アトリエ
昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手窓辺の風景を美しく彩る昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手
窓辺の風景を美しく彩る
両親が住む母屋の隣にアトリエ兼住居を増築した建築家の小野喜規さん。既存の庭木等をよけるように建て、昔から流れてきた時間を大切にしている。
ジュエリーのアトリエを併設シンプルながら変化を楽しんで暮らせる家ジュエリーのアトリエを併設シンプルながら
変化を楽しんで暮らせる家
「シンプルなデザインの家でシンプルに暮らしたい」という希望のもと始まった家造り。外観からは想像できない開放感と変化を感じられる家が完成。
パリ郊外のアーティストの家屋根を取り外し、中庭を作って自由を得るという選択パリ郊外のアーティストの家屋根を取り外し、中庭を作って
自由を得るという選択
パリ郊外にパートナーと共に住むアーティストのマルティーヌ・カミリエリさん。工場を買い取り、ギャラリーを兼ねた住まいに作り変えた。
 
16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた光溢れるアトリエ住居16坪にガレージをビルトイン街に向けて開かれた
光溢れるアトリエ住居
横浜郊外の約16坪の細長い敷地を、ガレージ付きのアトリエ兼住居に。建築家・中村高淑さんの試みが、街に向けて開かれたスペースを生んだ。
もと医院兼住居をリノベ古いものに命を吹き込む独創的なアイデアとDIYもと医院兼住居をリノベ古いものに命を吹き込む
独創的なアイデアとDIY
かつて医院だった築45年の家屋をリノベーションした映像作家の髙木聡さん。古いものを活かしながら、独創的な暮らしを営んでいる。
小さい自然を楽しむ家の中と庭がゆるやかにつながる住まい小さい自然を楽しむ家の中と庭が
ゆるやかにつながる住まい
細長い敷地の形状からできた家は、中庭から光と風を取り込む。家の中と外をつなぐのは、大切に使い続けたい古いものたちと、四季を感じる庭。
 
緑と暮らす心地よさ趣味を楽しむ都会のアトリエ併用住宅緑と暮らす心地よさ趣味を楽しむ
都会のアトリエ併用住宅
「陶芸を行うアトリエが欲しい」というご主人の希望で、アトリエ併用住宅を建てたFさん夫妻。ガーデニングが趣味の奥様と心豊かに暮らしている。
扉を開けると別世界が広がる2つの中庭がもたらす光と空ラグジュアリーなコートハウス扉を開けると別世界が広がる2つの中庭がもたらす光と空
ラグジュアリーなコートハウス
建築家の夫とインテリアデザイナーの妻がそれぞれの専門性を発揮してアトリエ兼自邸を新築。コンセプトはホテルライクでやすらげる空間だった。
”いい窓”と大きな壁のある家光と抜けがつくり出す旗竿地の居心地良いLDK空間”いい窓”と大きな壁のある家光と抜けがつくり出す
旗竿地の居心地良いLDK空間
城田夫妻が出したリクエストのひとつは「いい窓」だった。このリクエストと「大きな壁」がセットになって居心地の良いLDK空間が生まれた。
 
古い民家をリノベーション木の風合いと民芸品を楽しむ“普通”が心地よい家古い民家をリノベーション木の風合いと民芸品を楽しむ
“普通”が心地よい家
切り絵作家のYUYAさんとパン教室主宰・スパロウ圭子さんは、築30年の家をリノベーション。アトリエのある暮らしをスタートさせた。
遊び心を忘れない少しずつ変化していく完成しない家遊び心を忘れない少しずつ変化していく
完成しない家
木工作家の夫とギャラリストの妻がつくる家。秘密基地のような遊び心をくすぐる家は、試行錯誤の積み重ねで進化し続けている。
仕事場併設の都市型住居工場や倉庫を改造したようなインダストリアル感溢れる空間仕事場併設の都市型住居工場や倉庫を改造したような
インダストリアル感溢れる空間
倉知さん夫妻の家づくりは、広告デザインの仕事を手がける夫が要望をまとめたシートを使って、建築家にプレゼンを行うことから始まった。
 
閉じつつも街とつながる家屋根の下にもう一度屋根をかける閉じつつも街とつながる家屋根の下にもう一度
屋根をかける
玄関を入ったところに広めの土間スペースをつくった井上邸。居心地の良い踊り場を経て2階に上がると、住宅では見たことのないような光景が。
交流が生まれる場として賃貸住宅と庭を共有するアトリエ併設の住まい交流が生まれる場として賃貸住宅と庭を共有する
アトリエ併設の住まい
アウトドアで使うバックパックや小物のブランドを主宰する辻岡さん夫妻。実家を建て替え、アトリエ併設の二世帯住宅と4戸の賃貸住宅をつくった。
葉山の自然と一体にキッチュなのに温かい自由に楽しむ海沿いの家葉山の自然と一体にキッチュなのに温かい
自由に楽しむ海沿いの家
葉山の海が間近に望める絶好のロケーション。ヘアメイクの神崎美香さんは、テイストに捕われず、好きなものを集めて一軒家を新築。
 
