Style of Life
三角屋根に小さな窓アウトドア好きのふたりが作る山小屋のような家 三角屋根に小さな窓アウトドア好きのふたりが作る
山小屋のような家
家を建てるなら、山小屋のような家を作りたい。アウトドア用品のインポートの仕事をする田中嵐洋さんも、妻の佳代子さんも同意見だった。
自然と呼応するシンプルな造り住む人が描いていく家は白いキャンバス 自然と呼応するシンプルな造り住む人が描いていく
家は白いキャンバス
自然豊かな地に、美術家・青木聖吾さんは6年前アトリエ兼住居を建てる。目指したのは“シンプルでミニマルな白い箱のような家”だった。
インダストリアル・スタイル武骨な機能美をライフスタイルに取り入れる インダストリアル・スタイル武骨な機能美を
ライフスタイルに取り入れる
黒のガリバリウムの外観が目を引く一軒家。金属の素材感、天井や床の色、壁の色などが、それぞれの場所で様々な表情を見せる。
 
大工棟梁の家  「茶室」という 聖域のある住まい 大工棟梁の家 「茶室」という
聖域のある住まい
設計から施工まで一貫して請け負う「鯰組」代表・岸本氏の自邸。地下に茶室、リビングに暖炉、屋上テラスと見所満載で、家造りの可能性を追求。
葉山の絶景を楽しむシンプルな箱を自分流に変化させて住む 葉山の絶景を楽しむシンプルな箱を
自分流に変化させて住む
目の前にさえぎるものがなにもない、素晴らしい眺望。渡部夫妻は以前住んでいたこの地に、シンプルな四角い箱のような家を建てた。
コンセプトはとにかくシンプルに四角い箱に収納された楽しく生活・仕事のできる空間 コンセプトはとにかくシンプルに四角い箱に収納された
楽しく生活・仕事のできる空間
「モテリーマン」など独特のユーモア感覚漂うイラストで人気の浦野周平さんの自宅のコンセプトは「とにかくシンプルに」だった。
 
センスが光る家づくりこだわり尽くして作った心から生活を楽しめる家 センスが光る家づくりこだわり尽くして作った
心から生活を楽しめる家
「持っている家具を活かしたいということと、人が集まった時にみんなが居心地が良くなるような空間をつくりたかった」と話すのはT邸の奥さん。
子供と楽しむ海辺の生活シンプルな白い箱に、こだわりとアイデアを凝縮 子供と楽しむ海辺の生活シンプルな白い箱に、
こだわりとアイデアを凝縮
鎌倉に家を建てたのは、子供が生まれたことがきっかけだった。海も山も近くにある、自然に恵まれたところで育てたいね、と妻と話して決めました。
roaster-1- Bean to bar 専門店富ヶ谷「Minimal」 roaster-1- Bean to bar 専門店
富ヶ谷「Minimal」
カカオ豆の選別から、チョコレートの成型まですべての工程を行うBean to bar の専門店“Minimal“を紹介。
 
-healty&beauty-表参道に日本初の旗艦店ジョンマスターオーガニック -healty&beauty-表参道に日本初の旗艦店
ジョンマスターオーガニック
日本初の旗艦店としてオープンしたジョンマスターオーガニック トーキョー。施設内のショップ、カフェ、スパ、サロンのそれぞれの魅力をレポートする。
透明感のある美術館のような空間アート感覚漂う家でカフェを開く 透明感のある美術館のような空間アート感覚漂う家で
カフェを開く
生活に建物を合わせるのではなくて、自分たちが建物に合わせるつもりで家造りに臨んだという竹内さん夫婦。日曜には1階でカフェを開いている。
インテリアへの想いを実現ギャラリーのように鮮烈に家族を包む理想の住まい インテリアへの想いを実現ギャラリーのように鮮烈に
家族を包む理想の住まい
アイアンの門扉の向こうに建つその家は、一歩足を踏み入れると暖かで新鮮な空気に包まれる。まるで映画に登場する海外の富裕層の一軒家のよう。
 
木のぬくもりに満ちる工房とギャラリーを併設した木工作家の住まい 木のぬくもりに満ちる工房とギャラリーを併設した
木工作家の住まい
「住居以外に将来的に有効利用できるスペースをつくろう」木工作家柴原さんの住まい兼工房・ギャラリーは、歳月を経て独特の味わいを深めている。
子育てをスタイリッシュに楽しむ決めすぎない美しさモダンな空間づくり 子育てをスタイリッシュに楽しむ決めすぎない美しさ
モダンな空間づくり
アクタス社員の妻が、夫、6カ月の娘とともに暮らす家はモダンにしてシンプル、すっきりしていながら暖かさを感じさせる空間だった。
セミオーダーを楽しむ「好き」を大切につくりあげた家族みんなが心地いい住まい。 セミオーダーを楽しむ「好き」を大切につくりあげた
家族みんなが心地いい住まい。
アートディレクター、デザイナーの鈴木佳代子さんが家を建てたのは約2年前。セミオーダーのメリットを生かし、好みの空間をつくりあげた。
 
快適な暮らしの工夫を満載家族が自由に集い合う風が通り抜ける家 快適な暮らしの工夫を満載家族が自由に集い合う
風が通り抜ける家
鈴木邸のリクエストは「白い箱を下さい」というものだった。生活動線や収納など使い勝手にこだわりながらも、大らかで開放的な一軒家が誕生した。
ボタニカル・ライフいけばなで養う感性Tumbler&FLOWERS ボタニカル・ライフいけばなで養う感性
Tumbler&FLOWERS
インテリアの一部として広く親しまれているグリーン。独自の切り口で植物を取り扱う注目のボタニカルショップを紹介。
無駄を省いて快適にシンプルが美しいストレスフリーに暮らすコツ 無駄を省いて快適にシンプルが美しい
ストレスフリーに暮らすコツ
1歩中に入ると木の香りが漂い、ヒーリングムードに包まれる。整理収納アドバイザーの森山尚美さんが目指すシンプルでナチュラルな空間作りとは?
 
