建築家の自邸

建築家の自邸

建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスでつないで風と光をとりこむ建築家夫妻が自邸を増改築既存の建物を分割し、ガラスで
つないで風と光をとりこむ
築約30年の木造住宅をリノベーション。既存の建物を2つに切り分け、隣に小さな棟を増築。3つの棟をガラスのスリットでつないだ。
築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋
古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。
都会の屋上で野菜づくり無農薬の屋上菜園で作る採れたて野菜のおいしさを満喫都会の屋上で野菜づくり無農薬の屋上菜園で作る
採れたて野菜のおいしさを満喫
目黒区内の瀟洒な住宅街の二世帯住宅の屋上で、ガーデンライフを楽しんでいる松原理恵子さん。屋上のとれたて野菜がなによりの御馳走という。
 
スタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つモダン邸宅と校倉造のアトリエスタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つ
モダン邸宅と校倉造のアトリエ
「家ってなんだろう、モダン建築とはどういう意味を持つものなのか、この別荘を設計し、深く考えるようになりました」と、建築家の町田泰彦さん。
自分サイズの暮らしを探す1000坪の広大な敷地に建つ9坪の小さな家自分サイズの暮らしを探す1000坪の広大な敷地に建つ
9坪の小さな家
建坪9坪の小さな家が、建築家の町田泰彦さんのお宅だ。が、敷地面積はなんと1000坪。狭いからではない、住まうことを見つめ直した結果の9坪だ。