地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす街にも自分にも心地よい空間地域に溶け込む建築家の自邸光と風と緑を感じて暮らす
街にも自分にも心地よい空間
横浜・山手町に自宅兼アトリエを建てた建築家の八島正年さんと夕子さん。風致規制があるなか考え抜かれた家は、美しい街並みに調和していた。
都会の真ん中でくつろいで暮らす緑と光と風と遊びのある家都会の真ん中でくつろいで暮らす緑と光と風と
遊びのある家
学芸大学駅から数分の敷地に建つI邸。要望は「どこでもくつろげる家」に「自然と一体化した家」が加わり、自然との関係を勘案しながらの計画へ。
夫婦それぞれの思いを実現した家緑と光と風とアトリエ…別荘ライクでコージーな空間夫婦それぞれの思いを実現した家緑と光と風とアトリエ…
別荘ライクでコージーな空間
「仕切りのない空間で、風が抜けて光も反射などしていろいろなところに入ってくる感じにしたいと思いました」。こう語るのは平野佳乃さん。
 
遊び心を忘れない毎日を快適に楽しく暮らす家事動線を考え尽くした家遊び心を忘れない毎日を快適に楽しく暮らす
家事動線を考え尽くした家
服飾クリエイターの相馬まどかさんが3年前に新築した自宅兼アトリエは、仕事と家事の両立を目指す女性ならではのこだわりが詰まっている。
好きなものを自由にちりばめて本とアートと珈琲と家族家の中の時間を楽しむ好きなものを自由にちりばめて本とアートと珈琲と家族
家の中の時間を楽しむ
子どもをのびのびと育てたいと、自然豊かな土地に家を建てた長谷さん夫妻。玄関を入ると、大きな珈琲焙煎機とたくさんの本が目に飛び込んできた。
眺めのいい家丘の上だから楽しめる眺望と自然と街中の暮らし眺めのいい家丘の上だから楽しめる
眺望と自然と街中の暮らし
横浜の小高い丘の上。街中を電車が縫うように走る可愛らしいミニチュアのような街並みと、遠くは海まで一望できる、眺めのいい柏邸。
 
新築を昔懐かしくDIY木と植物を愛する温もりと風情に満ちた家新築を昔懐かしくDIY木と植物を愛する
温もりと風情に満ちた家
ランドスケープガーデナーの夫とプランツスタイリストの妻が、庭をメインに考えた家は、穏やかで温かな空気が漂っていた。
コーヒーの香りに包まれて第二の人生の舞台はショップ併設の2階建てコーヒーの香りに包まれて第二の人生の舞台は
ショップ併設の2階建て
50歳を過ぎてコーヒー豆の焙煎専門店を始めた須田忍さん。開業にあたり店舗併用の中古住宅を購入し、自らプランを考えリフォームを行った。
築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び家も暮らしも自分流に築50年の平屋を蘇生手をかけて創り出す悦び
家も暮らしも自分流に
昭和40年代の平屋の日本家屋。布物作家の武井啓江さんは、手作業でリノベーションしながらノスタルジックで独創的な空間を創り上げた。
 
3人兄弟の笑い声に満ちるハンドメイドが住まいを彩るアトリエ併設の3階建て住宅3人兄弟の笑い声に満ちるハンドメイドが住まいを彩る
アトリエ併設の3階建て住宅
昼馬陽一さん・絵理さん夫妻が家を建てたのは約2年半前。広々としたLDKとアトリエが特長の家に、3人の息子さんと暮らしている。
自然と呼応するシンプルな造り住む人が描いていく家は白いキャンバス自然と呼応するシンプルな造り住む人が描いていく
家は白いキャンバス
自然豊かな地に、美術家・青木聖吾さんは6年前アトリエ兼住居を建てる。目指したのは“シンプルでミニマルな白い箱のような家”だった。
自然を取り入れてリメイク初めてのDIYで 少女の頃の憧れを形に自然を取り入れてリメイク初めてのDIYで
少女の頃の憧れを形に
「古い家をアレンジして住みたい」と思っていたアクセサリー作家の小泉あやさん。郊外の丘陵地に建つ、蔦の絡まる一軒家は理想にぴったりだった。
 
昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮するクリエイターの拠点昭和の家屋をアレンジ創造性を発揮する
クリエイターの拠点
鉄筋コンクリートのモダンな建物から、元住居兼鉄工所だった木造物件へ。プロダクトデザイナーの海山さんは全く違った環境に住み替えた。
平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和するゆるやかな生活平屋の民家をリフォーム家族や自然と調和する
ゆるやかな生活
夫婦でケータリングやレシピ開発の仕事に携わる堀出隼さん。築約50年の平屋の物件をリフォームし、住居兼アトリエを誕生させた。
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
 
古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び創作を楽しむ家古道具ありきのカフェ風空間造り上げることが悦び
創作を楽しむ家
木を活かした造りに、味のある古道具。夫婦ふたりで協力し合い、カフェのような温かな空間を作り上げていった。
フレンチシックに大改装アンティークを活かす手作りアイデアに溢れた家フレンチシックに大改装アンティークを活かす
手作りアイデアに溢れた家
布小物作家の田中さんの自宅は、ひと針ひと針縫い上げるその作品のように、味わいのあるフレンチシックな手作り空間に改装されていった。
傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む巣箱のような家傾斜地に立ち上げた快適空間大磯の海を遠くに望む
巣箱のような家
猿田さんがこの家の設計でこだわったのは、家の前にある大きな木にぶら下がる“巣箱のような家”を実現することだった。