3階建て

3階建て

360度広がる都会のパノラマ6坪で叶える快適でゆとりのある暮らし360度広がる都会のパノラマ6坪で叶える
快適でゆとりのある暮らし
住み慣れた都会の街での永住を決めた古河さん夫妻。建築面積わずか6坪の超狭小地。建築家の知恵とアイディアで広々とした美しい空間が生まれた。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で
街とつながって暮らす
建築家が正方形の敷地にほれ込んで建てた家は、梁と床・天井のスラブを大胆にずらしてつくられた、今までにない体験のできるコンクリート住宅だ。
子どもが自由に駆け回る暮らしに合わせてDIY進化し続ける都心の狭小住宅子どもが自由に駆け回る暮らしに合わせてDIY
進化し続ける都心の狭小住宅
東京・文京区の住宅密集地に、間口3m、奥行き10mの木造3階建てを新築。筋交いで建物を支えることで、広々とした空間を生み出した。
 
3世代で家をシェアする穏やかな時を刻む思い出の地に開いた珈琲屋3世代で家をシェアする穏やかな時を刻む
思い出の地に開いた珈琲屋
構想5年、祖父母が長年洋食屋を営んでいた地に念願のカフェをオープンした直井雄太さん。2、3階を住居とし、3世代4人での暮らしが始まった。
デザイナーのアトリエ兼住居作品が引き立つシンプルな白の空間デザイナーのアトリエ兼住居作品が引き立つ
シンプルな白の空間
ともにデザインの仕事に携わる中澤さん夫妻。6年前に建てたアトリエ兼住居は、たくさんのアートを飾ることを前提に設計してもらったという。
2世帯住宅に暮らす距離感がちょうどいい思い思いのリノベーション2世帯住宅に暮らす距離感がちょうどいい
思い思いのリノベーション
築20年程の3階建て鉄筋コンクリートの建物。それぞれ人気のショップを営む2世帯のご夫婦が、個性の違うリノベーションを実現した。
 
2世帯住宅に事務所を併設緑豊かな中庭を通して家族の気配を感じる2世帯住宅に事務所を併設緑豊かな中庭を通して
家族の気配を感じる
2世帯住宅+事務所の建築家の関本竜太さんの自邸。プライバシーは尊重しながら、中庭を通してお互いの気配が感じられるように設計した。
多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む癒しと心地よさに満ちた家多摩川のほとりに暮らす光、風、緑を取り込む
癒しと心地よさに満ちた家
「目線の高さに緑がある、ここは理想的な場所でした」。スタジオCYの堀内犀さん・雪さんは、3年前多摩川のほとりに自宅兼アトリエを建てた。
IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動するこれからの心地よい住まいIoTと伝統技術の融合未来に向けて始動する
これからの心地よい住まい
常緑のグリーンがバルコニーを覆うファサード。建築家・早川友和さんの自宅兼事務所は、未来志向でありながら古来への回帰も大切にされている。
 
音楽に捧げられた家練習に、コンサートに、音楽家たちとの語らいに音楽に捧げられた家練習に、コンサートに、
音楽家たちとの語らいに
川田健太郎さんと藤﨑美乃さんの音楽家夫妻が家を建てる際に考えたのは、練習ができ、かつ、コンサートを催すことができる空間を造ることだった。
箱の中に色の箱をつくる自然を感じつつ空間の変化を楽しむ家箱の中に色の箱をつくる自然を感じつつ
空間の変化を楽しむ家
「自然を感じられる」がコンセプトのひとつだった濱中邸。キッチンの壁が緑色に塗られているのは、植物好きの夫妻へ建築家が提案したものだった。
16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた光溢れるアトリエ住居16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた
光溢れるアトリエ住居
横浜郊外の約16坪の細長い敷地を、ガレージ付きのアトリエ兼住居に。建築家・中村高淑さんの試みが、街に向けて開かれたスペースを生んだ。
 
10坪敷地での家づくり空間を家具化/家具を空間化して住まう10坪敷地での家づくり空間を家具化/家具を
空間化して住まう
敷地約10坪の青島邸は建築家の自邸。コンパクトな敷地ならではの厳しい条件を整理した上でさまざまな工夫を凝らし、心地良い住まいを実現した。
家づくりはエンドレス間取りから仕上げまで自分色にまとめる家づくりはエンドレス間取りから仕上げまで
自分色にまとめる
作曲と作詞を手がけるH夫妻。間取りに始まり、素材の選定、インテリアのコーディネーションも手がけ、今はDIYで仕上げのリニューアルを行う。
大開口からサクラを楽しむ面積以上の広さと親密空間のある家大開口からサクラを楽しむ面積以上の広さと
親密空間のある家
建築家の藤井夫妻が苦労して見つけた敷地の目の前は、春にはサクラが咲く公園。しかし面積は12坪と狭小だった。ここから夫妻の挑戦が始まった。
 
坂の上の真っ白なスタジオ再建築不可の物件をリノベーションで再生坂の上の真っ白なスタジオ再建築不可の物件を
リノベーションで再生
石畳の細い階段を登ると現れる南欧風の家。都心とは思えないロケーションに建つ家は、再建築不可の物件をリノベーションしたものだ。
素材,工法,設備にこだわりの工夫都心の狭小地で快適に暮らす素材,工法,設備にこだわりの工夫都心の狭小地で
快適に暮らす
住宅が建ち並ぶ路地でスチールの出窓と入口が目を引く川久保邸。間口3.3mの敷地に建てられたこの家には、さまざまな工夫が詰め込まれている。
太陽の動きを感じられる家都市の中の自然を最大限、享受する太陽の動きを感じられる家都市の中の自然を
最大限、享受する
鹿嶌さんと佐藤さんの建築家夫妻は、厳しめの敷地条件でも、採光などを工夫していかに住み心地のいい家をつくれるかを考える良い機会と捉えた。
 
