタイルをもたらした。

「メンテナンスをしながら愛でるように暮らしています」と、一級建築士・早川友和さん。屋上で過ごす時間が新しいライフスタイルをもたらした。


めしべの家 早川邸
設計 早川友和建築設計事務所
所在地 東京都文教区
構造 鉄骨造
規模 地上3階
延床面積 90 m2