100%LiFE … スタイルのある家と暮らし

100%LiFE web magazine of Magazine House - スタイルのある家と暮らし

人生をフルに楽しみたい人たちへ、新しいライフスタイルマガジン『100%LiFE』。『100%LiFE』は、マガジンハウスが「スタイルのある家と暮らし」をテーマに情報発信するデジタルマガジンです。クリエイティブな感性で暮らしと空間を楽しむ人たちの交流の場となるライフスタイルメディアを目指しています。メインとなるコンテンツは、遊び心とクリエイティビティあふれる生活シーンを多様でハイクオリティな空間事例とともに紹介。またレギュラーコーナーでは、インテリア、アート、デザイン、ファッションなど、クリエイティブ分野のトレンド情報を伝えていきます。『100%LiFE』は、タブロイドPC、及びスマートフォンにも最適化し、モバイルでもストレスなく読める設計になっています。また、Newsstandアプリでのスマートフォン向け電子雑誌展開も予定しています。『100%LiFE』は、ヘーベルハウスを展開する旭化成ホームズの特別協力を受けて運営しています。web magazine of Magazine House supported by Hebel House 100 ひゃく パーセント ライフ 100%ライフ

Feature

new! 狭小敷地にあえて庭を残す小さな土地に大らかに住まう
都心の息苦しくない暮らし
鋭角な三角形の18坪の土地。敷地いっぱいに建てるのではなく、あえて土を残し隣家との距離を取ることを、一級建築士・腰越耕太さんは考えた。
new! 過去から未来へと歴史を引き継ぐ光と“空気感”、“隙間”を
テーマにした家づくり
H邸は1972年竣工の家のリノベーション。Hさんと建築家との間で、室内への光の入り方や空気感などをめぐって活発な議論が交わされたという。

Topics

new! 自然を直に楽しめる家台風、豪雨…どんな日だって、
ワクワク楽しくて仕方がない
「家を建てるのであれば外みたいな家に住みたいってずっと昔から思っていたんです」。こう語るのは建築家の保坂猛さんだ。
new! 和の趣を愉しむ昔ながらの佇まいに
暮らしの美が宿る
深い軒、板張りの外壁、濡れ縁……数十年前までの東京で普通に見られたモチーフを散りばめた小澤邸。そこには美しく静かな時間が流れている。
昔から流れてきた時間をつなげる中庭が暮らし方の決め手
窓辺の風景を美しく彩る
両親が住む母屋の隣にアトリエ兼住居を増築した建築家の小野喜規さん。既存の庭木等をよけるように建て、昔から流れてきた時間を大切にしている。
ベルリン郊外、アーティストの家 都会から遠すぎない距離で
築100年の農家をDIYで修復
ベルリンから小一時間、築100年の農家をDIYで大改装。都市との程よい距離感で、ゆったりした田舎暮らしを満喫できる家ができました。
クルマと共に暮らす家家中のどこからでも
愛車を眺められる住まい
3台の愛車のために戸建住宅を建てることを決意した末永さん。中庭越しに、家のどこからでも愛車を眺めることができる。
木を多用したモダンデザインの家明るく自然な室内で
ゆったりと暮らす
S邸からは気持ちのいいほど外へと視線が抜けていく。設計では、この立地を活かすことに重点を置きつつコージーな生活空間を実現していった。
紅茶の季節美味しくてお洒落、
今、注目のティーブランド7選
秋も深まり、温かな紅茶が美味しい季節が到来。今回は、いま最も注目のティーブランドからさまざまなブラックティーをリコメンド。
光と緑をたっぷり取り込む家族や自然と一体になれる
別荘ライクな一軒家
緑に囲まれた焼スギの外壁。実家の庭に建てた公園に隣接する家は、自然との融合がテーマ。トップライトや開口部から光と緑がたっぷり差し込む。
ジュエリーのアトリエを併設シンプルながら
変化を楽しんで暮らせる家
「シンプルなデザインの家でシンプルに暮らしたい」という希望のもと始まった家造り。外観からは想像できない開放感と変化を感じられる家が完成。
回遊できる空間づくりで家も遊び場
帰るのが楽しみになる家
群馬県で暮らすSさん一家。広々とした敷地を生かしてつくられた、開放的でありながらも一体感のある空間は、家族の距離も縮まる楽しい家に。
斜面の庭はドッグランに居場所によって景色が変わる
季節を味わう六角形の家
隣接した公園の借景を最大限に生かすために六角形の家を設計した建築家の平真知子さん。ドッグトレーナーの夫とペットと共に自然を満喫している。
アウトドアを楽しむ家アウトドアリビングで
愛犬とキャンプ気分を満喫
リビングの大きな窓を開け放てば家と外の境界が曖昧になり、家にいてもアウトドア気分を楽しめる。ウッディなインテリアも心地よい。
居住空間半分ガレージ半分の家 ミニマムデザインの家を
カスタマイズして暮らす
大口邸の外観はミニマムな表現が印象的。しかし、2階の居住スペースに上がると、180度印象が変わるような光景が目の前に広がる。
パリ郊外カフェオーナーの家温めてきたアイデアを実現
庭のある一軒家
パリ郊外で、カフェ兼雑貨店を経営するソフィーさん。築90年の戸建てを購入、1年間の工事の末、温めてきた希望を全て満たす住まいが完成した。
トレー特集暮らしに馴染む
機能的で美しいトレー
料理のサーブやティータイムにはお茶とお菓子、また、小物を置いたり、花やオブジェを飾るなど、さまざまなシーンで活躍するトレーを特集。
IoTと伝統技術の融合未来に向けて始動する
これからの心地よい住まい
常緑のグリーンがバルコニーを覆うファサード。建築家・早川友和さんの自宅兼事務所は、未来志向でありながら古来への回帰も大切にされている。
人気記事まとめ家の外部空間を暮らしに活かす
アウトドアリビングのある家
ベランダや屋上、テラスなどを暮らしに活かすアウトドアリビングが注目されています。これまで取材した中からその実例を公開。
ロッジをイメージした斜め屋根シンプルだけど
変化のある楽しい家
大きなリビングがほしかったというK夫妻。サンフランシスコに3年半滞在した時に暮らした家のリビングのイメージが強く残っていたそうだ。