三角形の敷地に建つ家3つの〈庭〉をまとって暮らす三角形の敷地に建つ家3つの〈庭〉を
まとって暮らす
いわゆる“へた地”と呼ばれる特殊な敷地。「チャレンジのしがいがある」と建築家の下吹越さんは、憧れの“庭”を造ることを目標にスタート。
和の趣を愉しむ昔ながらの佇まいに暮らしの美が宿る和の趣を愉しむ昔ながらの佇まいに
暮らしの美が宿る
深い軒、板張りの外壁、濡れ縁……数十年前までの東京で普通に見られたモチーフを散りばめた小澤邸。そこには美しく静かな時間が流れている。
傾斜地を生かす心地よい距離感で隣家と寄り添う暮らし傾斜地を生かす心地よい距離感で
隣家と寄り添う暮らし
横浜市の傾斜地に建つS邸。40年前から隣人として交流してきたO邸と2軒同時に建て替えを行い、心地よい距離感で寄り添いながら暮らす。
 
小さい自然を楽しむ家の中と庭がゆるやかにつながる住まい小さい自然を楽しむ家の中と庭が
ゆるやかにつながる住まい
細長い敷地の形状からできた家は、中庭から光と風を取り込む。家の中と外をつなぐのは、大切に使い続けたい古いものたちと、四季を感じる庭。
海辺の町に暮らす大きな格子の窓がリビングに豊かな表情を作る海辺の町に暮らす大きな格子の窓が
リビングに豊かな表情を作る
海まで2分。都内のコーポラティブハウスから、自然豊かな大磯の住宅地へ。2匹のフレンチブルドッグも嬉しそうに芝生の庭を駆け回る。
理想の空間に暮らす場の力を感じながら日々の暮らしを紡ぐ理想の空間に暮らす場の力を感じながら
日々の暮らしを紡ぐ
1年ほど前に、茨城県ひたちなか市に住まいを新築した鈴木聡さん・香織さん夫妻。憧れの建築家に設計を依頼し、美しい住空間を実現した。
 
リノベーションの可能性築62年の古家を再生した建築家の自邸リノベーションの可能性築62年の古家を再生した
建築家の自邸
建築家の堀泰彰さんと妻の薫さん。出会った中古住宅をリノベーションすることで、個性が光る魅力的な空間へと生まれ変わらせた。
庭の自然を眺めながら料理教室を明るくひらかれた家から自宅でつくれるフレンチを発信庭の自然を眺めながら料理教室を明るくひらかれた家から
自宅でつくれるフレンチを発信
料理教室を開きたいと、人を招ける家づくりをした宇山民枝さん。彼女の温かいホスピタリティと自然豊かな庭が、日々訪れる人を楽しませている。