葉山の景観に溶け込む広大な庭とともに暮らす真っ白な平屋の家

葉山の景観に溶け込む広大な庭とともに暮らす
真っ白な平屋の家

庭のグリーンを自らアレンジ

緑豊かな葉山の地に、小川さんが家を建てたのは7年程前。
「都内で2年くらい土地を探していたのですが、理想的なものになかなか出会えなくて。それが葉山に来て1日で決まったんです」。
坂道を下ったところに開ける広大な敷地。その向こうには野生の鯉も泳ぐ小川が流れている。
「初めて来たときは雑草だらけで、その中にボロボロの小屋が建っているだけでした。でもひと目でここだ、と思ったんです」。
敷地面積のほとんどを占める庭には、小川さんが選んだ植栽を、大きいものは業者に頼み、小さいものは自分で植樹。7年を経て見事に大きく成長した。
「庭は洋服のコーディネートと同じ。咲く花や葉っぱの色、形を想定して植えるものを選びました」。
赤系の葉やシルバーグリーンの葉など、多彩なグリーンが森のように茂る中に、真っ白な平屋の家が静かに佇む。


広大な庭には100種類ほどの樹木が茂る。

広大な庭には100種類ほどの樹木が茂る。

坂道を下ったところに開ける平らな敷地に、ひっそりと佇む。

坂道を下ったところに開ける平らな敷地に、ひっそりと佇む。

庭の向こうに流れる小川。川遊びをしたり、ターザンロープで遊んだり。

庭の向こうに流れる小川。川遊びをしたり、ターザンロープで遊んだり。

成長した葉の色や形なども考慮して、グリーンをコーディネート。

成長した葉の色や形なども考慮して、グリーンをコーディネート。


自然を邪魔せず一体となる

「最初は中古でも良かったのですが、土地が気に入ったので建てるしかなくなったんです。HPを見てイメージが合った設計事務所に依頼しました」。
小川さんが望んだのは“生活する家”であること。
「最初の案はL字型のガラス張りで、別荘っぽかったんです。毎日暮らす家なので、もっとシンプルな間取りが望みでした。天窓などもつけないで、できるだけフラットな形にしてもらいました」。
十字の壁を軸に、広々としたLDK、ベッドルーム、子供部屋、ゲスト用の和室などが並ぶ。
「当初は木造の2階建てを建てるつもりだったのですが、建築家が出してきたのが平屋の造りだったんです。2階建てにすると家の後ろの木が隠れてしまうし、光や風を邪魔してしまう、と。それを聞いてなるほどなと思いました。まわりの環境に合わせて設計することで自然といっしょになれる、ということはそれまで考えていなかったですね」。
庭に向けて開かれたLDKの大きな開口部はもちろん、玄関もトイレも、窓のない空間は存在しない。光と風が通り抜けるフラットな家は、まわりの景観と一体となって、葉山の自然の中に暮らす醍醐味を味わわせてくれる。


