ロフト
new! 素材、工法、設備にこだわりの工夫都心の狭小地で快適に暮らす素材、工法、設備にこだわりの工夫都心の狭小地で
快適に暮らす
住宅が建ち並ぶ路地でスチールの出窓と入口が目を引く川久保邸。間口3.3mの敷地に建てられたこの家には、さまざまな工夫が詰め込まれている。
狭いゆえの工夫を重ねて小さい家で広く豊かに住む狭いゆえの工夫を重ねて小さい家で
広く豊かに住む
建築面積10坪。小さな家を建てたことのある建築家に設計を依頼し、小さいながらも快適に住める工夫が詰まった“小さなかわいい家”が実現した。
住環境とパーティ仕様にこだわる旗竿敷地につくられた明るく広い家住環境とパーティ仕様にこだわる旗竿敷地につくられた
明るく広い家
旗竿敷地に建つK邸。こだわったのは、明るく広い造りにすることと、大人数のパーティに対応し、快適な冷暖房システムを導入することだった。
 
理想の空間に暮らす場の力を感じながら日々の暮らしを紡ぐ理想の空間に暮らす場の力を感じながら
日々の暮らしを紡ぐ
1年ほど前に、茨城県ひたちなか市に住まいを新築した鈴木聡さん・香織さん夫妻。憧れの建築家に設計を依頼し、美しい住空間を実現した。
遊び心を忘れない少しずつ変化していく完成しない家遊び心を忘れない少しずつ変化していく
完成しない家
木工作家の夫とギャラリストの妻がつくる家。秘密基地のような遊び心をくすぐる家は、試行錯誤の積み重ねで進化し続けている。
3 本の丸柱が立つ“ 白の家”建て込んだ敷地で自然の景色と快適空間を手に入れる3 本の丸柱が立つ“ 白の家”建て込んだ敷地で自然の景色と
快適空間を手に入れる
白を基調とした室内に、印象的な木の丸柱が 3本立つ佐藤邸。その家づくりは、まず、周りに家が建て込んだ敷地状況を考慮して進められた。
 
三角屋根の広々空間家族で楽しみたいから音楽室はリビングの横に三角屋根の広々空間家族で楽しみたいから
音楽室はリビングの横に
音楽が縁で知り合った井上真史さんと沙織さんが家を建てる時に必ず作りたかったのが、楽器の演奏を楽しむための部屋……音楽室だったそう。
蔵の町に住む川越にほれ込んでつくった格子戸と土間のある家蔵の町に住む川越にほれ込んでつくった
格子戸と土間のある家
町並みに惹かれ、川越に住みたかったという太田さん。単身赴任で2年間住んだ土地を購入しての家づくりは「川越の雰囲気に合った家」を目指した。
茅ヶ崎の記憶を継承する家分棟してできたスペースを気持ちのいい風が吹き抜ける茅ヶ崎の記憶を継承する家分棟してできたスペースを
気持ちのいい風が吹き抜ける
以前の古屋が建っていた敷地の雰囲気が今も残っているというM邸。分棟形式でつくられた家は自然のさわやかな風が吹き抜けていく。
 
夫婦それぞれの思いを実現した家緑と光と風とアトリエ…別荘ライクでコージーな空間夫婦それぞれの思いを実現した家緑と光と風とアトリエ…
別荘ライクでコージーな空間
「仕切りのない空間で、風が抜けて光も反射などしていろいろなところに入ってくる感じにしたいと思いました」。こう語るのは平野佳乃さん。
自然と家を開放的につなげる自然環境の素晴らしさを倍加して楽しめる空間自然と家を開放的につなげる自然環境の素晴らしさを
倍加して楽しめる空間
豊かな自然環境の中に建つK邸。大きな開口を取るだけでは落ち着かないため、開口の高さを1.8mと抑え、空間の重心が下に来るよう工夫した。
遊び心を忘れない毎日を快適に楽しく暮らす家事動線を考え尽くした家遊び心を忘れない毎日を快適に楽しく暮らす
家事動線を考え尽くした家
服飾クリエイターの相馬まどかさんが3年前に新築した自宅兼アトリエは、仕事と家事の両立を目指す女性ならではのこだわりが詰まっている。