素材感
new! 素材、工法、設備にこだわりの工夫都心の狭小地で快適に暮らす素材、工法、設備にこだわりの工夫都心の狭小地で
快適に暮らす
住宅が建ち並ぶ路地でスチールの出窓と入口が目を引く川久保邸。間口3.3mの敷地に建てられたこの家には、さまざまな工夫が詰め込まれている。
海辺の町に暮らす大きな格子の窓がリビングに豊かな表情を作る海辺の町に暮らす大きな格子の窓が
リビングに豊かな表情を作る
海まで2分。都内のコーポラティブハウスから、自然豊かな大磯の住宅地へ。2匹のフレンチブルドッグも嬉しそうに芝生の庭を駆け回る。
住環境とパーティ仕様にこだわる旗竿敷地につくられた明るく広い家住環境とパーティ仕様にこだわる旗竿敷地につくられた
明るく広い家
旗竿敷地に建つK邸。こだわったのは、明るく広い造りにすることと、大人数のパーティに対応し、快適な冷暖房システムを導入することだった。
 
古い民家をリノベーション木の風合いと民芸品を楽しむ“普通”が心地よい家古い民家をリノベーション木の風合いと民芸品を楽しむ
“普通”が心地よい家
切り絵作家のYUYAさんとパン教室主宰・スパロウ圭子さんは、築30年の家をリノベーション。アトリエのある暮らしをスタートさせた。
眺望の良さに惚れ込んで多角的に風景を愉しむ坂の上のおおらかな暮らし眺望の良さに惚れ込んで多角的に風景を愉しむ
坂の上のおおらかな暮らし
眺望に惹かれて高台で暮らすNさんご一家。キッチンを中心としたワンルームの大空間や2階のセカンドリビングから風景を存分に愉しんでいる。
中2階に中庭を作る中庭の光を家の中にたっぷり取り込む中2階に中庭を作る中庭の光を家の中に
たっぷり取り込む
中庭のテラスを中心に、グルリと居心地のいい場所が連続している。その中庭が、1階と2階の間の高さに位置しているのがとてもユニークだ。
 
太陽の動きを感じられる家都市の中の自然を最大限、享受する太陽の動きを感じられる家都市の中の自然を
最大限、享受する
鹿嶌さんと佐藤さんの建築家夫妻は、厳しめの敷地条件でも、採光などを工夫していかに住み心地のいい家をつくれるかを考える良い機会と捉えた。
やりたいことをわがままに実践癒しの空気感も漂うインダストリアルな空間やりたいことをわがままに実践癒しの空気感も漂う
インダストリアルな空間
ガルバリウム鋼板の中古物件をリノベーションしたYさん。むき出しの梁にラワン合板の壁、インダストリアルな中にも癒しの雰囲気が流れる。
我が家はリゾートふつうの生活空間に非日常感を組み込んで我が家はリゾートふつうの生活空間に
非日常感を組み込んで
旅行好きで「リゾート地にいるような生活が家でもできたら」と考えていた鈴木夫妻。家づくりのキーワードは、当然ながら“リゾート”であった。
 
家の誕生とともに新しい家族も子どもの成長に寄り添う心からくつろげる住まい家の誕生とともに新しい家族も子どもの成長に寄り添う
心からくつろげる住まい
“カフェのようにゆったりとした時間が過ごせる家”を希望したNさん夫妻。光と素材を生かした落ち着く空間を、見せる収納で彩り、暮らしている。
どこでも仕事のしやすい家しっとりと落ち着いた環境でゆとりをもって生活するどこでも仕事のしやすい家しっとりと落ち着いた環境で
ゆとりをもって生活する
「土地のオーラのようなもの」が気に入って鎌倉の敷地を購入した後藤さん。しっとりと落ち着く雰囲気も気に入ったポイントだったという。
ハイサイドの柔らかな光が美しい友人の建築家とともに家具職人がセルフビルドハイサイドの柔らかな光が美しい友人の建築家とともに
家具職人がセルフビルド
家族4人が暮らす家は、家具職人の鈴木亮佑さんがセルフビルドで建てた家。友人の建築家、工務店、友人の協力があって実現した。
 
葉山の景観に溶け込む広大な庭とともに暮らす真っ白な平屋の家葉山の景観に溶け込む広大な庭とともに暮らす
真っ白な平屋の家
葉山の景観に寄り添うように建つ白亜の平屋。小川さんは、庭の緑を育てながら、自然の中での家族との暮らしを楽しんでいる。
遊び心を忘れない少しずつ変化していく完成しない家遊び心を忘れない少しずつ変化していく
完成しない家
木工作家の夫とギャラリストの妻がつくる家。秘密基地のような遊び心をくすぐる家は、試行錯誤の積み重ねで進化し続けている。
リクエストは大テーブルと土間大きな屋根の下につくられた開放的空間リクエストは大テーブルと土間大きな屋根の下に
つくられた開放的空間
千葉県流山市の敷地に建つ加藤邸。建物の高さを抑える一方で大きな屋根をいただいた加藤邸の家づくりの出発点は、「家らしい家」だった。
 
ピアノを囲んで心弾む時間大人も子どもも集う楽しさと豊かさが溢れる暮らしピアノを囲んで心弾む時間大人も子どもも集う
楽しさと豊かさが溢れる暮らし
「食べることも人を招くことも大好き」とAさん夫妻。キッチンやピアノを囲んで、大勢のゲストが思い思いに過ごせる居場所の多い家を望んだ。
シンプル空間で色と素材に拘る生活に張りをもたらす静かで端正な空間感シンプル空間で色と素材に拘る生活に張りをもたらす
静かで端正な空間感
100%LiFEの紹介記事が気に入り、その住宅を設計した建築家に依頼。シンプルな中に拘ってつくり込んだディテールに惹かれたのだという。
多肉植物と暮らすシンプルな箱にアンティーク豊かに佇む「小さな家」多肉植物と暮らすシンプルな箱にアンティーク
豊かに佇む「小さな家」
「温室を建てたくて」郊外に。「solxsol」の松山美紗さんは、コルビジェの「小さな家」をイメージした、自然に溶け込む家に暮らす。
 
