鎌倉の尾根筋の家中と外がゆるやかにつながる大開口が気持ちいい

鎌倉の尾根筋の家中と外がゆるやかにつながる
大開口が気持ちいい

ロケーションを最大限に活かした設計

鎌倉の谷戸を見渡せる素晴らしい眺望。遠くに材木座の海もキラキラと輝く。しかも小高い山の尾根筋に建っているので、反対側の樹々の眺めも美しい。

この素晴らしい場所を見つけたのが、イギリスに20年お住いの古関千寿子さん。今も年に2ヶ月ほどは家族のいるイギリスで暮らしているのだそう。
「横浜に実家があるのですが、日本にも自分だけの拠点が欲しくなって見つけたのがここです」と千寿子さん。

「建築家の佐藤浩平さんは友人に紹介していただきました。千寿子と気が合うと思うから会ってみたら?、と。佐藤さんにお会いしてまず聞かれたのが、『残りの人生をどう過ごしたいですか?』でした。人生観からスタートした家づくりは、とても楽しかったです」


手前と奥の大きな窓を開け放てば、中と外が一体となった気持ちのよい空間となる。右の煉瓦の壁は外~中~外と連続することで中と外の境界がより曖昧となる。

手前と奥の大きな窓を開け放てば、中と外が一体となった気持ちのよい空間となる。右の煉瓦の壁は外~中~外と連続することで中と外の境界がより曖昧となる。

 鎌倉の小高い山の尾根に建っているので、両サイドの眺めが抜群。誰からも見えない秘密基地のようだ。

鎌倉の小高い山の尾根に建っているので、両サイドの眺めが抜群。誰からも見えない秘密基地のようだ。

冬は部屋の奥まであたたかな太陽の光が射し込む。薪ストーブの燃料は、木造住宅を建てる時に出る端材をタダで譲り受ける。

冬は部屋の奥まであたたかな太陽の光が射し込む。薪ストーブの燃料は、木造住宅を建てる時に出る端材をタダで譲り受ける。


1階の個室のドアは、木製の電柱を薄く切って10年間雨風にさらした材料で作られている。

1階の個室のドアは、木製の電柱を薄く切って10年間雨風にさらした材料で作られている。

イギリスのアンティークの煉瓦。青く塗られた煉瓦がチャームポイントに。

イギリスのアンティークの煉瓦。青く塗られた煉瓦がチャームポイントに。


古民家の梁を柱に

完成した家は、ロケーションの魅力を最大限に引き出した形。両側に開けた大きな窓から、素晴らしい眺望が楽しめる。

地面にそのまま基礎のコンクリートを打っているので、家の外と中に段差がない。さらにテラスと家の中の床が同じ素材の石を使うことで、大きな窓を開け放てばどこからが家の中でどこからが外なのか、境界が曖昧になる。
冬は日差しで暖められたコンクリートが夜まで暖かく、太陽の高い夏は床面が照らされないので冷んやりと気持ちがいいのだとか。

柱に古民家の梁、壁にはイギリスのアンティークの煉瓦が使われ、年月が育んだぬくもりが感じられる。煉瓦の壁はゆるやかにカーブしているので、包み込まれるような安心感もある。インドネシアで買ったオランダのアンティークのブラケットライトや、日本の大正時代の外灯など、照明器具もアンティークのものをこだわって選んでいる。


ゆっくり湯船に浸かりながら、緑の樹々を眺め、鳥の声を聴くのが至福の時なのだとか。

ゆっくり湯船に浸かりながら、緑の樹々を眺め、鳥の声を聴くのが至福の時なのだとか。

壺の奥が浴室の窓。「私ひとりならば必要ないのですが、お客様と裸で鉢合わせをしないよう、進入禁止の意味で置きました」

壺の奥が浴室の窓。「私ひとりならば必要ないのですが、お客様と裸で鉢合わせをしないよう、進入禁止の意味で置きました」

ご家族はロンドン在住、海外出張も多い古関さんらしい世界時計。普段見ないTVは棚の中に収納され、扉を開けないと見えない。

ご家族はロンドン在住、海外出張も多い古関さんらしい世界時計。普段見ないTVは棚の中に収納され、扉を開けないと見えない。


広いI型キッチン。客人と肩を寄せ合いながらの料理が楽しい。千寿子さんがイギリスの伝統料理を振る舞うことも。

広いI型キッチン。客人と肩を寄せ合いながらの料理が楽しい。千寿子さんがイギリスの伝統料理を振る舞うことも。


薪ストーブを囲んで友と語らう

「友との語らいが人生の最高の贅沢です」と千寿子さん。友人を招いてゆっくり語り合える大きなテーブル、そして肩を並べて料理を楽しめるキッチン。
「薪ストーブを壁際ではなくリビングの中央に置いたのは、ストーブを囲んで友人と会話を楽しみたかったからです」

暖かくなったら、アプローチや庭の植栽にも挑戦したいとのこと。これからどのようにこの家が育っていくのか、とても楽しみだ。


インドネシア産の材木の天板に、鉄板の脚をつけたテーブル。この大きなテーブルを囲んで会話を楽しむひとときが大好きなのだそう。

インドネシア産の材木の天板に、鉄板の脚をつけたテーブル。この大きなテーブルを囲んで会話を楽しむひとときが大好きなのだそう。

仕事部屋にはサイザル麻を敷いた。古材を使ったドアを開けると、1階とは思えない開けた景色が広がる。

仕事部屋にはサイザル麻を敷いた。古材を使ったドアを開けると、1階とは思えない開けた景色が広がる。

大胆な開放感と同時に、柔らかくカーブしている壁に包み込まれるような安心感も。


古民家で使われていた柱を構造材にして、しっとりと落ち着いた雰囲気の建物になった。

古民家で使われていた柱を構造材にして、しっとりと落ち着いた雰囲気の建物になった。

このトンネルの先に、プライベート感たっぷりの古関邸がある。

このトンネルの先に、プライベート感たっぷりの古関邸がある。

古関さんがいなくても、子どもや友人に中に入って寛いでもらえるよう、PINコードを使った鍵のついたドアもある。

古関さんがいなくても、子どもや友人に中に入って寛いでもらえるよう、PINコードを使った鍵のついたドアもある。


佐藤浩平建築設計事務所
所在地 神奈川県鎌倉市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 87.84 m2