アトリエ

アトリエ

古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び創作を楽しむ家古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び
創作を楽しむ家
木を活かした造りに、味のある古道具。夫婦ふたりで協力し合い、カフェのような温かな空間を作り上げていった。
フレンチシックに大改装アンティークを活かす手作りアイデアに溢れた家フレンチシックに大改装アンティークを活かす
手作りアイデアに溢れた家
布小物作家の田中さんの自宅は、ひと針ひと針縫い上げるその作品のように、味わいのあるフレンチシックな手作り空間に改装されていった。
傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む巣箱のような家傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む
巣箱のような家
猿田さんがこの家の設計でこだわったのは、家の前にある大きな木にぶら下がる“巣箱のような家”を実現することだった。
 
ショップ併設の3階建てリフォームがきっかけでハンドクラフトの道へショップ併設の3階建てリフォームがきっかけで
ハンドクラフトの道へ
中古住宅を購入しDIYを始めたことから、木工に目覚めた鈴木美紀さん。自邸は自ら作ったパイン材の建具や家具で統一された、ぬくもりある空間だ。
家族総出でDIY手作りの温もりが伝わる白壁の別荘風一軒家家族総出でDIY手作りの温もりが伝わる
白壁の別荘風一軒家
登山客で賑わう高尾山の近く。住宅地として開発された山の頂上の築28年の一軒家をDIYで大改築。白壁の別荘風一軒家を作り上げた。
ナチュラルに彩りをプラス屋根裏アトリエのある創作空間に暮らすナチュラルに彩りをプラス屋根裏アトリエのある
創作空間に暮らす
アクセサリー作家の柿岡さんが目指したのは、四角い白い家。白い箱のような空間は、柿岡さんが創りあげる作品のように豊かな感性にあふれている。
 
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
造形作家の住む家ほとんどの家具が手作り創作と暮らしが共にある住まい造形作家の住む家ほとんどの家具が手作り
創作と暮らしが共にある住まい
東京から益子に移り住んで、3軒目の住まい。自分たちで床をフローリングに張り替え、壁や天井にペンキを塗り、薪ストーブを据えた。
間口5.5mながら広く、明るい空間大きな吹き抜けとリゾート気分の浴室のある家間口5.5mながら広く、明るい空間大きな吹き抜けと
リゾート気分の浴室のある家
現代アートの作家、石田さんがまずこだわったのはアトリエの広さ。妻のユイコさんがこだわったのはリビングの広さと明るさだった。
 
ハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、手づくりの暖かさの残る暮らしハンドメイドへのこだわり長屋門をDIYした仕事場と、
手づくりの暖かさの残る暮らし
靴職人の相馬紳二郎さんが仕事場として使っているのは、武家屋敷で江戸時代から作られるようになった"長屋門"という建築スタイルの建物。
こだわりを散りばめて戸建てで実現させたアトリエ併設の住まいこだわりを散りばめて戸建てで実現させた
アトリエ併設の住まい
自然豊かな郊外の住宅地に建つ、北村さん夫妻の住まい。一歩足を踏み入れると、輸入壁紙やアンティークの家具が配されたこだわりの空間が広がる。
創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、工房はセルフビルド創作と暮らしの場を自分の手で母屋は明治の古民家を移築、
工房はセルフビルド
陶芸家の矢津田さんのお宅は、明治4年築の古民家を移築した建物。工房として使っている建物は、矢津田さん自身がセルフビルドしたものだ。
 
建築家たちの秘密基地“明るい小屋”で楽しく、自由に暮らす。建築家たちの秘密基地“明るい小屋”で
楽しく、自由に暮らす。
「月光を浴びながら寝るのはほんと幸せですね」。こう話すのは建築家の比護結子さん。屋根の6割をトップライトにした秘密基地のような家で暮らす。
ものづくりへの思いを結集  光と風と緑。 自然を感じる邸宅 ものづくりへの思いを結集 光と風と緑。
自然を感じる邸宅
緑に囲まれた環境に佇む欧風の一軒家。ライフスタイルショップを営む金澤さんの自宅は、インテリア雑誌の1ページのように美しい。
抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション好きなモノに囲まれた住まい抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション
好きなモノに囲まれた住まい
代々営んで来た銭湯をリノベーションして住まい兼アトリエに。もともとの雰囲気をいかしつつ、自分たちらしい空間をつくりあげた。
 