ヘーベルハウスの実例 リゾート感覚の上質インテリア吹き抜けが繋ぐ2世帯の暮らしヘーベルハウスの実例 リゾート感覚の上質インテリア
吹き抜けが繋ぐ2世帯の暮らし
1階は母親、2・3階を子世帯のフロアとし、両世帯のリビングをつなぐ吹き抜けで、採光と交流のしやすさに配慮しました。
ヘーベルハウスの実例2世帯が程よい距離感で暮らせるアイデア満載の家ヘーベルハウスの実例2世帯が程よい距離感で暮らせる
アイデア満載の家
4人の子供が伸び伸び暮らせるように、吹抜けの開放感を重視したリビング。4つの子供部屋はリビングにつながり、家族が自然に集まれる設計。
曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない開かれた街のスタンド曖昧な境界が広げる可能性狭小を感じさせない
開かれた街のスタンド
建坪8.8坪に、自宅兼事務所、ときにカフェスペースを併用。建築家・落合正行さんの自邸は、アイデアと創意が溢れていた。
 
ヘーベルハウスの実例緑豊かな庭を受け継ぎ眺めを楽しむ大屋根の二世帯ヘーベルハウスの実例緑豊かな庭を受け継ぎ
眺めを楽しむ大屋根の二世帯
庭を望む1階、子世帯のリビング。石壁やウォールナットの床など素材のもつ質感をいかし、落ち着きある居心地のよさを実現しました。
ヘーベルハウスの実例ベランダと一体の3階LDKなど3世帯の快適空間を叶えた住まいヘーベルハウスの実例ベランダと一体の3階LDKなど
3世帯の快適空間を叶えた住まい
3階ベランダと一体の開放的な設計のリビング。内外で床面の高さを揃え、ソファを向かい合わせに置くなど、空間のつながりが感じられます。
実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する坂の上の開かれた家実験的な試みも満載キッチンから思いを発信する
坂の上の開かれた家
人気カフェなどの設計を手がける、建築家の加藤匡毅さんは、築40年ほどの物件をリノベーション。キッチンを中心に交流が生まれる空間が広がる。
 
仕事場併設の都市型住居工場や倉庫を改造したようなインダストリアル感溢れる空間仕事場併設の都市型住居工場や倉庫を改造したような
インダストリアル感溢れる空間
倉知さん夫妻の家づくりは、広告デザインの仕事を手がける夫が要望をまとめたシートを使って、建築家にプレゼンを行うことから始まった。
宇宙船のような箱に妥協を許さない。家は自分のプレゼンテーション宇宙船のような箱に妥協を許さない。家は
自分のプレゼンテーション
都心の超セレブな一等地の、地下1階、地上3階建ての家。放送作家の田中伊知郎さんは、"UFOのような公団”を目指した。
自宅で料理教室鮮やかな食材が映えるキャンバスのようなキッチン自宅で料理教室鮮やかな食材が映える
キャンバスのようなキッチン
逗子に建つ、真っ白な一軒家。住まい手の中村まりこさんは、自宅キッチンで世界各地の素材や料理法をミックスしたおもてなし料理を教えている。
 
鎌倉の山と海に囲まれて歴史ある街になじむ温もりの伝わる家鎌倉の山と海に囲まれて歴史ある街になじむ
温もりの伝わる家
鎌倉の自宅の1階でインテリアのセレクトショップを営む浅川さん。その居住空間は、素材感と生活の質が大切に考えられていた。
地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす街にも自分にも心地よい空間地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす
街にも自分にも心地よい空間
横浜・山手町に自宅兼アトリエを建てた建築家の八島正年さんと夕子さん。風致規制があるなか考え抜かれた家は、美しい街並みに調和していた。
都会の真ん中でくつろいで暮らす緑と光と風と遊びのある家都会の真ん中でくつろいで暮らす緑と光と風と
遊びのある家
学芸大学駅から数分の敷地に建つI邸。要望は「どこでもくつろげる家」に「自然と一体化した家」が加わり、自然との関係を勘案しながらの計画へ。
 
懐かしい商店街の洗練の家フラットな箱を個性で彩るクリエイターの住まい懐かしい商店街の洗練の家フラットな箱を個性で彩る
クリエイターの住まい
できるだけフラットに造り上げた空間を、アートで彩って。グラフィックデザイナーとイラストレーターの美意識を反映させた、洗練の住まい。
アートを身近に感じる暮らし色や素材、形の合わせ方に自分流を詰め込んでアートを身近に感じる暮らし色や素材、形の合わせ方に
自分流を詰め込んで
旗竿敷地に建つ、人目を引く白い箱。ともにNYでデザイン、アートを学んだ宮崎夫妻が建てた家には、洗練された空気が流れていた。
バーベキューのできる都心の家明るいLDKから豊かな緑と空を望むバーベキューのできる都心の家明るいLDKから
豊かな緑と空を望む
都心では希少とも思える好条件ながら、面積に余裕がなかったT邸。夫妻からの要望は「この土地でぎりぎりまでリビングを広くしたい」だった。