建築家の自邸
小さい自然を楽しむ家の中と庭がゆるやかにつながる住まい小さい自然を楽しむ家の中と庭が
ゆるやかにつながる住まい
細長い敷地の形状からできた家は、中庭から光と風を取り込む。家の中と外をつなぐのは、大切に使い続けたい古いものたちと、四季を感じる庭。
5坪の土地でできること建築家と家具デザイナーの潔い住まい5坪の土地でできること建築家と家具デザイナーの
潔い住まい
建築条件と自身のライフスタイルから自然に設計された家は、驚くほどシンプル。余計なものがそぎ落とされた分、自分らしさが立ち上る空間に。
扉を開けると別世界が広がる2つの中庭がもたらす光と空ラグジュアリーなコートハウス扉を開けると別世界が広がる2つの中庭がもたらす光と空
ラグジュアリーなコートハウス
建築家の夫とインテリアデザイナーの妻がそれぞれの専門性を発揮してアトリエ兼自邸を新築。コンセプトはホテルライクでやすらげる空間だった。
 
自然素材と暮らす独立性とつながりを両立理想のシェア・マイハウス自然素材と暮らす独立性とつながりを両立
理想のシェア・マイハウス
変化した家族のライフスタイルに合わせて設計。一級建築士・奥山裕生さんの自然素材を使った自宅は、居心地の良さに包まれている。
大開口からサクラを楽しむ面積以上の広さと親密空間のある家大開口からサクラを楽しむ面積以上の広さと
親密空間のある家
建築家の藤井夫妻が苦労して見つけた敷地の目の前は、春にはサクラが咲く公園。しかし面積は12坪と狭小だった。ここから夫妻の挑戦が始まった。
光や風に満たされる地下2階、地上2階建坪8坪で豊かに住まう光や風に満たされる地下2階、地上2階
建坪8坪で豊かに住まう
規制が厳しい地に4層構成の家を建てた建築家の近藤正隆さん。2つの大胆な吹き抜けや大きな窓等で、開放的かつ一年中快適な住まいを創り出した。
 
素材,工法,設備にこだわりの工夫都心の狭小地で快適に暮らす素材,工法,設備にこだわりの工夫都心の狭小地で
快適に暮らす
住宅が建ち並ぶ路地でスチールの出窓と入口が目を引く川久保邸。間口3.3mの敷地に建てられたこの家には、さまざまな工夫が詰め込まれている。
太陽の動きを感じられる家都市の中の自然を最大限、享受する太陽の動きを感じられる家都市の中の自然を
最大限、享受する
鹿嶌さんと佐藤さんの建築家夫妻は、厳しめの敷地条件でも、採光などを工夫していかに住み心地のいい家をつくれるかを考える良い機会と捉えた。
壁で区切りながらも繋がった空間コンクリートとスチールの素材感にこだわってつくる壁で区切りながらも繋がった空間コンクリートとスチールの
素材感にこだわってつくる
1年ほど前に自邸を建てた建築家の川辺さん。外壁のような粗いコンクリート仕上げを採用した室内は、意外にもソフトで落ち着く空間になった。
 
実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する坂の上の開かれた家実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する
坂の上の開かれた家
人気カフェなどの設計を手がける、建築家の加藤匡毅さんは、築40年ほどの物件をリノベーション。キッチンを中心に交流が生まれる空間が広がる。
シェアオフィスも併設人とつながる、都心の“実験住宅”シェアオフィスも併設人とつながる、
都心の“実験住宅”
吉田夫妻は都心で一家3人のための家を建てる際、外部に対して閉じずに人とのつながりをつくることを考え、地下部分にシェアオフィスを設けた。
廃材を活用した都市型住宅ブリコラージュして家をつくる廃材を活用した都市型住宅ブリコラージュして
家をつくる
建築家の元松さんは築60年のアパートを事務所兼自宅に改修。自ら時間をかけて手がけた内装は手元の廃材を使い、居心地の良い空間へと仕上げた。
 