いい塩梅の家づくり田の字型のシンプルな間取りが日々の暮らしを支える住まいいい塩梅の家づくり田の字型のシンプルな間取りが
日々の暮らしを支える住まい
米農家を営む山崎さん一家が建てた住まいには、機能も楽しみもほどよいバランスでちりばめられている。厳しい農作業や忙しい日々を包み込む家。
居場所のたくさんある家緑豊かな環境のなかでおおらかに暮らす居場所のたくさんある家緑豊かな環境のなかで
おおらかに暮らす
時間をかけて土地を探した早瀬夫妻。杉林と落葉樹が鬱蒼と茂る森に挟まれた逗子の敷地に決めたのは、自然の中で住みたいという思いからという。
収納のプロの技が光る三次元的な敷地を愉しむシンプルモダンな住まい収納のプロの技が光る三次元的な敷地を愉しむ
シンプルモダンな住まい
高低差の激しい敷地を活かし、内外をスキップフロアで構成。多彩な素材を配したモダンな空間は、シンプルな中にもオリジナリティに溢れていた。
 
雨が降ると池が出現子どもの成長を見守りながら外を感じて過ごせる家雨が降ると池が出現子どもの成長を見守りながら
外を感じて過ごせる家
池田岳郎さん・亜希子さん夫妻のお宅の前庭には、雨水を溜めると大きな水盤が現れるシカケがある。夏はここで子ども達が存分に水遊びを楽しめる。
壁で区切りながらも繋がった空間コンクリートとスチールの素材感にこだわってつくる壁で区切りながらも繋がった空間コンクリートとスチールの
素材感にこだわってつくる
1年ほど前に自邸を建てた建築家の川辺さん。外壁のような粗いコンクリート仕上げを採用した室内は、意外にもソフトで落ち着く空間になった。
曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない開かれた街のスタンド曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない
開かれた街のスタンド
建坪8.8坪に、自宅兼事務所、ときにカフェスペースを併用。建築家・落合正行さんの自邸は、アイデアと創意が溢れていた。
 
プライバシーと開放感を両立日々の暮らしを豊かにするアウトドアリビングのある家プライバシーと開放感を両立日々の暮らしを豊かにする
アウトドアリビングのある家
隣家に囲まれた旗竿敷地で、プライバシーを守りつつも開放感のある家を希望。中庭を有効活用した半戸外空間でのびやかな暮らしを満喫している。
戦時中の木造家屋をリノベする曽祖父から家を受け継ぎ味わいを生かして再生戦時中の木造家屋をリノベする曽祖父から家を受け継ぎ
味わいを生かして再生
1941年築。曽祖父が戦時中に建てた家を、曾孫の松本遼太さんが再生させた。遼太さんにとっても、思い出がたくさん残っている家だ。
家族の顔がすぐ見える家緑豊かな環境で、開放的かつ戸外の雰囲気をもつ空間を創る家族の顔がすぐ見える家緑豊かな環境で、開放的かつ
戸外の雰囲気をもつ空間を創る
大田区の自然豊かな環境。H夫妻は、この土地で「ゆったりとして開放的な空間」「常に家族の顔が見える空間」などをテーマに家づくりを始めた。
 
バイクガレージのある家条件の厳しいひな壇地で快適住宅をつくるバイクガレージのある家条件の厳しいひな壇地で
快適住宅をつくる
バイクガレージのある家をつくろうと思った馬場夫妻。見つけた敷地はひな壇上に家が建ち並ぶ住宅地の一角で、課せられた条件が厳しい土地だった。
家族の思い出を奏でる家の中にトンネルが出現!遊び心を散りばめた独自の空間家族の思い出を奏でる家の中にトンネルが出現!
遊び心を散りばめた独自の空間
ひと手間加えた自然素材にヴィンテージ家具がマッチしたカッコイイお宅。隠し部屋やトンネルまで出現し、ワクワクした暮らしを楽しんでいる。
三角屋根の広々空間家族で楽しみたいから音楽室はリビングの横に三角屋根の広々空間家族で楽しみたいから
音楽室はリビングの横に
音楽が縁で知り合った井上真史さんと沙織さんが家を建てる時に必ず作りたかったのが、楽器の演奏を楽しむための部屋……音楽室だったそう。
 
「楽しめる(FUN)家」をつくるシンプルで洗練された落ち着き感のある空間「楽しめる(FUN)家」をつくるシンプルで洗練された
落ち着き感のある空間
鈴木邸の家づくりのテーマは「楽しめる(FUN)家」。同じコンセプトであるソファと一体として実現した空間は、洗練されたシンプルさが特徴だ。
実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する坂の上の開かれた家実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する
坂の上の開かれた家
人気カフェなどの設計を手がける、建築家の加藤匡毅さんは、築40年ほどの物件をリノベーション。キッチンを中心に交流が生まれる空間が広がる。
シェアオフィスも併設人とつながる、都心の“実験住宅”シェアオフィスも併設人とつながる、
都心の“実験住宅”
吉田夫妻は都心で一家3人のための家を建てる際、外部に対して閉じずに人とのつながりをつくることを考え、地下部分にシェアオフィスを設けた。