Renovation
テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を継承する家テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を
継承する家
モダンデザインの打ち合わせスペースから奥の和室に向かうと、そこには、出来てから床以外は手を加えられていないまったくの別空間が現れる。
庭と縁側と照明現代になじむ日本家屋の静謐庭と縁側と照明現代になじむ
日本家屋の静謐
庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。
楽しみながらリノベーション小物から空間まで、“あるもの”を工夫して再利用楽しみながらリノベーション小物から空間まで、
“あるもの”を工夫して再利用
「友達を家に呼びたいなと思って」と石沢さん。「それで友達が集まりやすい感じの家がいいなと」
 
海辺の暮らしを満喫海辺の古い一軒家を自分らしく再生海辺の暮らしを満喫海辺の古い一軒家を
自分らしく再生
潮騒の音が聞こえる海辺の1軒家。築40年の古いコンクリート住宅を、アメリカの匂いを感じさせる快適な住まいへと変身させた梅本さん夫妻。
異国の文化を愛でる静謐な空間で感じる北欧ノスタルジー異国の文化を愛でる静謐な空間で感じる
北欧ノスタルジー
閑静な住宅街の昭和初期に建てられた民家。北欧の食やインテリアを伝える森百合子さんの自邸は森の中の一軒家を思わせるノスタルジックな空間だ。
いきものに学ぶ暮らし ものづくり夫婦が見出した 生のままの居住術 いきものに学ぶ暮らし ものづくり夫婦が見出した
生のままの居住術
海まで徒歩4分、築年数49年、昭和の戸建てに暮らすのは瀬戸けいたさん、なおよさんご夫婦。50坪を越える庭があり余裕の空間が広がる。
 
クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在エクレクティックが心地よいクリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在
エクレクティックが心地よい
クリエーター夫妻の住居は、ジュエリー製作のアトリエだった建物を改装したもの。むき出しの鉄骨に真っ白な壁が、モダンな雰囲気を醸し出す。