地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす街にも自分にも心地よい空間地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす
街にも自分にも心地よい空間
横浜・山手町に自宅兼アトリエを建てた建築家の八島正年さんと夕子さん。風致規制があるなか考え抜かれた家は、美しい街並みに調和していた。
リノベーションの可能性築62年の古家を再生した建築家の自邸リノベーションの可能性築62年の古家を再生した
建築家の自邸
建築家の堀泰彰さんと妻の薫さん。出会った中古住宅をリノベーションすることで、個性が光る魅力的な空間へと生まれ変わらせた。
海を愛する建築家の自邸海まで3分。カリフォルニアスタイルのヴィンテージハウス海を愛する建築家の自邸海まで3分。カリフォルニア
スタイルのヴィンテージハウス
数々のカリフォルニアスタイルの家を手がけてきた建築家・岩切剣一郎さん。満を持しての自邸は、茅ヶ崎の築約40年の平屋のヴィンテージハウス。
 
建築家の自邸温もりあふれる木の家に創意工夫を散りばめて建築家の自邸温もりあふれる木の家に
創意工夫を散りばめて
埼玉県行田市の建築家・金子正明さんの自邸。緑豊かな環境に馴染む木の家は、細部まで考え抜かれ住み心地の良さが追求されている。
どこにいても自由で楽しい家4面すべてガラスの開放空間に鎌倉の空気感を取り込むどこにいても自由で楽しい家4面すべてガラスの開放空間に
鎌倉の空気感を取り込む
自然とともに鎌倉の空気感を感じられる家にしたいと考えた建築家の石井さん。2階はガラスで囲い、方形屋根をかぶせるというアイデアを考えた。
曲線が優しい建築家の自邸テラスの楽しみを広げる瑞々しい緑のカーテン曲線が優しい建築家の自邸テラスの楽しみを広げる
瑞々しい緑のカーテン
グリーンカーテンが印象的な家。イギリスの未来派モダン建築事務所で仕事をした経験を持つ、建築家の熊木秀雄さんの自邸に伺った。
 
4層を楽しむ光溢れる最上階、重厚な1階場所ごとに多彩な表情を持つ4層を楽しむ光溢れる最上階、重厚な1階
場所ごとに多彩な表情を持つ
建築家の安立悦子さんが家族のために設計した家は、ここが横浜駅から徒歩10分という便利な場所とは思えない閑静な住宅街に建つ。
中心のある家正しく古いものは永遠に新しい41年の歳月が育んだ心地良さ中心のある家正しく古いものは永遠に新しい
41年の歳月が育んだ心地良さ
建築家・阿部勤さんの自邸は、築41年という年月を経てもなお新しく感じる。それどころか、年月を重ねるほどにどんどん味わいが増している。
建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスでつないで風と光をとりこむ建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスで
つないで風と光をとりこむ
築約30年の木造住宅をリノベーション。既存の建物を2つに切り分け、隣に小さな棟を増築。3つの棟をガラスのスリットでつないだ。
 
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
都会の屋上で野菜づくり無農薬の屋上菜園で作る採れたて野菜のおいしさを満喫都会の屋上で野菜づくり無農薬の屋上菜園で作る
採れたて野菜のおいしさを満喫
目黒区内の瀟洒な住宅街の二世帯住宅の屋上で、ガーデンライフを楽しんでいる松原理恵子さん。屋上のとれたて野菜がなによりの御馳走という。
スタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つモダン邸宅と校倉造のアトリエスタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つ
モダン邸宅と校倉造のアトリエ
「家ってなんだろう、モダン建築とはどういう意味を持つものなのか、この別荘を設計し、深く考えるようになりました」と、建築家の町田泰彦さん。
 
自分サイズの暮らしを探す1000坪の広大な敷地に建つ9坪の小さな家自分サイズの暮らしを探す1000坪の広大な敷地に建つ
9坪の小さな家
建坪9坪の小さな家が、建築家の町田泰彦さんのお宅だ。が、敷地面積はなんと1000坪。狭いからではない、住まうことを見つめ直した結果の9坪だ。