100%LiFE … スタイルのある家と暮らし

100%LiFE web magazine of Magazine House - スタイルのある家と暮らし

人生をフルに楽しみたい人たちへ、新しいライフスタイルマガジン『100%LiFE』。『100%LiFE』は、マガジンハウスが「スタイルのある家と暮らし」をテーマに情報発信するデジタルマガジンです。クリエイティブな感性で暮らしと空間を楽しむ人たちの交流の場となるライフスタイルメディアを目指しています。メインとなるコンテンツは、遊び心とクリエイティビティあふれる生活シーンを多様でハイクオリティな空間事例とともに紹介。またレギュラーコーナーでは、インテリア、アート、デザイン、ファッションなど、クリエイティブ分野のトレンド情報を伝えていきます。『100%LiFE』は、タブロイドPC、及びスマートフォンにも最適化し、モバイルでもストレスなく読める設計になっています。また、Newsstandアプリでのスマートフォン向け電子雑誌展開も予定しています。『100%LiFE』は、ヘーベルハウスを展開する旭化成ホームズの特別協力を受けて運営しています。web magazine of Magazine House supported by Hebel House 100 ひゃく パーセント ライフ 100%ライフ

Feature

new! 古さを活かしてリノベーション昔ながらの暮らしの
温もりが伝わる平屋
「平屋のカタチが気になる」と北川さん。築50年の一軒家を古さに合わせてリフォーム。昭和の風情が残る家屋で、昔の道具を大切に暮らしている。
仕事場併設の都市型住居工場や倉庫を改造したような
インダストリアル感溢れる空間
倉知さん夫妻の家づくりは、広告デザインの仕事を手がける夫が要望をまとめたシートを使って、建築家にプレゼンを行うことから始まった。

Topics

new! ヘーベルハウスの実例敷地23坪を3階建てで活かし
多彩な生活シーンを楽しむ
2階はオーバーハングで広げたフロア全体をLDKに。約22畳のゆとりの空間を実現。モノトーンの色調にお気に入りの家具を置いて。
二人と一匹の心地よい暮らし空間をゆるやかに分ける
中庭+吹き抜けのある家
鎌倉駅から車で20分程の高台に建つ、早乙女さん夫妻の住まい。中庭や吹き抜けを介して緩やかにつながる空間は、不思議な心地よさに満ちている。
木と風と光の心地よさ自然に寄り添う和の暮らし
人の和も育む“つづき間の家”
日本家屋の手法を取り入れた鈴木邸は、風や光が心地良く抜け、ほっこり落ち着く。福岡県大川市まで出向いて注文した“一枚板のテーブル”は圧巻。
ヘーベルハウスの実例カクテルや珈琲を振る舞う
バーカウンターのある住まい
こだわりが凝縮した3階のバーカウンター。カウンターの高さや幅、壁タイルの色などインテリアを一つ一つ吟味して、本格的なカフェ空間を実現。
閉じつつも街とつながる家屋根の下にもう一度
屋根をかける
玄関を入ったところに広めの土間スペースをつくった井上邸。居心地の良い踊り場を経て2階に上がると、住宅では見たことのないような光景が。
ぐるり360度の窓が心地よい新しいのに温かい。
ツリーハウス感覚の家
1階と2階の間にぐるりと360度窓があり、柔らかな光がリビングに降り注ぐ。ツリーハウスに居るような軽やかさがなんとも心地良い。
宇宙船のような箱に妥協を許さない。家は
自分のプレゼンテーション
都心の超セレブな一等地の、地下1階、地上3階建ての家。放送作家の田中伊知郎さんは、"UFOのような公団”を目指した。
ヘーベルハウスの実例自然素材で心地よく
共働き子育て家族の理想の家
ウッドデッキとつながる窓、吹き抜け、床下げリビングと変化に富んだLDK。無垢材の床に合わせて、素焼きタイルや家具をコーディネート。
交流が生まれる場として賃貸住宅と庭を共有する
アトリエ併設の住まい
アウトドアで使うバックパックや小物のブランドを主宰する辻岡さん夫妻。実家を建て替え、アトリエ併設の二世帯住宅と4戸の賃貸住宅をつくった。
お気に入りの絵が似合う家に絵を中心に心地の良い
ハーモニーを奏でる空間
高原家の心地良いLDK空間を特徴づけているのが、グレーの壁面。この色を選択する際には、リビングにかけられた絵との相性がポイントとなった。
大好きなアンティークと暮らす心にも身体にもやさしい
いとおしく思える家
家族に背中を押され、妻の恭子さんが中心となって始まった中山家の2回目の家づくり。大好きなアンティークに囲まれた心地よい空間が完成した。
ヘーベルハウスの実例収納の工夫と機能的な洗濯動線
共働き家族が楽しく暮らす家
LDKの中心に畳コーナーを配置、吹抜けからの光が落ちる明るい空間。キッチン、畳コーナー、ソファで別々のことをしながら家族が一緒に過ごせる。
富士山と相模湾を望む家自然の中で、森のような
多様な空間を体験する
敷地を訪れた際、富士山の雄大な姿に“つかまれてしまった”というM夫妻。建築家への依頼は、その素晴らしい景色を活かす家づくりだった。
自宅の1階で働くリノベで作る
ぬくもりのある家とカフェ
築53年の木造一軒家をリノベーション。経堂駅から程近い自宅の1階は念願のカフェに。オープン半年にして町の新たな交流スペースになっている。
葉山の自然と一体にキッチュなのに温かい
自由に楽しむ海沿いの家
葉山の海が間近に望める絶好のロケーション。ヘアメイクの神崎美香さんは、テイストに捕われず、好きなものを集めて一軒家を新築。
ヘーベルハウスの実例ヨーロッパのインテリアと
機能的な空間を融合
階段の吹抜けから差し込む光が拡がり、リビング全体を優しく包み込む。珪藻土の壁面や床タイルなど、ヨーロッパの石造りの心地よさを実現。
自宅で料理教室鮮やかな食材が映える
キャンバスのようなキッチン
逗子に建つ、真っ白な一軒家。住まい手の中村まりこさんは、自宅キッチンで世界各地の素材や料理法をミックスしたおもてなし料理を教えている。
ぜいたくな空気の流れる家光と空間の変化がつくり出す
多様な空間
光と素材の質感にこだわってくつられたY邸。さらに、垂直と水平方向の変化も加わり、多様性の感じられるぜいたくな空間が実現されている。