庭に面した開口部から明るい日がいっぱいに差し込むLDK。

庭に面した開口部から明るい日がいっぱいに差し込むLDK。

無垢の床と窓の外のグリーンが清々しいダイニング。キッチンは奥様のリクエストで、庭向きにキッチン台を設置。

無垢の床と窓の外のグリーンが清々しいダイニング。キッチンは奥様のリクエストで、庭向きにキッチン台を設置。

開口部が大きく取られた玄関は、明るく開放的。モルタル敷きの土間のような雰囲気。

開口部が大きく取られた玄関は、明るく開放的。モルタル敷きの土間のような雰囲気。

トイレの窓から、ガラス戸を通して洗面所まで光が届く。

トイレの窓から、ガラス戸を通して洗面所まで光が届く。


玄関から一直線に伸びる廊下。アーティストやお子さんたちの作品が飾られてギャラリーのよう。

玄関から一直線に伸びる廊下。アーティストやお子さんたちの作品が飾られてギャラリーのよう。

和室はリクエストして設けた。ゲストの宿泊にも便利。

和室はリクエストして設けた。ゲストの宿泊にも便利。


カラフルな色彩が映える

月日が経つにつれ表情が変わっていくのも魅力の無垢のナラ材の床、十字型の漆喰の壁。自然素材が活かされたシンプルで直線的な箱は、小川さんの選んだインテリアが彩りを添えている。
「いちばん最初に買ったのはリビングのソファーです。それを基準に色々と揃えていきました」。
チュニジアのアンティークのキリムを使ったソファーの色、キッチンのオープンシェルフに収められた食器の色、壁に飾られたアーティストや子供たちの作品の色。様々な色彩が溢れているのが魅力。
「気に入った物が見つかるまで絶対買いたくないんです。だから、子供たちの勉強机もいまだに無いんです」。
納得のいくものがなかった子供部屋のベッドは、1段のベッドを無理やり積み重ねて2段にして、DIYで色を塗った。包装紙を額装したり、フライングタイガーで購入したフラッグを飾ったり、子供部屋にも楽しさが溢れている。


色彩があふれ、創造性に富んだ子供部屋。後ろの山の木々も鮮やか。

色彩があふれ、創造性に富んだ子供部屋。後ろの山の木々も鮮やか。

ダイニング脇の壁に、家族の思い出などをディスプレイ。

ダイニング脇の壁に、家族の思い出などをディスプレイ。

アンティークのキリムを使ったソファーはイギリス製。

アンティークのキリムを使ったソファーはイギリス製。


ツェツェ・アソシエのキッチンラックで、食器を見せて収納。

ツェツェ・アソシエのキッチンラックで、食器を見せて収納。

ダイニングの一角の窓は、子供たちが自由にお絵かきできる場。

ダイニングの一角の窓は、子供たちが自由にお絵かきできる場。


小川家の一員、ジョニー11歳(♂)。

小川家の一員、ジョニー11歳(♂)。

海まで徒歩10分。家族でお散歩に。

海まで徒歩10分。家族でお散歩に。


家も家族ものびやかに

庭では、アンティークのテラコッタで作った小道や、錆びついた椅子やオブジェが味を出す。
「家も庭も、アメリカ的にはしたくない。ヨーロッパ風にしたいと思いました」。
ヨーロッパのガーデンのような敷地の中、取り付けられたブランコや鉄棒、ターザンロープなどで遊ぶ子供たち。大木にもはしごを使ってあっという間に登ってしまう。
「ここで暮らすとこういう風に育ちます(笑)」と、小川さん。
「自然を求めて葉山に来たわけではないのですが、ここに住んでみると、もっと奥まったところにいきたいと思いますね。他の建物が視界に入らない湖畔とか」。
喧噪を離れた場所に、家族だけの満ち足りた時間があった。


屋根に凹凸のない平屋の贅沢な造り。湿気対策のため、床は地面から少し上げられている。窓を開け放てば風が通り抜け夏も心地よい。

屋根に凹凸のない平屋の贅沢な造り。湿気対策のため、床は地面から少し上げられている。窓を開け放てば風が通り抜け夏も心地よい。

庭のテーブルでは朝食を食べたり、バーベキューを楽しんだりしている。姫リンゴ、ジューンベリー、ザクロなども植えられ、実はそのまま食べたりジャムにしたりするそう。

庭のテーブルでは朝食を食べたり、バーベキューを楽しんだりしている。姫リンゴ、ジューンベリー、ザクロなども植えられ、実はそのまま食べたりジャムにしたりするそう。

外壁用のアンティークのテラコッタを敷き、小道に。

外壁用のアンティークのテラコッタを敷き、小道に。

シャビーな小物を使い、ヨーロッパ風にアレンジ。

シャビーな小物を使い、ヨーロッパ風にアレンジ。


あちこちにDIYで作ったオブジェや遊具が。

あちこちにDIYで作ったオブジェや遊具が。

大きなタブノキにははしごをかけ、子供の遊具に。

大きなタブノキにははしごをかけ、子供の遊具に。