家がすべて大きなワンルームふたりが目指したのはマルタン・マルジェラの世界観 家がすべて大きなワンルームふたりが目指したのは
マルタン・マルジェラの世界観
ゴージャスは求めないけれどセンスがいい。そんなマルタン・マルジェラのショップのイメージの家を作りたいと思って、建築家探しから始めました。
シンプルで合理的心豊かに暮らすドイツ式の住まい方 シンプルで合理的心豊かに暮らす
ドイツ式の住まい方
ドイツ人の母を持ち海外での経験も豊富な門倉多仁亜さん。「タニアのドイツ式部屋づくり」などの著書で、家へのこだわりと思いを紹介している。
目指したのはカフェイームズを愛でる白いモダン空間 目指したのはカフェイームズを愛でる
白いモダン空間
吹き抜けのモダンなリビングに、イームズの椅子、北欧のレ・クリントの照明。星野さん夫妻の理想の空間は、4年前に誕生した。
 
ナチュラルに彩りをプラス屋根裏アトリエのある創作空間に暮らす ナチュラルに彩りをプラス屋根裏アトリエのある
創作空間に暮らす
アクセサリー作家の柿岡さんが目指したのは、四角い白い家。白い箱のような空間は、柿岡さんが創りあげる作品のように豊かな感性にあふれている。
生活の断捨離すっきりと快適に過ごす暮らしのテクニック 生活の断捨離すっきりと快適に過ごす
暮らしのテクニック
まるでモデルルームのように整然と美しく片づけられた室内。整理収納アドバイザー、村上直子さんの自宅は、どこを切り取っても絵になる美しさ。
シンプル&クール無駄を排した空間に、お気に入りの彩りを添える シンプル&クール無駄を排した空間に、
お気に入りの彩りを添える
イラストレーターの松尾たいこさんの家、半地下、1階、2階、2.5階、3階という5層構造とコンクリート打ちっ放しのモダンな造りが面白い。
 
シンプルで良質素材と構造の美を楽しむベーシックな生活スタイル シンプルで良質素材と構造の美を楽しむ
ベーシックな生活スタイル
もともと建築や空間作りに興味を持っていた田辺さん。家造りにあたり、大まかなプランは自分で図面を描いて工務店にリクエストした。
本物で構成された住まいの魅力アンティークの家具が映える、サンタフェスタイルの家 本物で構成された住まいの魅力アンティークの家具が映える、
サンタフェスタイルの家
1970年代からアメリカで暮らしてきた木堂夫妻。日本での家造りは、かつてバークレーで暮らした家のスタイルを受け継いだ。
好みはニューヨークとパリ2人のこだわりとセンスがシンプルな空間を見事に演出 好みはニューヨークとパリ2人のこだわりとセンスが
シンプルな空間を見事に演出
城野邸の設計では、切り抜き写真で希望のイメージを伝えると同時に、夫妻の好きなニューヨークとパリのテイストをリクエストしたという。
 
幅広い活動に、使い勝手のいい家生活から自然に生まれた2つのリビング 幅広い活動に、使い勝手のいい家生活から自然に生まれた
2つのリビング
「シンプルにつくってほしい」「僕らの生活を基盤にして自然に生まれてきた部屋の配置を考えてほしい」というのが建築家へのリクエストだった。
ものづくりへの思いを結集  光と風と緑。 自然を感じる邸宅 ものづくりへの思いを結集 光と風と緑。
自然を感じる邸宅
緑に囲まれた環境に佇む欧風の一軒家。ライフスタイルショップを営む金澤さんの自宅は、インテリア雑誌の1ページのように美しい。
組み合わせの妙を楽しみながら中古家具で、オリジナルで、空間をカスタマイズ 組み合わせの妙を楽しみながら中古家具で、オリジナルで、
空間をカスタマイズ
庫本邸は竣工してからまだほんの数年のお宅だが、空間に家具や小物がしっくりと馴染み込んでいて、もう少し長い時の経過を感じさせる。
 
懐かしさと温かさ手を加えることで近づく家族の理想の形 懐かしさと温かさ手を加えることで近づく
家族の理想の形
イメージは、“西洋に憧れる大正時代の日本人”。古いものが好きだという夏目あや子さんの思いがつまった家は、2年前に建てられた。
家族への思いを形に暮らしやすさを考えた風通しのいい家 家族への思いを形に暮らしやすさを考えた
風通しのいい家
吹き抜けのリビングに、明るい日差しが差し込む。スタイリスト・大沢早苗さんの自宅は、家族の理想の暮らしをイメージして建てられた。
フランス流、布使いで完成優雅さを極めたヨーロッパ風邸宅 フランス流、布使いで完成優雅さを極めた
ヨーロッパ風邸宅
真っ白な部屋に、繊細な光を放つシャンデリア。自由が丘で洋裁教室を営む、佐藤壽乃さんの自宅は、見事なほどに美しい、端正な空間だ。