懐かしさと温かさ手を加えることで近づく家族の理想の形懐かしさと温かさ手を加えることで近づく
家族の理想の形
イメージは、“西洋に憧れる大正時代の日本人”。古いものが好きだという夏目あや子さんの思いがつまった家は、2年前に建てられた。
元鉄工所を気持ちのいい空間に柔らかな発想で生まれた家に子どもたちも大喜び!元鉄工所を気持ちのいい空間に柔らかな発想で生まれた家に
子どもたちも大喜び!
革職人の曽田さんの家は下町の元鉄工所。鉄屑を処分するのに半年、それから壁を削って、内装工事をして、住めるようになるまで1年かかった。
森の中の住居と仕事場白い器を生む陶芸家の住まい森の中の住居と仕事場白い器を生む
陶芸家の住まい
陶芸家のwakaさんは、東京から益子の町に移り住み、作陶家の道を本格的に歩みはじめる。住居とアトリエを構えたのは13年前のこと。
 
手作りでアレンジ独創性を発揮する家は白いキャンバス手作りでアレンジ独創性を発揮する
家は白いキャンバス
ネオ・パッチワークのクリエイターのユーゴさんが一軒家を建てたのは3年前。半地下にアトリエ、1、2階に家族、愛猫と暮らす自宅を構える。
創作とともにある暮らし木、鉄、土。自然素材を生かし作家が手作りした家創作とともにある暮らし木、鉄、土。自然素材を生かし
作家が手作りした家
土・木・鉄。KINTAさんは素材が持つ声に耳を傾け、それらの声に沿って作品作りをするアーティスト。そんなKINTAさんが建てた家とは?
ジュエリーデザイナーの感性を結集時を超えたオリジナルワールドジュエリーデザイナーの感性を結集時を超えた
オリジナルワールド
ジュエリーデザインを手がける香取亮さんと鴨下優子さん夫妻。1年前に建てられた新居は、先鋭的でありながら、どこかノスタルジックで温かい。
 
スタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つモダン邸宅と校倉造のアトリエスタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つ
モダン邸宅と校倉造のアトリエ
「家ってなんだろう、モダン建築とはどういう意味を持つものなのか、この別荘を設計し、深く考えるようになりました」と、建築家の町田泰彦さん。
美術作家のスタイルのある暮らしアトリエ→台所→風呂小屋と、広がる住まいに完成図はない美術作家のスタイルのある暮らしアトリエ→台所→風呂小屋と、
広がる住まいに完成図はない
東京から住まいとアトリエを移したのが1999年。700坪ある土地にプレハブを建てた。その後必要に応じて、自らの手でいくつもの小屋を建ててきた。
クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在エクレクティックが心地よいクリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在
エクレクティックが心地よい
クリエーター夫妻の住居は、ジュエリー製作のアトリエだった建物を改装したもの。むき出しの鉄骨に真っ白な壁が、モダンな雰囲気を醸し出す。
 
変化を続ける家自分たちで家を造ることが生活の一部になっている変化を続ける家自分たちで家を造ることが
生活の一部になっている
木工作家の高山さんの家は、中古のプレハブがベース。家のアイコンにもなっている窓やサッシも、解体される知人の家から譲り受けたものだ。
アトリエと住居をひとつに-2-アトリエは作業効率を重視し徹底的にカスタムアトリエと住居をひとつに-2-アトリエは作業効率を重視し
徹底的にカスタム
カスタムペインターの倉科昌高さんが作品を制作するアトリエがここ1階。クルマくらいの大きさのものはここで作業ができる。
アトリエと住居をひとつに-1-大空間ではずむ家族との会話アトリエと住居をひとつに-1-大空間ではずむ
家族との会話
カスタムペインターの倉科昌高さんがこの家に越してくる前は、作品を制作するアトリエと住まいとを分けていた。