Renovation
築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつライフスタイルに合った空間へ築80年超の古家をリノベーション元のポテンシャルを活かしつつ
ライフスタイルに合った空間へ
建築家の相原まどかさん。「建物としてのポテンシャルが高い」この物件と出会い、住宅兼事務所として購入することにしたという。
建築家がセルフリノベーション下町の民家を低コストで大改造建築家がセルフリノベーション下町の民家を
低コストで大改造
下町の文化と風情が残る雑司ヶ谷。建築家の河内一泰さんが事務所兼自宅として生活するここは、築約50年の物件を自らリノベーションしたもの。
リノベーション+DIYインダストリアルな雰囲気とヨーロッパの優しさをMIXリノベーション+DIYインダストリアルな雰囲気と
ヨーロッパの優しさをMIX
女優の野村佑香さんは、リノベーションした家をDIYでさらにアレンジし、スタイルのある暮らしを楽しんでいる。
 
平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和するゆるやかな生活平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和する
ゆるやかな生活
夫婦でケータリングやレシピ開発の仕事に携わる堀出隼さん。築約50年の平屋の物件をリフォームし、住居兼アトリエを誕生させた。
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
フレンチシックに大改装アンティークを活かす手作りアイデアに溢れた家フレンチシックに大改装アンティークを活かす
手作りアイデアに溢れた家
布小物作家の田中さんの自宅は、ひと針ひと針縫い上げるその作品のように、味わいのあるフレンチシックな手作り空間に改装されていった。
 
陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を住まいにリノベーション陶芸家の理想の家タバコの葉の乾燥小屋を
住まいにリノベーション
益子の静かな山あいに建つ築約200年の茅葺き屋根の家、そして隣には築60年の元タバコの葉の乾燥小屋。陶芸家の鬼崎琢智さんの家と仕事場だ。
住まい+αを楽しむほしかったのは、みんなが笑顔になれる場所住まい+αを楽しむほしかったのは、
みんなが笑顔になれる場所
下町の築60年の2階建てに暮らすサノトモユキさんと牧島亜由美さん。1階をフリースペース「ニコツキ」として、定期的に開放している。
築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。自分たちらしい空間をつくる築百年の家を住みこなす大正の家をリノベーション。
自分たちらしい空間をつくる
小林夫妻が暮らす家は、大正時代に建てられたという年代物。荒れ果てていた状態からコツコツと手を入れて、自分たちらしい空間をつくりあげた。
 
一軒家を自分好みに彩るヨーロッパへの思いに溢れたアンティークの館一軒家を自分好みに彩るヨーロッパへの思いに溢れた
アンティークの館
ミモザ、キンモクセイ、サルスベリ…。木々が生い茂る美しい庭の奥に、ヨーロッパのアンティークを輸入販売する、門岡さんの館が構える。
家は日々成長する趣味は“リフォーム”刻々と表情を変える住まい家は日々成長する趣味は“リフォーム”
刻々と表情を変える住まい
インテリアショップ・アクタスで働いていたという川岸さん夫妻は、ふたりとも大の家具好き。築35年の家を少しずつリフォームしながら住んでいる。
家族で楽しむ円形プランの家こだわりのテクスチュアは古材のテイスト家族で楽しむ円形プランの家こだわりのテクスチュアは
古材のテイスト
家族との時間を大切にしたいとの思いから作られた円形プラン。未朋さんは、その曲面壁を古材のようなテイストの仕上げにすることをリクエスト。
 
古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ双子姉妹の挑戦古民家を現代に日本の伝統を受け継ぐ
双子姉妹の挑戦
手入れの行き届いた端正な日本庭園に、静謐な日本家屋。瀟洒な鎌倉の街並みに溶け込むかのように、その家は静かに佇む。
抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション好きなモノに囲まれた住まい抜群の居心地の良さ実家の銭湯をリノベーション
好きなモノに囲まれた住まい
代々営んで来た銭湯をリノベーションして住まい兼アトリエに。もともとの雰囲気をいかしつつ、自分たちらしい空間をつくりあげた。
テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を継承する家テーマは“新”と“古”の共存2世代の記憶を
継承する家
モダンデザインの打ち合わせスペースから奥の和室に向かうと、そこには、出来てから床以外は手を加えられていないまったくの別空間が現れる。
 
庭と縁側と照明現代になじむ日本家屋の静謐庭と縁側と照明現代になじむ
日本家屋の静謐
庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。
楽しみながらリノベーション小物から空間まで、“あるもの”を工夫して再利用楽しみながらリノベーション小物から空間まで、
“あるもの”を工夫して再利用
「友達を家に呼びたいなと思って」と石沢さん。「それで友達が集まりやすい感じの家がいいなと」
海辺の暮らしを満喫海辺の古い一軒家を自分らしく再生海辺の暮らしを満喫海辺の古い一軒家を
自分らしく再生
潮騒の音が聞こえる海辺の1軒家。築40年の古いコンクリート住宅を、アメリカの匂いを感じさせる快適な住まいへと変身させた梅本さん夫妻。
 
異国の文化を愛でる静謐な空間で感じる北欧ノスタルジー異国の文化を愛でる静謐な空間で感じる
北欧ノスタルジー
閑静な住宅街の昭和初期に建てられた民家。北欧の食やインテリアを伝える森百合子さんの自邸は森の中の一軒家を思わせるノスタルジックな空間だ。
いきものに学ぶ暮らし ものづくり夫婦が見出した 生のままの居住術 いきものに学ぶ暮らし ものづくり夫婦が見出した
生のままの居住術
海まで徒歩4分、築年数49年、昭和の戸建てに暮らすのは瀬戸けいたさん、なおよさんご夫婦。50坪を越える庭があり余裕の空間が広がる。
クリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在エクレクティックが心地よいクリエイティビティを刺激するモダンと伝統が混在
エクレクティックが心地よい
クリエーター夫妻の住居は、ジュエリー製作のアトリエだった建物を改装したもの。むき出しの鉄骨に真っ白な壁が、モダンな雰囲気を醸し出す。